オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


激情と器・逆境と物語

Category: P・M・BOXING   Tags: ---
ライツ

 WBCフェザー級タイトルマッチ
<<長谷川穂積VSフアン・カルロス・ブルゴス 観戦記録>>

Continue »

スポンサーサイト

ランペイジの入場のPRIDEテーマと、現地のアメリカ人と、衛星放送の日本人と

Category: 米国基地   Tags: ---
マンション

  UFCがいまや世界最高の舞台であることは言うまでもないが、一方でそんな最大の舞台であろうとも決して感情移入し切れない面もある。メインのランペイジの入場で鳴り響いたPRIDEのテーマに、心動かされてしまう日本人と、会場のざわめきに変化の無かったアメリカの観客という光景があった。

Continue »

欧州米国基地外読書録

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---
PEN

 プロレス・格闘技批評の代表格たる村松友視氏の本や、中古書店にあった昔の紙プロなどを手に入れて読んでみたら驚いたりゲッソリしたり目が痛くなったりいい目薬ないもんかな?という、典型的な合間のエントリ(笑)。

Continue »

ロペスとマルケスと、日本格闘技の一つのルーツとしてのラスベガス

Category: P・M・BOXING   Tags: ---
false-start_jasper-johns_80mil_msp1.jpg

 WBO世界フェザー級タイトルマッチ・ネバダ州ラスベガス
<<「ファン・マヌエル・ロペスVSラファエル・マルケス」観戦記録>>

 90年代からゼロ年代初頭にかけて、古くはUインターをはじめK-1などがマイク・タイソンを招聘しリングに上げ、試合をさせようと躍起になっていた頃があった。ここのドグマにはやはり、さらに遡ってアントニオ猪木VSモハメド・アリに見られるように「世界最高の権威ある格闘技・ボクシングの頂点に立つ人間をどうあれリングに上げて倒すことによって、自分たちのやっている権威なきプロレス・格闘技の正統性・優位性を見せつける」ことにあるのだと見ている。日本格闘技史とボクシングの関わり方の原点の反応だろう。 
 そうしたことをはじめとするボクシングとの関わりが格闘技史に暗に与えた影響を、エキサイトマッチを見ていた中で彗星のように現れた極上の勝負の中に感じた。

Continue »

記憶喪失・石井慧・K-1・疑似的なアメリカ・キックボクシング・MAX・MMA

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ---
kaonasi.jpg

<<K-1MAX2010 FINAL TVでの記憶障害観戦記録>>   

Continue »

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR