オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


村田諒太のプロフェッショナリズム

Category: P・M・BOXING   Tags: ボクシング  
「村田諒太」の画像検索結果

 廃墟なのに5月から暑いです。待望の村田諒太WBA世界戦の判定が話題になってる。例によってプロ格闘技で何度も見てきたスプリット判定のモヤモヤする感じそのままだったんで、いまさら判定の是非を問う気もない。選出されたジャッジが村田に向かなかったという運の悪いものだった、というのが簡単な結論になってしまう。

 とはいえ、MMAではなく注目度の高い国内のボクシングなのでこうした感想もやけに目立った。「ボクシングが判定基準を明確にしなければ、まともなスポーツじゃない」みたいな意見。この意見だって何度も観てきたんだけど、それが村田諒太の関わる試合に言われるのだとすると話はいささか変わって聞こえる。

 それは彼が「判定基準がかなり明確な」アマチュアボクシングのエリートだからだ。もうプロになって何年も経つけれど、プロアマの跨ぎ方の話に繋がるというか。今更ながらところがプロボクシングというのはもちろん興行であり、極端な話KOというスペクタクルをトップとして、どこかしらで試合の中でスペクタクルを生むことが優先されているはず。判定というのは結局決定的なスペクタクルで終わらなかったことに対して帳尻合わせに過ぎないからこそ、拮抗した試合による、選手の思い入れの差といった観客側の感情移入の違いによって判定が揺れたときに議論は巻き起こってしまう。そこで、先に書いたみたいな「判定基準をしっかりしろ」みたいな話が巻き起こる。

 しかしプロ格闘技が判定基準を明確にした場合、スペクタクルという目的が薄れていってしまう。 結局有効打をとるか手数をとるか、そのほかリングジェネラルシップかと拮抗している場合わからなくなることは起こる。ダウンを取ると自動的に判定で完全勝利だろって見えるかもしれないけど、要所要所でポイントを取り返されてしまうこのあたりはプロ格闘技の判定についてのクラシックといっていい「ジャッジを考えると競技がみえる」を参照されるといいと思う。

 そんなこんなを思いながら、あえて全然もりあがんないファイトスタイルのボクサーばっかり紹介していた「あなたの好奇心を刺激する、「ナシォ塩」の管理人のせ(@setyan001)さんのツイキャスを聴いていたら面白い指摘をされていた。結局どうあがいてもどこか曖昧になってしまう興行格闘技において、たとえばムエタイの判定において、チャイスー(闘う心)の強さの話を出していたのがなるほどと思った(間違ってたらすいません)。エンダムの方が後半にそれがあった、みたいな。チャイスーが見えるかどうかなんて本当に曖昧で数値化されない話なんだけど、今回の世界戦で勝敗以上の何かを見通すとすると意外に、単純にそこかもだったりしてな、なんて感じたのだった。

 こう考えて試合内容を思い返すと、もう自分の勝利パターンから変えないようにしているかに見えた。いい意味で書いている。こういう試合になった場合って足りていない部分をさしてそこを足すように言う意見(「五味!柔術やろう」とかね)がありがちだし、自分もかつては単純にそうしたらいいんじゃないのなんて思いがちだった。でも正直な話、自分の勝利パターンというのはどんなにスペクタクルなものではないにしても変えるべきではないな、と今では思っているし、いうなれば完成した勝利パターンを完遂できるように調整すべきでは。完成されたスタイルを持って勝つこと自体が実のところ限られた選手にしか持ちえないからだ。

 では完成されたスタイルをもっているはずの村田の今回の敗戦はどうみたものか。ちらほらとも見える、中盤でダウンをとり、確実にポイントリードしたゆえの少々置きに行くムードがあった、とかは敗戦したせいで言えるかもしれない。ことは、世界戦の大一番という、国内のプロとしてより飛躍するはずの村田陣営はどうなのかにあるとも思う。廃墟とは、現代では廃墟ではない顔をしているものなのです。




スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

時代の終わりと始まり メイウェザーvsパッキャオ

Category: P・M・BOXING   Tags: ---
maxresdefault.jpg



 対照的なスターとしてシーンを牽引してきた2人が激突するなんてことは、誰もが望みながらもその実現はありえないものだ。各方面の思惑や問題などなどによって困難となり、好対照であればあるほど遠ざかるのが興行格闘技の常だ。そしてそれが実現すると言うことは、完全に旬となった時代の頂点を意味するのではなくある時代の終わりを意味することがほとんどだ。

 メイウェザーvsパッキャオという史上最大のマネー・マッチが遂に実現する報を聞いて感じるのはこれが夢の実現であるのはもちろんだが、同時にこれでボクシングの時代の何かが終わるんだろうなという印象はあった。

 望まれた対戦の実現らしく、構図が「どちらがチャンピオンなのか」などというスポーツ上の建前以上に恐ろしくシンプルなフィリピンの英雄というベビーフェイスvs数々のスキャンダラスにまみれたヒールみたいな対照になっているのがかえって因果な感じがした。

 複雑怪奇なプロセスによってようやく実現に至った試合は、本当にシンプルに陰陽をどこまでも描く。パッキャオの踏み込み、メイウェザーのL字ガード基調のディフェンシブのファイトスタイルの対照、英雄と悪童のパーソナルの差は試合内容の細やかな反則にも現れるし、会場の歓声はシンプルにベビーフェイスに寄せられる。

 夢のビッグマッチは薄目で観さえすればベビーフェイスが難攻不落のヒールに対して攻めたてているかに見えるだろう。望まれた対戦はある意味では夢そのもののようにシンプルな対立構図であるかのようにラウンドが重ねられる。この試合が実現したことの過剰なまでの影響で、普段ボクシングを目にしない人でも観たことなのだろう。


 だが興行の表面が夢で出来上がっていても、どうあれ格闘技の現実はそれをたやすく覆していくだろう。とっくのとうに識者は早い段階でメイウェザーが上回ることをわかっていたし、パッキャオの踏み込みが届くかどうかは昨今のパフォーマンスを観るにオレもまったくわからなかった。現実にはパッキャオの打撃のほとんどはヒットに至らず、メイウェザーが有効打を与え続けるという形になりポイントを奪うという例の必勝パターンのそれだった。試合が終わった時にはベビーもヒールもシンプルに見えたはずの構図は全て転換し勝者が余裕で敗者を湛え敗者が不服を見せるみたいになってしまうあたりも渋い現実の一つだ。

 複雑な事情で長引いたはずの夢の実現の試合は、むしろシンプルな対立構図で観ることが出来、そして最終的には競技能力の現実によって目が覚めていくと言う途方もないビッグマッチ特有の現象を味あわせてくれた意味で非常によかった。オレはあまりに期待した試合がはじまったときいつも「これから数分、十数分後にどちらかが破れ、どちらかが勝つなんてことがどうあれ決まってしまうのか」なんて思う。

 しかしだ、一方でもしかしたらこの試合に勝敗を取り沙汰するよりも、さらには既に旬をすぎたのではという競技能力よりも、結局のところは長い年月の中で培われたパッキャオとメイウェザーの関係そのものが彼らの試合のパフォーマンスの中に全て集約された瞬間がいくつも見られたというそれでよかったのかもしれない。下降傾向に見られたはずのパッキャオは過去になく入れ込んだ、気迫ある攻めや打開を行っていたし、メイウェザーも決して全面的に余裕だったとも見えず揺るがされた瞬間もあった。そうした攻防の瞬間瞬間の中に何年も実現せず、時には相手を挑発し、罵りさえもしながら今日までの対戦の機運を上げてきたそれが


 そして確実にある時代が終結したんだな、ボクシングはこれからどんな形で次のスターが形成されていくんだろうな、なんてしめやかな余韻が残ったのだった。メイウェザーは9月に引退する(適当ぶっこいてるだけかもだが)というし、パッキャオを次見る時はもしかしたら今のアンデウソンを観る気持ちに近くなるのかもしれない。夢の試合が終わったあとは圧倒的な現実がどうあれ待ち受けていて、観る方もキツい気持ちになることは少なくないのだが望んでその冷たさも見届けたいとこだ。興行格闘技を望んで楽しんでるのはそういうふり幅を味わえるからだよ。

ニコラス・ウォータースによるドネア・ステップの潰し方

Category: P・M・BOXING   Tags: ボクシング  
201410191317231f2.jpg
ノニト・ドネア対ニコラス・ウォータース

 ゲンナギー・ゴロフキンのマルコ・アントニオ・ルビオとの統一戦と同興行で開催された、ドネアvsウォータースの対戦。

 リゴンドー戦以降のドネアはここ最近の試合内容などに少々の不安さを識者に見られた中でのウォーターズの防衛戦、試合開始冒頭の構図こそタイトスタンスでやや直線的な戦型・圧力をかけていくタイプで、ドネアのステップを基調としたスタイルで相手のタイミングを合わせていくそれは有効なように見えた。ところが……

Continue »

GSPのようなMMAファイターがボクシングに来たならば?の仮設、カール・フランプトン

Category: P・M・BOXING   Tags: ボクシング  
fafdsas.jpg

IBFスーパーバンタム級タイトルマッチ
キコ・マルチネスvsカール・フランプトン

 えー、ボクシングファン的には9月にとっくに終わってる試合ですが、WOWOW外野席組的にはひと月遅れでこの試合です…

 長谷川穂積のキャリアの決定打となる試合を制したマルチネスの防衛戦の相手として、イギリスにて全勝というキャリアを誇るカール・フランプトンが立ちはだかったという試合。王者防衛線にもかかわらず、挑戦者のホーム。その理由の一つには過去にマルチネスはフランプトンに敗戦していたにもかかわらず先に王者となったため、その再戦ゆえとのことらしい。

 しかしオレが驚くのはカール・フロッチvsジョージ・グローブスの時にも思ったのだが、イギリスーアイルランドあたりのボクシングの観客動員数。興行的には難しめではある軽量級であるにもかかわらず、はた目からモニター越しに映る大会場に詰まった観客の数に驚かされたんだが、ここ数年(いやもっと長いスパン?)で何かあったんだろうか?このあたりよくわかってない。

 だがそれ以上に感銘を受けたのは、フランプトンの立ち回りだった。

Continue »

メイウェザーVSマイダナをリマッチしなきゃいけない不幸

Category: P・M・BOXING   Tags: ボクシング  
ddddd.jpg

 パッキャオvsメイウェザーという最高級のPPVマッチアップの実現が遠のいているうちにパッキャオは敗退を喫してしまい、予測されていた価値を幾分落とした。とはいえまだまだ望まれているし、パッキャオの偉大な閃きもまだまだ継続してると思う。
 

 その間のメイウェザーは余りある制圧技術や煽りによって相手を完全に封殺するし、その技術を飛び越えた先にくそ真面目なボクシングってジャンル自体をある種嘲笑するかのようにトップに君臨し続ける。オレがメイウェザーに感じるのは試合が制圧的でつまらない、というレベルを超えて、そもそものボクシングってジャンル自体をなんか俯瞰し、皮肉に見つめているかに見えることだ。もうボクシングってジャンルを変える気もないし何の期待もしてない強さ(なので見立てレベルでは極めてボクシングジャンル内の正統な勝ちを追い続けてるパッキャオとの一戦が陰陽みたいな形で望まれるんだと見るが)。

 もうウェルターでメイウェザーの皮肉な俯瞰のスタンス(技術的にも立ち位置も)を崩せる相手が消えてきて、この前のマイダナ戦は制空権を取る闘いをやらず、近距離に踏み込んで打ち込むバクチを続けるみたいな空気の読まなさだけしかなかったと思うが、それが「まだ近年のメイウェザーに通じてるように見える」ってことでリマッチが興行になってるってのは相当な不幸としか見えない。

Continue »

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR