オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


高田延彦は何を愛し理解しているのか

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---
hqdefault (1)

廃墟では台風が近づいております。高田延彦vsヒクソン・グレイシーからなんと20周年ということで各所で再考が行われているけど、今から考えるとあの時代が素晴らしいなと心底思うのは各競技のボスが自分のテリトリーを守る強さであって、本当にバーリトゥードで勝負することではないことだ。空手は空手、プロレスはプロレスで出ていかないを貫いた方が偉い。弟子がバーリトゥードや立ち技に挑戦するのはOK。ボスはジャンルを守ることが仕事で弟子筋がジャンルを跨ぐを許すのほうがいいです。

これはつまんねえ考え方なんだけど、むしろ時間が経過したあとにボスが本当にバーリトゥードに出ていって残ったものはなんだったのか、というのが今になって答えが出ている感じがする。高田延彦はほんとうにバーリトゥードを東京ドームでやっちゃったけど、20年後の現在はMMAと呼称が決まったこのジャンルを愛し、理解しているとはどうにも思えない。それどころが、プロレス代表としてヒクソンと闘ったわりに今のプロレスを愛しているとも理解しているとも思えないところが本当に気になる。彼は20年前にプロレスを代表して、初期のMMAを闘うという日本のプロレスとMMAの分岐点に関わりながら、本当のところは何を愛し、理解しているのか。

Continue »

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

信じた時代の虚像と実像を切り分けられるのは、きっとしんどい『1984年のUWF』

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---
「オープンフィンガーグローブ 修斗」の画像検索結果
 
 総合格闘技という現実が国内にもたらしたものは何が最強かを明らかにすることだけではなかった。そこにいきつくまでに培われたプロレスの虚像がかき消され、実像が明らかにされていくことでもあった。プロレスと格闘技の観点を決定的に変えたイベント・PRIDEがUFCに売却され、格闘技バブルも弾けていく2007年に出版された『1976年のアントニオ猪木』はあらためてなぜプロレスと格闘技は地続きになったのかを明らかにする中で、あの時代の実像がいったいなんだったのかを明らかにしようとした。

 格闘技バブルがはじけようとも、プロレスと格闘技を観るリアリティラインが書き換わったことは変わらない。もうIGFのプロレスに闘いとやらを見出すことは難しい。プロレスが最強をうたって他の格闘技のチャンプを自分のリングに挙げて仕留めることに興行的な熱狂を見出すということもない。ジャンルの区分けが明らかになった現在のリアリティラインから、過去はなんだったのかを新たにする優れたノンフィクションが続々と出てきている。『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』には本当に感銘を受けた

 しかしプロレスと格闘技の虚実を明らかにしていく作業の中でも、UWFの虚実を明らかにしていく作業は遅れてきて知った自分からしてもしんどい作業になることは分かる。「プロレスを本当に格闘技に見せる」という虚像を実像に変える試みを整理することだから。 『1984年のUWF』はMMAが当たり前に存在している現実から振り返って、虚像と実像を切り分けていく。

Continue »

テーマ : プロレス    ジャンル : スポーツ

ブロック・レスナー再び 良くも悪くも神の階級の興行を思い知らせる

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---

 廃墟から「うらうらシンフォニーとかいうブログ書いてる奴ほんとにここ読んでるのかよ」と思っています。

 UFC200はどんどん格を落としていく王者JJの欠場だの、その後にエドガーVSアルドがなぜそんなことになってメインにならないんだ…とか嘆かれながら、なんだかんだでアンデウソンが急遽登板、ライトヘビーの苦労人と過去のP4Pの伝説が合いまみえるというゴージャスな意味に満ちた試合に変貌したりと、まあなんだかんだで記念大会らしいマッチメイクになったのだった。

 さてその中でもひときわ記念大会的な企画の傾向が強かったのが「レスナーvsハント」。ここのところのUFCが、コナーマクレガーを代表にWWEにおけるキャラクターを重視したアティテュード路線みたいな流れの中でまさかのレスナー起用には散々な反応が上がってはいた。実際にオレも5年のブランクや、そもそもの最後の試合でのアリスターからの負け方の悪さを前に何もできないという予想をしていた。

Continue »

ところで青木真也選手は強くなっているの?

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---
image_20130124190508.jpg


 青木真也のIGF大晦日は猪木の会場らしく無差別級でタカ・クノウだ、いや柔道強化時代にも顔を合わせていた経験のある澤田敦士だとちょっとした大晦日的な場のサプライズを希望していたりする一方では、今の日本のライト級でトップ戦線への実績を上げつつある弘中邦佳だ、いやリングス・ZST系統からVTJに至るまで各種のMMAプロモーションに出場している小谷直之だといった競技能力の強度を期待される選手との試合が望まれるなんて希望から噂までが出回った中で、決まったのはマッハの弟子のtoshi選手だという。

 もはやこうしたカードに関してはなにも言うまい。残るのはただ一つだけの疑問だけだ。それは非常にシンプルかつ純粋な疑問だ。それは何かというと青木選手は今強くなってるの?どのあたりの強さなのということただ一つだけだ。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

5月終わりの世界・韓国MMA、バダの無残さ、やっぱりUFC160

Category: ウェブ線上の批評   Tags: MMA  UFC  K-1  バダ・ハリ  ROADFC  
334JA

小橋建太が引退して、アメトークがようやくいまのプロレスを特集し、プロレス流れはそれなりのニュースがあった5月。だがプロレスの話はどこにもない雑記。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR