fc2ブログ
エイジア・ベイコク・ベース

葛西祝による格闘技にまつわるテキスト


Re:ファンという貧しい人生

Category: 未分類   Tags: ---
長尾メモ8氏が亡くなった。長尾氏からは相当に格闘技ジャンルの見方から『ONE PICE』の評価にまで影響を受けたのもあって、何と書いたらいいのかおぼつかない。

訃報を目にしてから、長尾氏のテキストでいちばん自分が影響を受けたテキストである「ジャッジを考えると競技がみえる」を読み直していた。2006年に書かれ、2011年にまとめなおされたこのテキストは、格闘技における判定基準を通して「興行と競技とはなにか」、「ジャンルが拡大するうえで必要なことは何か」を掘り下げたものだ。

これは連載が掲載された当時から読んでおり、MMAなどで判定がわからないことがあるたびにときおり読み返していた。だけどいま読み直していて注目がいくのは、長尾氏が長い連載を書くに至った背景だ。

連載の最終回には「この連載、総合格闘技のインサイダーとしての遺言のつもりなんである。」とある。「年齢的な問題、そこからくる体力的な問題。生活の糧にならないどころか持ち出し続けねばならない経済的な問題。当然それらの前提となるのは、自分の能力不足。すべてのベクトルで、運営者として自分には限界がきている。もう、そんなに長くは出来ない。ならば、せめて自分がやってきた仕事を、キチンと仕上げておきたい」そう続く。

長尾氏がスマックガールやVALKYRIEといった日本の初期の女子MMAの興行に運営としてかかわっていたことはよく知られている。それはまだジャンルが立ち上がる前に貢献した、といった評価に収斂されるのだろうが、自分がいま考えているのは「なにかを批評する側から、やがて作る側にシフトする」ということである。

2000年代の格闘技業界は見方を変えれば次々と批評する側が実際に興行を作る側に回る人々の歴史でもあった。紙のプロレスを立ち上げた山口日昇はPRIDEへ行き、そして当時のプロレスに対して批判的な団体ハッスルを作った。柳沢忠之はPRIDEやK-1に関わった。格闘技通信やSRS-DXの編集長を務めた谷川貞治は石井和義逮捕後にK-1の代表にまで成り上がった。

考えてみれば異様なことで、僕はビデオゲームやアニメーション関連で仕事をしているがファミ通だかアニメージュだかの編集長がゲーム会社を設立したり長編アニメーションの製作総指揮に転向するというケースはほぼないのだ。ましてや同時代の先鋭的な雑誌編集者が立て続けに団体のトップとして興行にかかわるケースは異様でもあった。

全員が論評を執筆している時代から現状に対するなんらかの代案めいたものを書いており、その裏にはなにか彼ら自身が何らかの表現をやりたがってるのも見えたものだった。そして実際に作る側に回ったというのは、まず作っているものが正しいかどうかよりもその思いの発露も大きいように思う。

そして長尾氏が格闘技興行に関わったのも、まさしく彼らのケースに重なるように思えた。2000年代とはブロガーが格闘技興行の運営に関わるケースまで生まれたわけである。ただ、いま長尾氏を振り返っていて、膨大な論評をインターネットにアップロードし続けたその裏で、何かを生み出したい鬱屈があったように感じている。

氏のテキストを読むと、格闘技の他に映画から音楽、そして演劇にいたる膨大なテキストが見当たる。「これは極私的な思いだが、自分は自分の感情を揺らしたくて、何かを観る。それは競技スポーツに限らずだ。いわゆるすべての「作品」を。」、「自分は多くの場合、自分の絶望を確認したくて作品を観る。あるいは、自分の流した涙を拭くハンカチが欲しくて作品を観る。ごく稀に、わずかな希望を繋ぎ合わせたくて作品を観る」と長尾氏は様々な作品に触れることについて書いている。

情緒的なファンとしての立場を書く一方で、そんな立場であることから冷たく距離をとっている面もあった。「大昔、プロ野球を扱った時に、大島渚が面白いことを言ったことがある。滔々と、選手の優れたパフォーマンスを見る喜びと、チームの応援のし甲斐を語るファンに向けて一言。「そんな人生は貧しい」きっぱり断言である。暴論ではあるが、圧倒的に正論だ。」これは先の連載の途中で挿入される、見る側に対しての論評である「ファンという貧しい人生」で書かれたテキストだ。

「応援というのは無私なモノであるべきであって、自己主張だか何だか、よくわからないようなネットの書き込みなどは、応援の風下において掃いて棄てるべき」そう書き切り、「チケットを買えばよい。たくさん買えばよい。どこも余っているんだから」「もっと支援したいというならば、それに加えて、スポンサードの申し出をすればいい」とまとめている。

辛辣な筆致はそもそもこの連載自体が亀田vsランダエタみたいな試合で見識もなくネットを甘い言説で荒らす平均的な格闘技ファンに対してなのもあるが、このテキストの最後に書かれている一文を読むとまた意味が変わってくる。

「貴方がそう言われて、悲しいなら、悔しいなら、腹が立つなら、貴方自身がパフォーマーの側に回るしかない。ほとんどの人間は、大した才能は持っていない。少なくとも、他人にパフォーマンスを晒してそれでお金を頂けるほどは。けれど、パフォーマーの側に回ってみて(勿論この場合のパフォーマーとは、競技者だけではなく、運営側やメディアも含めての広い意味で言っている)、さらに貧乏になっても、さらにボロボロになっても、自分は何の責任も取れないけれど、その時、改めてもう一度色々考えてみると、きっと、何かが見えるかもしれないとは思う」

いまここまでを読み直しながら、長尾氏が私財を投じ、何かを生み出したい鬱屈の結果だったのかなと思った。外での批評の立場では限界があった何かを見つけた成果がこれだったんだのだろうか。格闘技関係で批評から作る側に回って幸福になった人間はいまのところ見当たらない。(ライターからK-1のプロデューサーになった中村拓巳氏にはうまくいってほしいと願っている)。長尾氏が闘病中のテキストを見ると、その鬱屈はずっと続いていたように思う。

その鬱屈のなかに、なにかを生み出すことと何かを批評することが違うというコンフリクトに捉われ続けたのを見てしまう。興行と競技の相克と同じくらい、創作と批評の相克も深い。創作の側からすれば、もしかしたら批評だろうがレビューだろうがどれだけのことを書こうが他人の作品を消費している過程にすぎないかもしれない。映画評論家・町山智浩氏は「評論も作品なんだ」と徹底的な作品の情報を収集して論評するスタイルでそう言うが、それは彼が評論家として確かな立場で生きることに決めているからそういいきれているのだと思う。

この世には心の内で何かを生み出す側を望みながら、何かを評することに縛られてしまう人がいる。長尾氏のテキストを読み返しながら、それでも優れた批評を書く側が何かを生み出す側としてボロボロになるまで関わったら、その時なにが見えるのかについて考えていた。

スポンサーサイト



ゲンナジー・ゴロフキンvs村田諒太 戦後物語

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ---
2022-04-16.png

ゲンナジー・ゴロフキンvs村田諒太の一戦から一週間が過ぎた。あの試合の物語性はむしろ終わったあとで浮かび上がってくる気がした。

日本語における大規模な格闘技興行は、なんらかの物語を必須として開催されていることがほとんどだ。スポーツをそのまま競技能力の強弱という視点だけで観られることは、本当のところ数少ない。技術については専門の知識が必要で認知できないから……というのがほとんどだろうが、格闘技においては一般スポーツよりも構造として物語の要求は強いように思う。

自分はそんな競技能力以上の物語が先に来る現実を見ながら、いつも芸人・永野の代表的な芸であるゴッホとラッセンに捧げる歌を思い出したりする。「ゴッホとかピカソとかいいってみんないうけど本当はクリスチャン・ラッセンのほうが好きでしょ」ってリズム芸はとっくに擦り切れているが、「ほとんどの人はある表現の本質はどうでもよく、わかりやすく目立って楽に消費できるものを選ぶ」という皮肉はいまだ有効だ。

格闘技を例にすれば永野の皮肉もわかりやすいだろう。2000年代の日本語ボクシングは長谷川や西岡よりも亀田が好きだし、日本語MMAを観ればみんなUFCよりシバターや平本が好きなわけである。これらの事実がもたらす悲惨さはなじみ深いものだ。きっとこれからも新しい亀田や新しいシバターが現れて、格闘技の現実を知っているみんなをがっかりさせる物語が始まる。

まったくの物語を外した試合はありえるのか? そうした現実を鑑みながら、ほぼ現行の世界ボクシングシーン最前線の価値で実現されたゴロフキンvs村田を観ていたのだった。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

浜崎彩加vs伊澤星花2はフェミニズム批評だったらどう見るのだろうか

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---
2022-04-12.png

多様性についての批評がインターネットの上で活発だが、多くは映画や漫画みたいなポピュラーカルチャーに集中しがちだ。そんな批評にとって、このジャンルはどう見えているのだろう?と考えるのが現行のMMAでもある。

自分に語れることはたかが知れているから、たとえば高島鈴さんや近藤銀河さんに近い書き手がしっかりMMAを見ることがあれば、海外や国内で起きているMMAで、とりわけ女子はどう見るんだろうか。みんな他ポピュラーカルチャーのほうに興味が向かうので、日本語のインターネットにおいてスポーツの評論が話題になることは少ない。(英語圏にはいくつかある。端的にいまの女性がMMAに見だした価値をチェックするなら、Netflixの映画「ブルーズドー打ちのめされても~」を観るといいかもしれない。MMAファンの女優のハル・ベリーが監督と主演を行うほど入れ込んだ映画だ。完成度はともかくとしても、ここにはハルが女子MMAで感銘を受けた多くがあるのは確かである)。

寓意的な意味で、いまRIZINで気になるのは平本蓮でも萩原恭平でもなく伊澤星花だ。去年の大晦日にて、もはや相手がいないと称されていた浜崎朱加を圧倒した。次のRIZINでリマッチが組まれ、伊澤の真価が問われている。このリマッチはストーリー性よりも、どちらかと言えば競技性の強弱が注視されていると思う。

もちろん彼女のパフォーマンスがどうなるかが気になるのだが、この試合は浜崎朱加とのコントラストによって極めて現代的な物語性を生み出しているように感じる。平本はいつ勝てるのかとか、ムエタイに最上の価値を置いた梅野のインタビューをいじることで自分のYoutube再生数を稼ぐ選手が溢れる裏で、静かにドラマチックなマッチアップが存在している。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

猪木寛至に戻るとき

Category: プロレスの生む物語   Tags: プロレス  
2021-04-10.png

ここ数年は自分がどんなふうに年を取るかどうかをよく考える。ポピュラーカルチャーに絡んだ仕事を重ねていくと、いつまでも20代や30代のイメージのままの人たちをたくさん目にすることになる。まるで年を取る事実を見ないものとするかのように、ずっと若い彼らを美しくも惨めとも言えないまま眺め、テキストを書くことは少なくない。

これはアイドルだとか、ミュージシャンだとか人前に出る職業に限らなくて、もくもくとスタジオで作品を生み出す人たちだってそうだ。事実、いまヒットしてるエヴァンゲリオンなんて監督は60代を過ぎているのに「大人になった、あるいはそうではないか」みたいな批評が溢れかえっていた。自分よりはるかに年を重ねている人たちが作品解釈のテーマをそう考えてしまう姿は、批評の内容以前にやはりこれから年を取ることがいったいどういうことかを考えるのに十分だった。

そんなことを思いながらいつものようにYoutubeを開くと、考えもしなかったところから “年を取ること”について示唆を与える映像が目に入った。アントニオ猪木の現在である。

あまりにも大きな人物ゆえに、むしろ目にしていなかったところからポピュラーカルチャーにおける加齢の現実が鋭利に突きつけられているように思えた。

Continue »

テーマ : プロレス    ジャンル : スポーツ

歴史の終焉、を完全には描き切れなかった『2000年の桜庭和志』書評

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---
Sakuraba1.jpg

ある歴史が死んだことを認めるのにどうやら20年前後はかかるようだ。

プロレスが最強の格闘技、というコピーによって、かつて空手と絡んだり、ボクシングと絡んだりしながら興行を盛り上げていった歴史は、いま振り返れば90年代の半ばにすでに余命が決まっており、2000年代に入ったときには間違いなく死んだ。

歴史が死ぬとは。ここでは「ある価値観や慣習が死ぬ」ことを指す。新日本vsUインターの対抗戦や、高田延彦vsヒクソン・グレイシーの無残な結果のほかにも、アントニオ猪木が引退し、ジャイアント馬場が逝去した数々をあげるだけでも歴史の死を認めるのに十分なように思える。だけど多くの人はそれでも歴史が死んだことを認められず、かつての価値観や慣習を持ち出してしまう。

2000年代の格闘技バブルは、MMAやK-1といったまったく新しいジャンルを広く世間に浸透させたものだと思い込んでいた。しかし実際には昭和から続くある歴史をリアルファイトによって華々しく終わらせたに過ぎなかった。バブルが弾けたとき、ほとんど何も残らなかった。

柳澤健氏の『2000年の桜庭和志』は筆者自身が語るように、『1976年のアントニオ猪木』から始まったシリーズの最終章として書かれたものだ。一連のシリーズは日本のプロレスと格闘技について、本来まったく違うものにも関わらず、なぜここまでの熱狂を生んだのかの歴史を追いかけながら、虚飾に彩られた歴史を明らかにしていくカタルシスをもたらすものだった。

つまり2007年から13年をかけて、昭和から続くある歴史の死を描き続けていたと思う。言いかえれば、ある特定の価値観を持った社会や、コミュニティの歴史が、どこかの段階で完全に死んでしまう過程がまとめられている。見方によっては普遍性を持った価値もあると思う。

何のジャンルでも、絶対だと思い込んでいたり、快いと感じていたはずの価値が時代のどこかで死ぬ瞬間がある。自分が書いている他のジャンルでもそうだ。ビデオゲームでもアニメーションでも、日本映画でも間違いなく歴史の死は存在する(もちろんサブカルチャーだけの話ではない)。しかしプロレスや格闘技の場合は、他のジャンルと比べてあまりにも歴史の死に方が鮮烈なことが多く、歴史の死を認められない人たちの惨めさも深い。

柳澤健氏の一連のシリーズは、プロレスや格闘技のある価値観や慣習が死んだ事実を見せ続けてきた。だが最終章である『2000年の桜庭和志』は、歴史の死を完全に突きつける掘り下げに欠けており、格闘技で例えるならば弱った相手を仕留めそこない、判定に入ってしまったのような読後感が残る。ではその掘り下げとは何か? それを書いていこうと思う。

Continue »

プロフィール

葛西祝/EAB

Author:葛西祝/EAB
ジャンル複合ライティング業者

人気ブログランキングへ
公式サイトはこちらから
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

 
検索フォーム