オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


ユン・ドンシク その栄光と名誉の問題

Category: 格闘家たちのプロファイル   Tags: ---
75ff60d0.jpg

 プロの興行格闘技を観ているときにしばしば考えるのは栄光の問題だ。その名誉と報酬、はたまたアマ・プロなどなどの移行…今のようなトップが競技環境の整ったMMAのシーンになる以前、そうだな…おおよそ7年か8年前くらいのまだ格闘技バブルの残滓がある頃だったか、まだ様々な価値が乱反射したままであり、興行そのものがより重要だった時代だ。

 あの頃は吉田秀彦をはじめ柔道のオリンピックのメダリストを転向させて興行の火にくべようとする動きが多数あった。もともと栄光も名誉を得ている選手がさらに別の名誉と報酬を得ようとする流れだ。だがしかし、そんな柔道からの転向の中で、格闘技をまともに見始めたオレが特に栄光や、名誉と報酬についてを最初に痛感させられた選手がいる。ユン・ドンシクだ。

 ROAD FCのメインで、福田力戦を控えての再評価エントリ。

Continue »

スポンサーサイト

B.Jペン・完結

Category: 格闘家たちのプロファイル   Tags: ---
image_crop.jpg

 BJ・ペンの往年の単なるスポーツ的な範囲では括れない強烈なバイオレンスの気配を持つ姿を思い出すと、エドガーとの3戦目の姿はまるで毒気が抜けたような・なにか解脱したような感じさえ受ける。それはかつてリョートからGSP、マット・ヒューズといった上の階級の人間に果敢に立ち向かったのに対して、ストイックかつ計算高く行わなければならないフェザー級にまで階級を落とさねばならなかったゆえか、それともまるでBJのスタンスとは真逆な身体をまっすぐに伸ばし、向かってくる相手をカウンターで迎撃しようとするかのようなアップライトのスタンスに変えたゆえか。

 ステップ&レスリングのエドガーに対して、おそらくカウンターによる迎撃を目的としたBJの直立スタンスへの変更は直近のバラオンvsディラショーを考えても悪手だとしか思えず、当然ながらエドガーの多彩さの前に翻弄される完敗する。そして引退が発表された。それをスムーズに納得できたのは、どんな時であれもはや選手本人の本質から発動している攻めや圧力から試合を作ったのではなく、急造の戦略に乗せられペンの本質がなくなったように見えたせいかもしれない。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

code:GSP・日本格闘技に存在し得ない、最も遠い可能性

Category: 格闘家たちのプロファイル   Tags: ---
ラウドネス

―もはや格闘技というのが異種格闘技戦のなれの果てやすさまじいまでのフィジカルの持ち主同士の削り合いや何でもアリのバイオレンスを披露することを見せるのではなく、その次の段階に進むに当たっての技術的進歩に加え社会的に認知されるような「純粋競技化」の段階にどうあれ入った「日本格闘技バブル崩壊後」の世界の中で、逆説的に日本格闘技界の文脈からでは誕生、または成立しないことを証明しているかに映る、そのファイター像のフォルムの中に完全に現代MMAの世界を凝縮させてしまった異形ジョルジュ・サン・ピエールに関しての考察―

Continue »

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR