オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


久々観たK-1にいた異形(の候補)・木村”フィリップ”ミノル

Category: プロ格闘技   Tags: K-1  立ち技  



 さあ完全に立ち技関連は沈黙しきっていたこのブログなんですが、ひっさかたぶりにK-1のネタです!しかも、もう1月もいやいや3、4月も前くらいに終わってる大会をいまさらと言う体たらく。もう石井館長は関わっておらず、前田憲作がプロデューサーとなっている今完全に日本人の中軽量級中心となっており、かつてからの甲子園勢やkrush勢などなどが顔を揃えているのである。

  K-1ってのは今の段階で観ると往年の面倒な部分もいろいろ思い出す。おおよそ日本のキックボクシング土壌とその命題としてのムエタイみたいな部分を引っ張りながら、(いまやTVもないのに)スぺクタキュラーな展開を生もうとするルールを持たせるという、立ち技の中で特に興行価値のサイドに寄っている異形な部分だ。ろくに大きなメディアにもなっていないいまのK-1は、もしかしたら半端な位置かもわからない。

 しかしだ、どうあれK-1がK-1らしい、良くも悪くも異形な性質である場に映える異質なスタイルや経歴の選手がいたのだ。目を奪われたのはいよいよオーソドックスなスタイルに愚直に固まりつつあるHIROYAをまるで周辺の選手のスタイルを思わせない柔らかな全身連動の動作の打撃で打ち抜き、KOしてしまった木村”フィリップ”ミノルだ。


 一瞬「山本”KID”徳郁」とか「長島”自演乙”雄一郎」みたいなリングネームの日本人なのかと思いきやブラジル国籍の選手はインタビューを読む限りMMAの選手への言及も多いなどなど異質。がしかし純キックボクサータイプとは異なる柔らかな動きで純キックボクサーやムエタイに立ち向かっている構図はK-1の求めているそれと言う感じがある。


 ハイライトとなったゲーオとの試合展開はまさに往年のK-1MAX的なものだ。ここにK-1という場特有の立ち技のあらゆる業と面白味みたいなものが集まっているかのようで久方ぶりに見入ったのだった。キックボクシングの永遠の目標であるムエタイ、そこに硬化させたスタイルではなく現代MMA的な全身連動系の動きによる打撃選手、予想外に打撃が打ち抜く、しかし反撃の首相撲が入る、しかし注意が入りゲーオの得意部分が抑えられる…という中での判定勝利という一連の流れには、かつてから解決しないまま興奮するみたいなK-1らしい光景が繰り広げられていたのである。


 魔裟斗の後継者という名目ながらさっぱり似ていない、タイトなキック選手である左右田には逆転KO負けを喫するなど負けっぷりもすげえのだが、現在のK-1であろうとかつてのころのような興奮や問題みたいな部分を引き継いだままの選手がいることがオレにはなにかおかしくてしょうがなかった。

 

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

ロンダ・ラウジーのMMA史のリバイバル感 アンデウソンGSP以後のウェルター UFC170

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: MMA  UFC    K-1  田村潔司  
過渡期に突入したUFC男子中量級周辺の再編に対して、ロンダ・ラウジーが描くプロセスのどことない懐かしさや新しさに関しての13分語り。



<<同日やってたK-1とスティーブンズ・トンプソン>>

 立ち技の進歩に関してはどうなんでしょうね。UFCのエジソン・バルボーザvsテリー・エティムの試合以来、MMAのスタンドの劇的な進歩を見ながら感じ入ることではある。

 スティーブンス・トンプソンは決してMMAの試合数も多い方ではなく年齢も高めとこれは一体?と思ってたところ、なんとキックボクシングで数十戦以上こなしている猛者でどうやらそのMMA転向というケースらしい。タイロン・スポーンはもとより、コズモ・アレキサンダーといいキックボクサー転向ケースは少なくなく見かけるが、MMAは肘も首相撲も解禁されてる上、小さいグローブのためブロッキングの効果が大きくないためボディワークやステップワークが重要になってくる。そのため選手の距離間の緊張感や戦略性が変貌している。

 スティーブン・トンプソンにはどちらかというとニック・ディアズの傍目には力んでいないが急所を狙い、距離を支配するような打撃という印象がある(けど実際はわかってない)。 印象論レベルなので申し訳ないながらも、独特の打ち方や距離によって圧倒している様にはなにかしら思うところはあった。



 同日、アゼルバイジャンで行われたK-1のUST中継も途中から観た。比較的全体の傾向としてダッチムエタイ的なキックの距離で交互に打ちあう展開というよりかはステップ移動の比重は高い気がした。個人的に印象深かったのはブアカーオと相対する韓国のイ・ソンヒョンが不思議なことに田村潔司のFlame Of Mindにて入場し、素早く4方に礼をしていたことだ。ちょっと前にクイントン・ランペイジだとか、キム・ドンヒョン、そしてレオナルド・サントスなどがPRIDEのテーマを使うようなちょっとした唐突感があるのだけど、でも何らかの愛やリスペクトを感じるそれに近かった。

 田村本人はもうコーチやジム運営に絞り、試合から遠ざかっているのだとおもうけれど、韓国にて(おそらくは)キック選手が何かのきっかけでリスペクトしているのではないか、と見えてそれがどこか良かった。試合はリーチ差ゆえブアカーオがミドルや前蹴りで距離取ってくるのに対して、踏み込んでパンチを撃ち、倒しに行こうとする展開となっていた。


ピーター・アーツ引退でGLORY13は在りし日のK-1の夢を見せるかと思いきや、FEG時代の悪夢が蘇る

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: K-1  立ち技  
cccccimages

 さてK-1で幾度もチャンピオンになってきたピーター・アーツ、レミー・ボンヤスキー、セーム・シュルトらが揃って”日本で”引退するということをフックとした興行であるGLORYだが、それはおそらくは忘れられし栄光のK-1の時代をしめやかに懐かしみ、幕を引くのを見守るというものになっている…はずだった。

 現実ではセーム・シュルトはなんと欠場してしまい、それでも心臓の病気ゆえということならなんとか聞き入れられるのだけど会場にさえ現れなかったりする上に、さらにはオープニングビデオなどやアナウンスなどでもほとんど触れられていないというくらいだ。

 にもかかわらず大会のムードは切なくレジェンドを送り出すというムードに満ちている。この瞬間に、痛烈に皮膚感覚で思い出されてきたのは往年のK-1のスター性と競技能力と興行の揃った興行ではなく、あらゆる焼き畑農業的で次には決して繋がらないモンスターから引退といった興行のフックに特化された、FEG政権時代のジャンルがまるで前進する感覚を観客に与えないあの鈍痛の感覚だ。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

5月終わりの世界・韓国MMA、バダの無残さ、やっぱりUFC160

Category: ウェブ線上の批評   Tags: MMA  UFC  K-1  バダ・ハリ  ROADFC  
334JA

小橋建太が引退して、アメトークがようやくいまのプロレスを特集し、プロレス流れはそれなりのニュースがあった5月。だがプロレスの話はどこにもない雑記。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

K-1に対して一体どういうふうに捉えていけばいいのか・ここのところの立ち技の雑感

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: K-1  立ち技  名誉と報酬  
1362642379st8j6rlxos.jpg

 UFCの定点観測ブログとなってきていて大変良くないこのブログ、久々の立ち技に関しての記事。なのだが・・・・・・・

 
 昨年の大晦日に突然魔裟斗がエグゼクティププロデューサーを辞任したという、何故このタイミングで?という発表以降、誰もが新生K-1をヤバいと感じたと思うが、そこから3ヵ月後の現在クロアチア・ザグレブで行われたK-1グランプリの様相はどんなものだったのだろうか?

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR