オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


k-1maxと武士道という時代があったのですよ

Category: 未分類   Tags: ---
廃墟では年末の進行で疲れ切っています。魔裟斗vs五味は(いまこの状況でやるには)ひどいカードだなとは思う。一方でまったく観たくないわけではない。ありそうでなかった五味のMMA以外の別ルールの試合であるし、PRIDE時代もボクシングの徳山昌守との試合がボクシングルールで実現する可能性があったことも思い出した。初の立ち技の試合が、こんないびつで華やかな場になるのだ。


しかし魔裟斗と五味というのがどうにもクロスしない印象がずっとあるんだけどなんだろうかこれ。多分魔裟斗が現役時代一切MMAルールでの試合にでないまま引退し、またMMAもさほど興味がないことが関係してるのかも(かなり前の大晦日の解説席で、MMAの試合ではグラウンドの攻防になると隣の須藤元気に聞いてばっかりだったり)。

そしてk-1maxという興行の柱として守られまくってたというのも大きい。あれはTBS&FEGと興行に寄りまくった島宇宙なんだけども、サワーやブアカーオ、末期にはペトロシアンなどなど優れた中量級選手の競技性もかなり発揮されており、テレビで見るレベルのメジャー興行としては当時一番見ごたえあった。ほんとはMMAのほうが好きなのにhero'sやDREAMは観た後へんな後味や悪寒が残るみたいなことが少なくなかったなかで、対佐藤戦の判定のように魔裟斗を守らないと興行が成立しないギリギリさがありながらもコンスタントに水準の高い内容を提供していた興行だったとも思う。

そんな魔裟斗の対照としての五味隆典というのが折り合わない。ここにはどこか悪寒(無理やり興行にしようとする感覚をそう形容している)がある。10年前のk-1とMMAで中量級を牽引するスター同士の対戦であるが、これはやはり「立ち技vsMMA」でありがちな構図が、魔裟斗の前では逆転するせいかもしれない。

立ち技の選手がMMAを行う時、おおよその場合興行を盛り上げるための生贄にされる感がある。UFCでもちょっとあるぐらいだし。ところが魔裟斗の場合、まったく自分はMMAルールには出ず、k-1maxルールで数々のMMA選手を撃破してきたのである。

もう一つポイントなのは立ち技選手がMMAに出るのと違い、MMA選手が立ち技に出てくる場合はまったく生贄にならず、むしろ通常の立ち技の距離感や試合展開の慣習の違いから、意外に本職が序盤にダウンを取られたりする。ブアカーオvsアンドレ・ジダなどはまさにそんな展開だったりと観る側からすると危なく見える試合が結構おおいが、きっちり距離を制圧されると普通に動けなくなり判定負けになっていくのもよくある話なのでやる側からすると意外にイージーなのかもわからない。当時のk-1maxに見られる立ち技側がMMAを相手に向かい入れるという試合の影には、「異種格闘技戦である」「立ち技の慣習と違う動きのおかげで意外にK-1側がダウンとられる」「でも普通に距離をとるジャブやミドルにMMA側は対応できなくなるから立ち技側はイージーかも」という打算は働いていただろうな、と今にして思うのだった。

そう、結局自分のルールで別競技の選手を相手にするということは、別競技の選手はどの道、贄になるしかないんだけども、k-1maxの場合がそれが巧みに見えにくいようになっていた、特に魔裟斗はそういう基本の強さで相手に判定勝ちしてきたということでより面倒というか。

好勝負になりながら、興行の都合で真の勝敗が不明瞭になるというのを魔裟斗は何度もみせてくれた。それがk-1maxである。対して名勝負というものがある意味ではなく、勝つも負けるも明確な結果しかない(まあUFCで難しい判定の試合があったが)選手なのが五味。だからオレのなかでふたりが重ならないのかもしれない。魔裟斗と五味の試合はやはり好勝負でありながら勝敗が不明瞭という予感があまりにも高いのは、TBSとk-1と魔裟斗が生み出す空間の強さを過去に何度も見てきたせいかもしれない。廃墟ではほどほどに休むべきなのです……

スポンサーサイト

サティアンのひめさまもしくはおくさま

Category: プロ格闘技   Tags: ---
 廃墟ではいまだに根本はるみが現役です。絶対に格闘技ファンじゃないほうがこの情報は幸せだと思う、実態を知らないから。という華やかさと現実の落差を常に味合わせてくれるのが国内のメジャー興行である。けっこうマジな話、RIZINの今年のマッチメイク自体はそんな悪くはない。全試合が煽りVで終わったとしたら。たとえばギャビ・ガルシアvs神取忍なんてDREAMの田村vs船木のようにドアーズの「THE END」をBGMに連合赤軍をモンタージュしたようなビデオだけで終わったなら、どれだけ平和だろうか。

 そうしたスキャンダラス路線の中和に北岡悟vsクルックシャンクみたいな競技性高めに見えるカードを放り込んでいるのだが、これもよく見るとへんな汗がどんどん出てくる。中でも、現行の国内女子MMAのトップとニューカマーの試合である中井りんvs村田夏南子の華やかな狂気のマッチメイクのなかでも競技性が期待される中和剤、に見えて実はおっかない構図の試合はない。

 中井りんを往年のイエローキャブ所属の異色タレントの一人くらいに思えていればどれだけ楽なのだろうか。画像を収集するまとめサイトまでなら絶対に幸せで、この選手ほど周辺を観てしまうと暗黒部分に触れてる気持ちになってしまうのもない。たくさんのコスプレ画像が載せられている彼女のブログは最初ネタだと思っていた。しかし文章にチョイスされているフォントが常に太字の処理が加えられており、ビビットなカラーで彩られているという絵面にはだんだんと不安を覚えていったのは確かだ。

 とはいえ、やはり華やかさと相手を圧倒する試合内容を併せ持っており、国内の女子格闘家の中でも存在値の高さは目立っていた。だんだんと抱いていた不安が無くなっていくのかと思いきや、こんどはセコンドの奇妙な指示や、判定への不服申しだてをする動きなどなど別のサイドからの不安が現れるのである。中井りんの後ろに立つ男、ワイルド宇佐美である。

 そのうちに「PCは監視されているのではないでしょうか」みたいな不気味なエントリがブログにアップされるようになる。このあたりになると海綿体を充血させるどころか睾丸が縮み上がるような中井りんサイドの本性があらわになってきており、根本はるみが格闘家をやってるみたいな印象から一転、忘れていたはずのカルトの記憶ばかりが呼び起こされるのだ。こうなるとどうしょうもない、中井りん&ワイルド宇佐美の関係から察せられるのは実は結婚しているとかそんなことではなく、どんどん世間や他人から隔絶しながら、自分たちの価値観で強硬になっていくという、危険なカルトのありようだ。「昆虫を取って売ってる」とかギャグというか怖いって。「私たちの地域では私たちの活動を妨害」はもはや……

 そんな中井サイドの狂気性に対し、村田夏南子は正気が際立つ。ベースはレスリング、最近の試合のバックには桜庭がついてくれており、現在アメリカにてトレーニング中。デビューから4連勝で、テイクダウンしてのパウンドが主力というあたりはそのまんまなのだが、ことは「女子格闘家のスター候補かニューカマーか」という対戦ではなくなっており、カルトの狂気vsアスリートの正気という対戦に映っている。廃墟ではなんともいえないものなのです……

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

フライ級とMMA技術の純粋性のよた話

Category: MMA   Tags: ---
image_20130208035820.jpg

 廃墟とは愛おしかった過去を思い出すためのものなのです。堀口恭司がアリ・バガウティノフという難敵を普通に圧倒していて驚く。先入観が強すぎるきらいがあるかもしれないが、日本のストライカーに対してロシアのからのグラップラーって組み合わせって他の階級だったとしたらまずフィジカルの面で押し切られちゃう展開が見えちゃうところだったのに、なんとここではストライカー出身がグレコやフリースタイル出身の猛者を上手くバックからテイクダウンし、そしてキープしてパウンドを打っているという。この凄まじい試合内容に、ちょっと前のある言葉を思い出した。

 かなりまえ(7年か8年前くらい)の中井祐樹氏のインタビューだったか、PRIDE買収後の時代で中・軽量級が国内外でも本格的に台頭していくころ、いよいよ旧来からの神の階級ヘビー級を戦わせて世界最強を見せる総合格闘技の時代から、新競技としてのMMAがはっきりとしていく時代のもので「MMAをMMAとして捉えている」という発言があったことを思い出した。「打投極でもなく、MMAならばボクサーのトップをKOできるし、レスラーのトップをテイクダウンも出来る」みたいな考え方、それはこの競技が持つ技術の美しさや特色を端的に示してもいる。当時も実際に弟子だった青木真也がグレコのメダリストである永田克彦を打撃に合わせたタックルからテイクダウンし、そこから完全にキープしきってフットチョークに繋げていたし、十分にその考え方は実行されていたとも思う。

 しかしやがて階級も細分化、限られた階級の中でも十分なフィジカルを発揮するようになっていくことになるとなかなかそんな端的な美しさを見れる機会は少なくなっていくとも言える。階級の細分化により各選手に適正体重がはっきりするため、競技水準は高まってはいるんだけども、フィジカルが試合を左右してしまうというシーンは少なくない。それはジョニヘンにギリギリの試合になったGSPからPEDさえも含めて、ノイズと感じたりもする点だ。

 その意味で現在の再軽量級フライ級では、ある意味でフィジカルが試合を左右する要因になる比率が最も少なく、身体の使い方やテクニックの高さそのものだけで試合が構築されるという意味でノイズが少ない階級であり、MMAという競技のもっとも純粋な部分を凝縮した階級とも言えるのかもしれない。空手出身の堀口が明らかに筋肉の強さで無理にテイクダウンしてるわけでなく、スムーズに身体の流れで圧倒している試合内容にちょっとした美的な点を見た気持ちになったのでした。廃墟はポエムで食っていける場所なのです・・・

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

トニー・ファーガソン、王手へ

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---
「トニー・ファーガソン」の画像検索結果

 廃墟らしくなってきたブログからのお便りです。

 トニー・ファーガソンが前王者のドスアンジョスを下し、かなり長い時間をかけて遂にチャンピオンシップにたどり着こうとしている。当初からボクシングを軸にしたタイトなスタンドの展開を行いながら、唐突に飛び道具のようにサブミッションを繰り出すと言ったファイトスタイルに加え、フィニッシュの多さなどなど十分な試合内容を残しながらもここまで時間がかかったのはどういうことか?ライト級には多彩なファイトスタイルを持ったスター選手が揃っているという優れたバランスの格闘ゲームのキャラクター配置みたいなことになっているなかであぶれてたせいなのか。

 加えてUFCならではのMMAファイターの登竜門プラス、選手としてのパーソナリティを伝えていく意味もあった企画、TUFの優勝者であるにもかかわらず、全然推されていないというのも考えてみれば……フォレスト・グリフィンの優勝以来、ある時期からのTUFのトップってそんなに推されないよね、TJディラショー(優勝ではないけど)くらいじゃない?最近だったら立ち上がりはじめだった軽量級くらいじゃない?ってくらいだし。ファーガソンが優勝したシーズンのTUFもラムジーとかそれなりにキャラの立っている出場選手を、地味に圧倒していったのがずっと尾を引いていたのだろうか。なんにせよランク外でかなりしんどいマッチメイクを組まれながらも、鮮烈な結果を残し続けてきた。

 さすがに今回のファーガソンはより制空権に気を付けた戦いをやってるように思えた。リーチ差やサイズ差で大分押しているかにも思えるが、ドスアンジョスはセラーニとの試合でまったくリーチ差をものともせず、お互いの距離が確定してしまうまえに1RでKOした相手だ。ミドルも多用しながらタイトに距離を測りつつ、突然サブミッションのムーブをぶちかまして均衡をブラしていくあたりのファーガソン印の試合展開も爆発させるくらいには、試合のムードをものにしているのが見えたりした。

 ライト級戦線ではアルバレスにマクレガーが挑むという構図をハイライトにしてる一方で、よくよく考えたらUFCサイドが競技性と興行的価値を両立させようとして始めたTUF出身選手の中でもかなりの優秀株だったはずの選手なのに、なかなかスポットライトが当たらぬままメインで推したいラインの裏街道を進むかのようなマッチメイクをクリアしてきたファーガソン。よもやマクレガーと闘うなんてことになりはしないかな、と思うばかりであった。廃墟のお便りはだいたいサクラが書いているものです…

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

RIZINでの木村ミノルの緊張

Category: MMA   Tags: ---
「木村ミノル ベネット」の画像検索結果


 複数の場所で異なるジャンルで書き散らしやってますが、多分ここの認識が廃墟レベルになってる気もしています。

 RIZINの地上波を観た。放映された試合では無差別級トーナメントは全部カットされてたんだけども、あらためてやっぱほんとうに旧DSEチームの「他のジャンルで実績を上げて名前が売れてる選手のキャラをもっと立てていく煽り」のパワーって半端じゃない。パッケージとして見てる分には「RENAvs山本美憂」の煽りVから入場、それから試合内容までの一連の面白さはすごいから。こればっかりは旧DSE必勝パターン。

 一方で自前でミルコやヒョードルを生もうと無差別トーナメントを頑張っているとも思われる。が、そこでミルコやシウバをニューカマーに当てるんじゃなくてミルコvsシウバでレジェンド潰し合いになるのはなんとも…

 そんなRIZINだったんだが変に印象が残ってるのは、あの木村ミノルがこれほどまでに緊張していたことだ。セコンドにはシウバがおり、入場も「サンドストーム」。佐々木憂流迦らもついている。しかしコールを受ける時点で目線は揺らぎ、口が開いてるおりびっくりした。試合始まったら固さはほぐれていくのかなーと思ったらゴングとともに飛び膝!そしてカウンターを受けてしまい、そのまま終わってしまった。

 戦略の無策や、アクシデントからの速攻の対応が出来なかったあたりに思うところがあった。ダメージを見るに、あの一撃で身体は伸びておらずフラッシュダウンにあたるダメージと思われ、あれは慣れた選手なら即立ち上がって仕切り直していたはず。単にダウンからすぐ立ち上がるという動作をやったことないから?とかいろいろしょうもないことを思うけれど、いずれにせよそれが出来ないくらい緊張してしまっていたのだと思う。緊張による疲労ってほんとバカにならないから。

 しかし精神状態がいきなり疲労に持っていかれるというのに、陣営がどうなっていたのかもわりと関係はある気もする。セコンド陣を眺めてて木村が普段から信頼をおいてるコーチやトレーナーぽい人物が見られなかったのが気にかかった(しかも尊敬してるというシウバなんて呼んだり。あれは緊張をより深めはしなかったか)。MMA初出場だから専門の人材のみを脇に置いててセコンドになるとも考え難いんだけども。精神状態をニュートラルに置くというのは想像以上に重要なはず。メンタルのコンディションうんぬんの話を突っ込み過ぎると安定を求めすぎてヤバい整体師が暗躍しているとかおっかない話が意外にあるのでこの辺までにしておくけれども。

 RIZIN は他競技で実績挙げた選手がキャラを立たせるイベントだが、木村ミノルがおそらく一番アウェー感でやられているというのが引っかかったのだった。廃墟では過去の亡霊が見える物なのです…そういやチームドラゴンの選手大量離脱と前田憲作K-1プロデューサー辞任はあれは何が起きてるんだ?新日本プロレスを成功のラインに導きつつあるブシロードがキックボクシングにも関わることに関係あるのか。国内総合格闘技イベントはキャラ立たせでキックは分裂するというのは今後も変わらないのか。

 

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR