オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリークファイト正史が編み続けられる、ド派手なMMA黒歴史RIZIN

Category: MMA   Tags: ---
「神取 ギャビ」の画像検索結果

 廃墟とは、麻雀の配牌時からまるで役が見出せない時です。RIZINは「神の階級ヘビー級を充実させることで、ある意味でUFCが穴になっている醍醐味を埋める立ち位置になるのでは」と淡いことを考えていたんですが、現実はまったくそんなことなくてもっと悲惨、ところがその悲惨なところがある意味MMA出生から現在にまでつらなる点が全体から漏れ出していた。

 ……すなわち、でたらめな何でもありの見世物、フリークファイトの要素である。ここまで競技的になった時代でなお、MMAのメジャー興行はフリークファイトと背中合わせになっている。UFCにしてもちょっと前のランディ・クートゥアVSジェームズ・トニーで終わったかと思いきや、今度はCMパンクが登場。何もできずに敗退。いまだに他競技のトップが転向というのがおおきなトピックスになっちゃう以上、これほどボクシングに近づいたUFCであろうとも背中合わせにフリークファイトは存在している。

 PRIDE崩壊から10年、RIZINを見ながら思ったことは日本人中軽量級選手が主軸となったDREAMと戦極の時代は思ったよりもまだましだったのかもしれない。あれはまだMMAを次の段階に国内でも持っていこうとはしてた気もする。それほどに、メインとされる試合のほとんどにフリークを感じざるを得ない点があふれていた。

 なにをもって”フリークファイト”と認識しているのかというのもあるが、まず単純にロクに身体がつくってある状態ではないこと・まったく別の軸をフック(女子プロ小池の旦那元大相撲元レスリング日本代表)にしていること(まあいいのかこれ)・無差別級とかいって体重差を無視、などなど。ぶよぶよのミルコ、バルト、坂田とマッハ、もうオレのなかで正規のMMAと認識がままならず、いずれもがフリークとしてのそれだ。

 しかしそれくらいなら去年からそうだ。やっぱり一発デカいのがあったせいなのが大きい。巨大な一発が興行全体にフリークのマジックを加えた。そう、ギャビ・ガルシアvs神取、欠場後に堀田のあの試合だ。RIZINではRENAをエースとして押し出し、中井vs村田を大きく取り上げるなど女子の部門を売りにしている。ここで革新的ともいえるのが、ギャビ・ガルシアをメインにUFCやInvictaでは手薄になっている女子の重量級を取り上げている点だ。

 ところがそうそう相手が見つからないせいもあるのか、女子による神の階級は一転、えげつない見世物へと転落。神取忍戦の発表である。かつて女子プロレスラーで柔道ベースでシュートを仕掛け。、総合格闘技にも打って出たパイオニアという文脈があったとしても、最後のMMAの試合から10数年、50代の年齢、膨大な体重差が変わるわけではない。この試合の緊張感はどっちが勝つか負けるかではない。死人が出るかどうかというところに来てしまった。

 練習のケガで中止が発表された時は安心したかと思いきや、代役に堀田裕美子が登場。こちらは2012年のDEEPでアマンダ・ルーカスと3Rまで戦ったくらいにはMMAの実績を持っている。とはいえ神取の持っていた不利とさほど違いはない。試合は…もうどうしようもなかった。堀田はやっぱ、捨ててたんだと思う。ゴングが鳴った瞬間、ロープワークを始めたのである。一周回ろうかというところでギャビに捕まってしまった。

 オレはBloody elbowのアカウントが悲痛に「I....yeah. Just watch. 」と書いているのを見て心底力が抜けた。RIZINだって絶対フリークファイトなんてほんとは作りたくはないはずである。しかし現実はメジャー興行、大晦日の放映という様々なパワーバランスのもとで、神の階級はフリークファイトへとグロテスクに変わってしまうのである。この日、女子格闘技でおそらく唯一、今後特集される「MMA Freak fight Top 10」に選出される可能性の高い試合をたたき出してしまった。

 MMAの歴史は片面ではフリークファイトの歴史ともいえる。UFCがぎりぎりまでその歴史から手を切ろうとした瞬間、また別の方向から蘇ってくるのである。アマンダ・ヌネスが圧倒的な打撃で女子MMAの歴史を更新する一方で、まさか女子からここまで驚異的なフリークファイトの歴史が更新されるというのはその証左である。RIZINはすごいよ・・・廃墟とは後から価値を変えていくものなのです。

スポンサーサイト

ロンダは敗戦トラウマに溺れたまま

Category: MMA   Tags: ---
 ronda-rousey.jpg

 廃墟化してますが、ここを初めて7年目です。またよろしくお願いいたします。

 さて年末のUFCでのロンダ復帰戦があっけなく終わったのを振り返っているが、あれはもうなににもまして試合内容どうこういうよりも、敗北の要因があまりにわかりやすく元チャンピオンの精神状態によっていたことに尽きる。前回ホルム戦でボクシングがまったくできずに完敗したトラウマばかりが目立つ。

 アマンダ・ヌネスの相当なスタンド能力を見て、ほんとヨアナなどとともに一時期クリス・サイボーグのみが飛びぬけていた状況は変わってしまっていて、全然男子の打ち方や体の動きと引けを取らない。それを加味してもここまで無残にやられると評価がひとつ変わってしまう。

 わずかな試合時間であったが、ロンダの精神状態を考えながら視ているぶんにはけっこうな見ものだった。この1年で、前回の敗戦トラウマを払拭していく作業に多くが費やされたのではないか。勝ちパターンに死に物狂いで向かっていくようなムードは感じられず、ヌネスの打撃をまるでディフェンスしきれない。しかもこれは技術的な問題だけではない気がしてならない。ワンツーを被弾しているとき頭の位置がまったく変わらず棒立ちになっているなんて、前回の敗戦から意地になっているよう・まさかまだできないなんてことは・などなどが錯綜しているかのようだった。まともな戦略が実行できる状態だったら負け方はこんなふうにならない。こんな被弾しないでしょう。

 UFCの興行をコナー・マクレガーとロンダ・ラウジーのふたりが引っ張る形だったが、悪く言えば2人揃って2016年に凋落するものと思っていた。でもマクレガーはあの打撃は加速を増し、ネイトに一度敗戦したとはいえ再戦では完封、アルバレス戦ではKO勝利とむしろさらなる段階へと進んだ。ロンダはホルム敗戦後の再調整は上手くいくほうだと思っていた。ところがそうではなかったみたいだ。女子MMAのマイクタイソンとまで称された選手の急速な凋落に対して失笑や皮肉が歯止めが効かなくなってる状況が広がり続けている。廃墟とは、すぐそこにあるものなのです……

フライ級とMMA技術の純粋性のよた話

Category: MMA   Tags: ---
image_20130208035820.jpg

 廃墟とは愛おしかった過去を思い出すためのものなのです。堀口恭司がアリ・バガウティノフという難敵を普通に圧倒していて驚く。先入観が強すぎるきらいがあるかもしれないが、日本のストライカーに対してロシアのからのグラップラーって組み合わせって他の階級だったとしたらまずフィジカルの面で押し切られちゃう展開が見えちゃうところだったのに、なんとここではストライカー出身がグレコやフリースタイル出身の猛者を上手くバックからテイクダウンし、そしてキープしてパウンドを打っているという。この凄まじい試合内容に、ちょっと前のある言葉を思い出した。

 かなりまえ(7年か8年前くらい)の中井祐樹氏のインタビューだったか、PRIDE買収後の時代で中・軽量級が国内外でも本格的に台頭していくころ、いよいよ旧来からの神の階級ヘビー級を戦わせて世界最強を見せる総合格闘技の時代から、新競技としてのMMAがはっきりとしていく時代のもので「MMAをMMAとして捉えている」という発言があったことを思い出した。「打投極でもなく、MMAならばボクサーのトップをKOできるし、レスラーのトップをテイクダウンも出来る」みたいな考え方、それはこの競技が持つ技術の美しさや特色を端的に示してもいる。当時も実際に弟子だった青木真也がグレコのメダリストである永田克彦を打撃に合わせたタックルからテイクダウンし、そこから完全にキープしきってフットチョークに繋げていたし、十分にその考え方は実行されていたとも思う。

 しかしやがて階級も細分化、限られた階級の中でも十分なフィジカルを発揮するようになっていくことになるとなかなかそんな端的な美しさを見れる機会は少なくなっていくとも言える。階級の細分化により各選手に適正体重がはっきりするため、競技水準は高まってはいるんだけども、フィジカルが試合を左右してしまうというシーンは少なくない。それはジョニヘンにギリギリの試合になったGSPからPEDさえも含めて、ノイズと感じたりもする点だ。

 その意味で現在の再軽量級フライ級では、ある意味でフィジカルが試合を左右する要因になる比率が最も少なく、身体の使い方やテクニックの高さそのものだけで試合が構築されるという意味でノイズが少ない階級であり、MMAという競技のもっとも純粋な部分を凝縮した階級とも言えるのかもしれない。空手出身の堀口が明らかに筋肉の強さで無理にテイクダウンしてるわけでなく、スムーズに身体の流れで圧倒している試合内容にちょっとした美的な点を見た気持ちになったのでした。廃墟はポエムで食っていける場所なのです・・・

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

RIZINでの木村ミノルの緊張

Category: MMA   Tags: ---
「木村ミノル ベネット」の画像検索結果


 複数の場所で異なるジャンルで書き散らしやってますが、多分ここの認識が廃墟レベルになってる気もしています。

 RIZINの地上波を観た。放映された試合では無差別級トーナメントは全部カットされてたんだけども、あらためてやっぱほんとうに旧DSEチームの「他のジャンルで実績を上げて名前が売れてる選手のキャラをもっと立てていく煽り」のパワーって半端じゃない。パッケージとして見てる分には「RENAvs山本美憂」の煽りVから入場、それから試合内容までの一連の面白さはすごいから。こればっかりは旧DSE必勝パターン。

 一方で自前でミルコやヒョードルを生もうと無差別トーナメントを頑張っているとも思われる。が、そこでミルコやシウバをニューカマーに当てるんじゃなくてミルコvsシウバでレジェンド潰し合いになるのはなんとも…

 そんなRIZINだったんだが変に印象が残ってるのは、あの木村ミノルがこれほどまでに緊張していたことだ。セコンドにはシウバがおり、入場も「サンドストーム」。佐々木憂流迦らもついている。しかしコールを受ける時点で目線は揺らぎ、口が開いてるおりびっくりした。試合始まったら固さはほぐれていくのかなーと思ったらゴングとともに飛び膝!そしてカウンターを受けてしまい、そのまま終わってしまった。

 戦略の無策や、アクシデントからの速攻の対応が出来なかったあたりに思うところがあった。ダメージを見るに、あの一撃で身体は伸びておらずフラッシュダウンにあたるダメージと思われ、あれは慣れた選手なら即立ち上がって仕切り直していたはず。単にダウンからすぐ立ち上がるという動作をやったことないから?とかいろいろしょうもないことを思うけれど、いずれにせよそれが出来ないくらい緊張してしまっていたのだと思う。緊張による疲労ってほんとバカにならないから。

 しかし精神状態がいきなり疲労に持っていかれるというのに、陣営がどうなっていたのかもわりと関係はある気もする。セコンド陣を眺めてて木村が普段から信頼をおいてるコーチやトレーナーぽい人物が見られなかったのが気にかかった(しかも尊敬してるというシウバなんて呼んだり。あれは緊張をより深めはしなかったか)。MMA初出場だから専門の人材のみを脇に置いててセコンドになるとも考え難いんだけども。精神状態をニュートラルに置くというのは想像以上に重要なはず。メンタルのコンディションうんぬんの話を突っ込み過ぎると安定を求めすぎてヤバい整体師が暗躍しているとかおっかない話が意外にあるのでこの辺までにしておくけれども。

 RIZIN は他競技で実績挙げた選手がキャラを立たせるイベントだが、木村ミノルがおそらく一番アウェー感でやられているというのが引っかかったのだった。廃墟では過去の亡霊が見える物なのです…そういやチームドラゴンの選手大量離脱と前田憲作K-1プロデューサー辞任はあれは何が起きてるんだ?新日本プロレスを成功のラインに導きつつあるブシロードがキックボクシングにも関わることに関係あるのか。国内総合格闘技イベントはキャラ立たせでキックは分裂するというのは今後も変わらないのか。

 

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

RIZINと神の階級の現在

Category: MMA   Tags: ---


 廃墟は心の奥にもあります。

 RIZINはIZAの舞以降、よい評価は聞かない。案の定カードが開催一月前になっているのにかかわらずロクに出てこないなんて昔からの不満も引き継いだままだし、ようやく一個発表されたと思ってたら桜庭&所英男vsヴァンダレイ・シウバ&TBA、しかもグラップリングマッチという意味不明ぶりである。10キロ前後のウェイト差のある桜庭とシウバのライバル関係なんていまからしたら成り立たないめちゃくちゃなものだが、いまだ引っ張っている。

 RIZINは思ったよりも余裕も手札もないのかもしれないなと総じて期待が低くなっている現状なんだけど、それでも唯一RIZINのやりたいことを見つめると、案外面白いところはある。それはやっぱり、トップの榊原氏が常々言ってる「興行には神の階級ヘビー級の成功が必要」というやつだ。

 ヘビー級は競技環境が整備されていくとともに味気なくなる…かどうかははっきりとは言えないのだが、すくなくともUFCではなかなか新鋭が出てこない状況になっているのは確かだし、ボクシングでは長らくクリチコ兄弟が支配的になっていたりする。競技環境が整っている興行格闘技のトップがボクシング(といってもこれも領域によるけど)とMMAくらいしかないから、はっきりとはいえないけれど。大相撲なんかはきりきりのところでスポーツ的な価値基準をずらし続け(あの八百長の有無すら含めてね)、神事とか伝統そのほかなんとやらで神の階級が味気なくなるのを防いでるんだと思う。

 RIZINはヒョードルや桜庭、ヴァンダレイとPRIDE時代の顔をまずフックにしているけれど、当然そんなのは早晩終わってしまうことはわかってるのだろう。で、本当のところはおそらくヘビー級トーナメントから新たに独自の顔役となる選手を立ち上げていきたいんだと思う。

 それで今の手札で一番可能性があると運営側は考えてるんだとおもうのが、石井慧を秒殺したイリー・プロハースカなのだと思う。すでに名のあるキング・モーにトーナメントを優勝されちゃったけど、決勝まで勝ち残ったし一番可能性ある無名という手札になってるんだと思う。今回藤田を当ててメインにしたというのにうんざりしている意見も少なくないのだが、これはたぶん往年の桜庭vsシウバ理論に基づく立ち上げかたなんだろうなあと思ったのだった。

 なんだ桜庭vsシウバ理論ってって話だけど、用は名のあるスターを無名だが強い選手が圧勝することで名声をかっさらっていくみたいなことだ。興行格闘技を普通にやっていて、外国人選手がきっちりキャラとして認識されることはまずない。日本の地上波で放映されるボクシングの世界戦で、相手選手が誰なのかを認識して観れるのはハードなボクシングファンくらいであり、たとえ日本人チャンプが敗戦しことで相手選手が強く認識されるなんてこともなかなかないくらいだしな。

 まあボクシングとMMAでは興行の形態が違うので詮無いことなんだけど、プロハ-スカが今石井と藤田を倒した(あっもう勝つこと前提で話進めちまった!)ことでネームバリューがどれだけ上がるのかなんてのもやっぱり期待できないとはいえ、RIZIN榊原氏が信じていることはうっすら見える気がする。

 神の階級は格闘技全体の現実からしたら、もしかしたら前時代的なのかもしれないが唯一RIZINに可能性があるんだとしたらそこにかかってるんだと思われ、プロハ-スカには思った以上に期待がかけられているのである。廃墟はベーグル製に変わっていくのです…

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。