オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


サティアンのひめさまもしくはおくさま

Category: プロ格闘技   Tags: ---
 廃墟ではいまだに根本はるみが現役です。絶対に格闘技ファンじゃないほうがこの情報は幸せだと思う、実態を知らないから。という華やかさと現実の落差を常に味合わせてくれるのが国内のメジャー興行である。けっこうマジな話、RIZINの今年のマッチメイク自体はそんな悪くはない。全試合が煽りVで終わったとしたら。たとえばギャビ・ガルシアvs神取忍なんてDREAMの田村vs船木のようにドアーズの「THE END」をBGMに連合赤軍をモンタージュしたようなビデオだけで終わったなら、どれだけ平和だろうか。

 そうしたスキャンダラス路線の中和に北岡悟vsクルックシャンクみたいな競技性高めに見えるカードを放り込んでいるのだが、これもよく見るとへんな汗がどんどん出てくる。中でも、現行の国内女子MMAのトップとニューカマーの試合である中井りんvs村田夏南子の華やかな狂気のマッチメイクのなかでも競技性が期待される中和剤、に見えて実はおっかない構図の試合はない。

 中井りんを往年のイエローキャブ所属の異色タレントの一人くらいに思えていればどれだけ楽なのだろうか。画像を収集するまとめサイトまでなら絶対に幸せで、この選手ほど周辺を観てしまうと暗黒部分に触れてる気持ちになってしまうのもない。たくさんのコスプレ画像が載せられている彼女のブログは最初ネタだと思っていた。しかし文章にチョイスされているフォントが常に太字の処理が加えられており、ビビットなカラーで彩られているという絵面にはだんだんと不安を覚えていったのは確かだ。

 とはいえ、やはり華やかさと相手を圧倒する試合内容を併せ持っており、国内の女子格闘家の中でも存在値の高さは目立っていた。だんだんと抱いていた不安が無くなっていくのかと思いきや、こんどはセコンドの奇妙な指示や、判定への不服申しだてをする動きなどなど別のサイドからの不安が現れるのである。中井りんの後ろに立つ男、ワイルド宇佐美である。

 そのうちに「PCは監視されているのではないでしょうか」みたいな不気味なエントリがブログにアップされるようになる。このあたりになると海綿体を充血させるどころか睾丸が縮み上がるような中井りんサイドの本性があらわになってきており、根本はるみが格闘家をやってるみたいな印象から一転、忘れていたはずのカルトの記憶ばかりが呼び起こされるのだ。こうなるとどうしょうもない、中井りん&ワイルド宇佐美の関係から察せられるのは実は結婚しているとかそんなことではなく、どんどん世間や他人から隔絶しながら、自分たちの価値観で強硬になっていくという、危険なカルトのありようだ。「昆虫を取って売ってる」とかギャグというか怖いって。「私たちの地域では私たちの活動を妨害」はもはや……

 そんな中井サイドの狂気性に対し、村田夏南子は正気が際立つ。ベースはレスリング、最近の試合のバックには桜庭がついてくれており、現在アメリカにてトレーニング中。デビューから4連勝で、テイクダウンしてのパウンドが主力というあたりはそのまんまなのだが、ことは「女子格闘家のスター候補かニューカマーか」という対戦ではなくなっており、カルトの狂気vsアスリートの正気という対戦に映っている。廃墟ではなんともいえないものなのです……

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

「巌流島」アンチスポーツの揺り戻しの周期

Category: プロ格闘技   Tags: ---
ooooooo.jpg


 谷川貞治の業界復帰として名高い巌流島。しかし開催第2回にしてフジテレビNEXTが放映を中止、危ういイベントの印象を強めている。噂されているヒョードルの復帰と、榊原の復帰によって示唆されるPRIDEの復活と関係があるとも言われている。真相は定かではない。

 ただ巌流島を流し見していて思うのは別の事だ。定期的に現れる新興格闘技を考案することで暗にスポーツ化に対してカウンターみたいになっていることで、おそらく興行格闘技の歴史上定期的に現れる。これはなんだろうな?

 格闘技が新たなジャンルとして切り開こうとしていき、やがて厳密なルールや競技環境を整えたスポーツになろうとしていく。UFCの歴史はそうだ。日本においては、修斗がそうだろう。

 だが、修斗に関して一定の競技化を実現した創始者の佐山聡はその後に自らの思想を体現する掣圏真陰流をスタート、路上で本当に通用する、武士道といったそれぞれが混ざり合うものらしい。(ここまではどういう経緯で佐山聡が修斗から離れたのかという細かい事情は分かんないで書いてる)MMAという確かな視座が出来上がったなかで観るそれを、禍々しいといってしまうのは間違っているだろうか?

 
 もともと人の潰し合いを見世物にしているんだから原点に戻っている…ともつかないところがまた、この手の揺り戻しのおっかないところだ。暗に武道だとか創設者の思想的なところが混ざりこんでいくのだ。当初のUFCみたいに鼻からグレイシーが勝つためのモンドな興行として幕を開けた、と見えるのだが、これも水面下ではグレイシー柔術という思想の拡大のそれはかなり入ってたりする。

 単なる喧嘩の見世物じゃない名目で作られる、武道の思想も混ざったそれは空道で完結してると思いたいのだが、現実はそうはならずに定期的にスポーツ化が進む現実をはねのけようとするモンドな大会が誕生する。


 「巌流島」におもうことはそれだ。ただ唯一異なるのは谷川貞治に最初から武道思想みたいな建前がまずないことだろう。しかし、肩で切れた胴衣を着て闘う選手たちという絵図、場外アウトありの舞台とやっぱこれは骨法から掣圏真陰流などなどに連なるモンド武道のフォームにものすごく近い。


 ちょっとした皮肉とも感じる。そういえば武道を標榜する掣圏真陰流だとか往年の骨法などは試合会場にロープなどが設定されてなくて場外の概念がある。いやいや、とりあえずアマチュアスポーツとして確立されてる柔道なんかもあれもまた武道の名目なのか基本場外のあるものだ。ところが興行からスタートしたプロ格闘技は相手を逃がさないようにし潰しあわせるという構図なのでロープ、それから金網という舞台になっている。

 現実では競技化の進んだボクシングでもキックでも、そしてMMAでもバイオレントそのもな構図であるにも関わらず、ずっとスムーズに見れている。だがスポーツ化した格闘技に対する代案が場外ありの、数々の武道思想ベースなそれなので可笑しい。武道にだけあってスポーツにないものはない…というのは中井祐樹氏の至言なのだけど、もしかしてスポーツに対して武道、それから実戦といったそれぞれが対置されがちなのもジャンルの出自のせいなのかもしれない。

 モンド格闘技やモンド武道が定期的に現れるのは、プロ格闘技のスポーツ化というただでさえ矛盾が孕み続けているもの(単純に判定問題を思い返してみてもそう)をなんとか止揚していく厳しい現実に対してのにきびみたいなもので、現実から零れ落ちたそれらでおおよそ出来上がっている。田村潔司が進行している現実から零れ落ちた側に入ってしまったというのはむなしいことだ。


 なんて、こんな議論もきっと20年からそんな前、インターネットを繋ぐときのダイヤルアップの独特の音がなっていた時代から散々やりつくされたんだろうなとも同時に思ったよ。そして巌流島はスキャンダラスな放映中止も含めて、すべて終わった時代の繰り返しだよ。

  

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

久々観たK-1にいた異形(の候補)・木村”フィリップ”ミノル

Category: プロ格闘技   Tags: K-1  立ち技  



 さあ完全に立ち技関連は沈黙しきっていたこのブログなんですが、ひっさかたぶりにK-1のネタです!しかも、もう1月もいやいや3、4月も前くらいに終わってる大会をいまさらと言う体たらく。もう石井館長は関わっておらず、前田憲作がプロデューサーとなっている今完全に日本人の中軽量級中心となっており、かつてからの甲子園勢やkrush勢などなどが顔を揃えているのである。

  K-1ってのは今の段階で観ると往年の面倒な部分もいろいろ思い出す。おおよそ日本のキックボクシング土壌とその命題としてのムエタイみたいな部分を引っ張りながら、(いまやTVもないのに)スぺクタキュラーな展開を生もうとするルールを持たせるという、立ち技の中で特に興行価値のサイドに寄っている異形な部分だ。ろくに大きなメディアにもなっていないいまのK-1は、もしかしたら半端な位置かもわからない。

 しかしだ、どうあれK-1がK-1らしい、良くも悪くも異形な性質である場に映える異質なスタイルや経歴の選手がいたのだ。目を奪われたのはいよいよオーソドックスなスタイルに愚直に固まりつつあるHIROYAをまるで周辺の選手のスタイルを思わせない柔らかな全身連動の動作の打撃で打ち抜き、KOしてしまった木村”フィリップ”ミノルだ。


 一瞬「山本”KID”徳郁」とか「長島”自演乙”雄一郎」みたいなリングネームの日本人なのかと思いきやブラジル国籍の選手はインタビューを読む限りMMAの選手への言及も多いなどなど異質。がしかし純キックボクサータイプとは異なる柔らかな動きで純キックボクサーやムエタイに立ち向かっている構図はK-1の求めているそれと言う感じがある。


 ハイライトとなったゲーオとの試合展開はまさに往年のK-1MAX的なものだ。ここにK-1という場特有の立ち技のあらゆる業と面白味みたいなものが集まっているかのようで久方ぶりに見入ったのだった。キックボクシングの永遠の目標であるムエタイ、そこに硬化させたスタイルではなく現代MMA的な全身連動系の動きによる打撃選手、予想外に打撃が打ち抜く、しかし反撃の首相撲が入る、しかし注意が入りゲーオの得意部分が抑えられる…という中での判定勝利という一連の流れには、かつてから解決しないまま興奮するみたいなK-1らしい光景が繰り広げられていたのである。


 魔裟斗の後継者という名目ながらさっぱり似ていない、タイトなキック選手である左右田には逆転KO負けを喫するなど負けっぷりもすげえのだが、現在のK-1であろうとかつてのころのような興奮や問題みたいな部分を引き継いだままの選手がいることがオレにはなにかおかしくてしょうがなかった。

 

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

リコ・ヴァーホーベンを真剣に楽しむためのコツは誰も教えてくれない

Category: プロ格闘技   Tags: 立ち技  

sds.png

 競技や技術全体の進歩は「スターがいたから」「団体に金があったから」「ルールの整備のおかげで」だなんて一面的には語れない。結局他の分野の進化や成功の逸話と同じく多元的な要因が重なるものであり、たとえば現在の立ち技の進歩の停滞に関しての指摘も正確に行うことなんて難しい。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

黒人だから身体能力は高い?白人だから構造的?格闘技の「野生」の本当のところは?

Category: プロ格闘技   Tags: MMA  立ち技  
ggg.jpg

格闘技における「野生」とは何か!?
 デメトリアス・ジョンソンvsジョセフ・ベナビデスは男子最軽量級のこれまでの印象を書き換えるようなジョンソンの衝撃的なKO勝利によって幕を閉じ、今年一年で加速度的に価値を上昇させた一人として印象深い仕事をした。まぎれもなく今年のMVP候補の一人だと言える。

 中・軽量級の試合の利点はスピードと言われがちだが、厳密には試合の中で膨大に詰め込まれた動作の処理能力の数と早さだと思う。そしてそれを保証するのはファイターの全身の動きを生かし続ける身体の使い方ではないだろうか?

 それを垣間見るのは、フライ級ではデメトリアス・ジョンソンとジョン・ダドソンの二人が勝利後に行うあの身体を捻ってバク中を織り交ぜながらあの歓喜を現すムーブからだったりする。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR