オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFCの寂しい現実路線

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---

 廃墟とは人が離れていくことから始まるものです。さすがにびっくりしたのは堀口恭司のフリーエージェント宣言。オレがアリ・ヴァガウティノフ戦での完封に感動したのもつかの間、UFCは新体制になっていらない階級を削っていく気か?その他にも多数の選手が離れるかもしれないという。あのフランク・エドガーまでも離れる可能性がでてきたとか…

 一方でコナー・マクレガーがなんとフロイド・メイウェザーと対戦するなんて常軌を逸してるニュースが駆け巡っている。オレ個人はマクレガーはもう競技能力以上の鉄火場にチップを置き続ける姿勢が今日まで続いているとは思いもしなかった(しかも、ネイト戦でチップを全額失いかけるようなそぶりから、突如引退宣言とかやりだすブラフも込みで、うまくやるとも)。

 GSPとアンデウソンがトップにいて、競技の拡大のために尽力していた数年前には美しい一人勝ちをしていたUFCが、ほころびをみせはじめているのではないか。というか、市場価値が決まってしまった中堅選手にとってはつらい団体になってしまったことが新体制以降からぽつぽつと語られるようになった。ついにGSPが復帰するかもしれないというニュースも駆け巡っているが、この時勢からは確実に数を取れる選手を戻したがってる感じはあるなと。

 フライ級が先細っていくのは個人的には虚しい。MMAでもっとも身体能力や技術の差だけで見れる階級とも言え、フィジカル差やリーチの差による影響の少ない階級だからだ。軽量級が整備されていったことはMMAのジャンルの前進を示しているし、MMAのテクニカルな側面はこの階級から還元されているのではないかと思う。

 それが縮小するということは、UFCはジャンルの本質を拡張する余裕がどうやらなくなってきており、運営を続ける現実路線に切り替えつつあるということだ。それは寂しいというか、先行して格闘技をプロスポーツとして広めたボクシングの歴史を演繹するなら、WBAからWBC、WBOと分裂してきた経緯なんかに近付いているのかもわからない。ボクシングとMMAでは構造が違うから一概には言えないけど、ここいらでトップアスリートが分散して各地に王者が散らばり、誰がその階級で一番なのか判断のつかない世界に突入していくのではと思う。いまのところUFC以外のベラトール、WSOFなどはUFCからの格落ちが向かう団体という印象は強いけれども、これからはわからなくなるのかもしれない。

スポンサーサイト

鉄火場の終わり

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
McGregor

 廃墟から爆薬を仕掛けています。

 UFCがついに長年仕掛けていたニューヨークでのMMA解禁を実現し、またひとつ興行と競技の範囲を広げたのと同じタイミングでとんでもないニュースが流れ込んできた。コナー・マクレガーの引退である。

 
 UFC200の欠場から唐突なまでの発表を前に、様々な理由が語られた。仲間のリング禍が原因だ…とか、UFCに想像を絶する高額なファイトマネーを要求したせいだ…など、その他にはあのトラッシュトークと存在感を生かしてWWEにいくつもりじゃないかと発表のタイミングがタイミングなのでどうしても裏を探る意見が見られたんだが、どんな理由であれ確かなのはまじでこれがおとぎ話の終わりなんだなあ…ということだ。

 これでマクレガーが復帰したとして(ほぼ確実に復帰すると睨んでるが)今後あの驚異的なタイミングと正確無比な打撃を撃ちこめるのかというと、とてもじゃないがもうダメだろということだ。もー無理。試合の中で一瞬くらい往年のそれが出るかも知れないけど、もうアルドを打ちのめしたそれから離れていく流れに入ったとしか思えない。

 これは鉄火場の終わりなんだ。考えてみたら去年からマクレガーもUFCも場がぶっ壊れてしまうほど掛け金を釣り上げ過ぎた。なまじ勝ってしまってきたから、こんなことにまでなってしまった。急速にメンデスからアルドまで打ち倒し、ドスアンジョスとの一戦まで行き着くなんてぐちゃぐちゃだったんだ。UFC史上驚異的な博打とその勝利がどこで限界が来るのかと思っていたのだが、破綻という意味で予想以上のものが待っていた。以上、廃墟からでした…

子殺しと仲間殺し

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
ネオンライト_copy

 
 
 廃墟からファイヤーバードスプラッシュを演じています。

 日本の興行格闘技における「闘い」というジャーゴンは、単に試合を消化していくことだけではなく、様々な意味での主導権を握ることや、プロレスや格闘技という枠内を超えていこうとする意味で使われてきたと思う。だが現在「闘い」と思い込んでやっていることが、結果的に身内のみを刺してしまっているような泥沼しか見当たらないのである。


 元ゴング編集長である金澤克彦はそのえげつなさを一冊の本にまとめた。それも1999年から2009年くらいまでのアントニオ猪木が、総合格闘技に関わりながら古巣の新日本プロレスに関わっていったことで、新日本に長い迷走期をもたらしたことを取り上げた「子殺し」という鮮烈なタイトルでだ。「プロレスラーは強くなくてはならない」ということが、シンプルに興行としての主導権を取り戻していくことを示すのではなく「だから総合格闘技でも強くなくてはならない」と長らくずれていた、ということで猪木のコンセプトから永田、中西などなどが悲惨な目に合ってきたことでこうしたタイトルになったんだと思うのだが、ここに「闘い」だと思い込んでやってることの実態が、身内を潰しているだけだったという後味の悪いものになっている。


  時は立ち、子殺しの猪木はIGFを立ち上げる。その間にPRIDEも潰れ、格闘技バブルは一発のスキャンダルから殆ど自滅みたいな形で終わっていった。その後継団体DREAMでは青木真也がエースを張った。しかし、そこで最も力を発揮したのはJ.Zカルバンとの試合でもアルバレスの試合でもなく、川尻を秒殺したときや、シャオリンを完封したとき観客に向けたマイクのとき。そして戦極との大晦日で廣田の腕を折ったときのように(ほぼ)同じ日本人の身内や仲間、業界内部の諍いのときである。本当にそういうシチュエーションのときに試合内容を超えた反応が生まれる。


 やがてそんな仲間殺しが子殺しの団体に参戦するようになり、いままたPRIDEの後継団体RIZINにて佐々木を打ちのめしたクルックシャンクの青木挑戦のマイクに対して物をなげつけたりするのである。だが現実はクルックシャンクVS青木の機運は上がらず、結局解説席にいた川尻に投げたものが当たり、Twitterみたいな場でファイターからファンが何一つ本質(興行に行きたくなるとか、クルックシャンクvs青木が観たくなるとか)に関係の無いことでいがみ合うのである。

 
 「闘い」とは均衡を破ることや主導権をとること、その他多くの意味で使われてきた。オレも仕掛けていくことは正しいと思う。でもいまは、子殺しを行ってきた男の団体の行うそれは結局身内以上のものにはならないし、そんな団体に出るようになった男が退屈になってしまった興行で均衡を破るために仕掛けたその効果も身内同士でいがみ合う程度のことにしかならなかったのである。なぜなのだろうか。

 みんな本当に「水を入れたままのペットボトルを投げるなんて人として最低だ」とみたいなレベルで話題にすることは悲しくならないのか。オレはこんな書き散らしをやりながら哀しくなってきた。じゃあ書くなと言う話なのだけど、ここは廃墟なのだからこうした崩壊に引っ張られたというだけなのです…

 

UFC200って記念大会のメインがこれって7年前のUFC100に申し訳が立たないのかと思って振り返ったらレスナーvsミアが売りになっていました

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---


廃墟はいい。誰もいない。

 UFC200がマクレガーvsネイトというのは本当にどうしてしまったのだろう。スター選手の黒星修正マッチの類なんだろうけど、GSPvsマット・セラとはわけが違いすぎる。というのも、二人とも本来の階級じゃない試合をするようなのだから。あれだ、アンデウソンもニックにもしも負けてたら再戦やってたのか?

 興行寄りになることでもういっこヤバいなあ、来るとこ来たかもしれねえなあと思うのはこうしたマッチメイクに伴う、エドガーvsアルドの暫定チャンピオンシップ。興行優先になることによってだんだんとチャンピオンシップの意味が空洞になっていき、リテラシーの高いファンが正統な王者の系譜をどうたらみたいに見立てていくみたいなことに興行論と競技論の歴史の果てにボクシングはなっていったわけなんだけども、構造が違うとはいえ団体型の運営であるMMAにおける、競技の環境やらが決まったかな~と思いきや、興行の問題で崩れる形はこうなるのだろうか。

 やっぱり興行と競技の問題で、(それは単にスター選手の有無や享受どうたらというレベルではなく)競技環境が保たれたままの興行いうのはまれなのかもしれねえなあ、どのみちグダグダの状況には出くわすよなあとも思う。なんて言っても、ドラッグテストの環境をはじめ、ここ数年でそのあたりの環境の整備はめざましいわけだし、まあちょっと過渡期(ずるい言い方)なのかもね、以上、廃墟でバックキックをしながらでした…

安藤晃司シンガポールの決戦

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
20140729122151d73.jpg

 ONE FCで青木真也vs安藤晃司が決まった。

 久々に刺激的な日本人対決だ。ここ5年くらいのメジャー崩壊後の日本MMAで、非UFCで有力な選手が行き着いた先の対戦。ここにちょっとした因果な面白味がある。この面白味は非UFCというか、非北米MMA的で長らく見てない日本MMAの延長みたいなものだ。IGF山本勇気戦を必死で面白がらなきゃならない貧しさよりは、地味だが豊饒だ。(あんな試合を立てるために「石井vsミルコは誰も話題にしてない。話題になったものの勝ち」みたいに言ってる人はもうまともにものを観ることから降りてるんじゃないの)


 色々感慨深い…日本人選手でメディアでも大きくフィーチャーされるのは当然修斗~PRIDE武士道・HERO’sそれからDREAM、戦極といった今は亡きメジャー興行でトップ戦線にいる選手だ。対してメジャーで契約を結べなかったり、または結果を残せなかった選手がキャリアを伸ばしていく先は、中国や韓国をはじめとしたアジアでの興行で闘っていくことだった。

 メジャー興行があった時代、アジアMMAに関してはメディアの取り上げ方も傍流だった。中でもアジア界隈で結果をだしていた選手として韓国ROAD FCでチャンピオンシップを闘った久米鷹介、そして今回の主役である中国LFCでチャンピオンとなった安藤晃司が思い浮かぶ。


 間もなくメジャー興行が壊滅し、国内のMMAはVTJなど再編が進む。北米MMAがトップとしてMMAの道筋を作る。一方、そんなルールに適応しアジアMMAは進歩していく。旧DREAM勢はシンガポールのONE FCに多くの選手が契約し、非UFCの中のメジャーの場(おかしいかな?この書き方も)みたいになってる。

 青木真也と安藤晃司の対戦はオレにはドラマティックだ。日本MMAの主流と傍流のキャリアを積んできた人間同士の、近くて交わることが考えにくかったもの同士の邂逅だからだ。なんなら佐藤大輔にでも煽って欲しいくらいだ。あとは北岡悟vs久米鷹介なんかも実現しねえかな?


 もう一つの面白味と言えばふたりのベースとしている格闘技には柔道があること。一方は柔術に移行して高速で自分の優位なポジションに移行できる正確さと強さを持つ。同時に、勝機を見れば高速で関節技に向かうフィニッシュへの処理速度を持つ、今考えても異色で異形なタイプ。一方は秋山成勲~中村カズといった柔道型の体幹の強さベースで打撃戦と組み技でイニシアチブを取るタイプであり、これまでもこれからも柔道→MMA転向でありえるだろうタイプだ。

 試合展開を予想するに安藤晃司の苦難は容易に想像できる。青木が対日本人で見せる競技能力以上のドメスティックな残酷さはずっと記憶されてるだろうが、ここは傍流の静かな逆転を望む。


 

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。