FC2ブログ
オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀口恭司が最強のメイドインジャパンって今ATTじゃねえかよ

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---
aaaaa.png

廃墟からランニングしています。タイトルは今更ですね。彼のスタイルを作り上げてるのは今のアメリカの先端だよ。 

RIZINみたら変な悪寒みたいな感じがあるのかな~と思ってたがそうでもなくなってきた。やっぱり天心とRENAを推したい運営ゆえの、いま売りになる顔役が共に立ち技ベースだという変な感じはあったけども、総じて他団体のトップやチャンピオンのみを起用している大会だったのでリング版の世界の中堅MMA団体みたいな気持ちで見ることができたのでよかった。

真珠オークライヤーから把瑠都を起用しているあたりはざわざわと血の気が引いていく思いになったのだが、興業用のフックを取り払ってみればそれなりの興行と言えなくもない。関係ないがマネル・ケイプにアンゴラ番長という通り名がついていたが元ネタのにゃんこスターが消えつつある現実に耐えられなかった。

Continue »

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

UFCトップ戦線の”下の階級が上の階級を倒す”頻発。それは進歩かそれとも…

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---
robert-whittaker-ufc-213.jpg


廃墟が精神のなかに出来上がらないようにしましょう。近年のUFCで面白い現象だなと思ったのが下の階級のトップクラスが上のトップクラスに挑んでしかも成功するというケースが多発したことだ。

BJペンvsGSPの時代からすれば考え難い現象…なんていってもアンデウソンvsグリフィンみたいに、一見挑戦のように見えながらスタンドの実力に差がある試合もあるし、BJとGSPという当時お互いの階級で完璧な選手同士の試合と比べるとむしろそっちの方が近いかもしれない。ミドル級前王者マイケル・ビスピンがウェルターから来たGSPとガステラム(※もともとウェルターまで落とすのが難しかったからミドルという事情があるとはいえ)と2度の敗北は、はたしてどちらのケースの下階級vs上階級を意味しているのだろうか。

Continue »

RIZINの凋落と華やかさの同居

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: MMA  
「RIZIN」の画像検索結果
廃墟からご無沙汰しております。二月も放置すると廃墟としての佇まいが出てきてしまいますね。

さて久々のネタはというと『RIZIN』地上波なんですが、今回のこれは年末で見た時のような虚無は感じなかった。むしろ、往年の格闘技バブルの時代の地上波放映を引きずっていた年末と比べて、なんだかんだでここ数年のMMAの前線には反応した形であるというのがなんだか感慨深かった。若手が興行の主軸になっていたことも大きい。

Continue »

トニー・ファーガソン、王手へ

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---
「トニー・ファーガソン」の画像検索結果

 廃墟らしくなってきたブログからのお便りです。

 トニー・ファーガソンが前王者のドスアンジョスを下し、かなり長い時間をかけて遂にチャンピオンシップにたどり着こうとしている。当初からボクシングを軸にしたタイトなスタンドの展開を行いながら、唐突に飛び道具のようにサブミッションを繰り出すと言ったファイトスタイルに加え、フィニッシュの多さなどなど十分な試合内容を残しながらもここまで時間がかかったのはどういうことか?ライト級には多彩なファイトスタイルを持ったスター選手が揃っているという優れたバランスの格闘ゲームのキャラクター配置みたいなことになっているなかであぶれてたせいなのか。

 加えてUFCならではのMMAファイターの登竜門プラス、選手としてのパーソナリティを伝えていく意味もあった企画、TUFの優勝者であるにもかかわらず、全然推されていないというのも考えてみれば……フォレスト・グリフィンの優勝以来、ある時期からのTUFのトップってそんなに推されないよね、TJディラショー(優勝ではないけど)くらいじゃない?最近だったら立ち上がりはじめだった軽量級くらいじゃない?ってくらいだし。ファーガソンが優勝したシーズンのTUFもラムジーとかそれなりにキャラの立っている出場選手を、地味に圧倒していったのがずっと尾を引いていたのだろうか。なんにせよランク外でかなりしんどいマッチメイクを組まれながらも、鮮烈な結果を残し続けてきた。

 さすがに今回のファーガソンはより制空権に気を付けた戦いをやってるように思えた。リーチ差やサイズ差で大分押しているかにも思えるが、ドスアンジョスはセラーニとの試合でまったくリーチ差をものともせず、お互いの距離が確定してしまうまえに1RでKOした相手だ。ミドルも多用しながらタイトに距離を測りつつ、突然サブミッションのムーブをぶちかまして均衡をブラしていくあたりのファーガソン印の試合展開も爆発させるくらいには、試合のムードをものにしているのが見えたりした。

 ライト級戦線ではアルバレスにマクレガーが挑むという構図をハイライトにしてる一方で、よくよく考えたらUFCサイドが競技性と興行的価値を両立させようとして始めたTUF出身選手の中でもかなりの優秀株だったはずの選手なのに、なかなかスポットライトが当たらぬままメインで推したいラインの裏街道を進むかのようなマッチメイクをクリアしてきたファーガソン。よもやマクレガーと闘うなんてことになりはしないかな、と思うばかりであった。廃墟のお便りはだいたいサクラが書いているものです…

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

どんでん返しだらけのなかでドミニクの盤石さが目立つのでした

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---



 廃墟から龍神の剣をくらえってやってます。

 UFC200の前にこんなどんでん返しまみれの興行やっちゃっていいのというかんじ。マイケル・ビスピンがこの前アンデウソン・シウバを判定で下したことに続き、ワイドマン欠場によって急遽ロックホールド戦の挑戦者に抜擢、そこで劇的なKO勝利って流れは凄いね、ワイドマン王者時代と言うのは実は並行世界に接続してて本当の事ではなく、もともとの世界線でビスピンがアンデウソンを倒して王者になって元の次元に戻った、みたいなSFみたいな勝利。なんというか2010年~2012年くらいの今からすればアンデウソンがいてGSPがいて、北米と南米的なMMAの方法がヘゲモニーを握り合っていたUFCの最高の時代と言っておかしくないその頃のスターの一人がこうして新時代をはねのけるというのがなんとやら。

 っていうかいよいよキャリアの終了を控えている年齢に差し支えた選手による劇的な試合ってのが連発してるのが、単なる熱狂的な試合というだけの印象に留まらなかったりする。ダン・ヘンダーソンがへクター・ロンバートに序盤圧倒されながら、終盤に返してKOまで持ち込んでしまうことのわからなさってのはオルテガvsグイダの比じゃない。あれはグイダが序盤で制空権がお互い見えきれてない中で攻めていく中で、その時点ではポイントが取れていても徐々にリーチのあるオルテガが距離を掴む闘いをできるだろうなというのは見えていたと言うのに対してダンのケースは賢しらな予想や見立てをはねのける。ダンのほうがリーチあったかなそれ効いたかなとかいっても野暮な気がするしね。

 ベテラン勢がキャリア終盤にもたらした劇的で情緒的にすらなる勝利と対照的に、盤石さを崩さなかったドミネーター。あれはバンタム級で恵まれたリーチを持っていることのみならず、軽量級戦線(のみならず重量級も含め、MMA全体の水準)を牽引したフットワーク&ステップ基調で翻弄していくのをなかなか崩すことが考えられない。ましてやWEC時代から闘ってきたユライアでは。


 ボビー・グリーンももしかしたらこうした盤石さを身に着けていくのかと思いきやポワイエに完敗を喫してしまうというのに比較して、クルーズのディフェンシブかつ確実にポイントを確保していく試合運びは崩れない。ライト以上の階級では絶対王者がまず不在だったりとっ捕まったりして不安定な中で、ドミネーターとマイティマウスの二人は鉄壁と言える。しかしそれが往年のGSP・アンデウソン的な価値をまとうかというと話が別であり、スキャンダラスなマクレガーに話題が奪われている現状がある。なんにせよ、次の記念大会の前にいい興行だったね、でも待てよ?プレ記念興行的なほうが盛り上がって本興行のほうがヤバいと言うケース、SARABAがとうとかIZAがとうとか去年…あっ、以上廃墟からとっておきでした。


プロフィール

EAB/葛西 祝

Author:EAB/葛西 祝
ジャンル複合ライティング業者

mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。