FC2ブログ
オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IGF真の主催者は誰なのか?・あらゆる差異が乱立するテクスチャープロレス格闘技大会

Category: プロレスの生む物語   Tags: IGF  ミラン・クンデラ  ジャン・リュック・ゴダール  クエンティン・タランティーノ  コーネリアス  スクエアプッシャー  須田剛一  ロックスターゲームス  
P1010282.jpg

 UFCが到達させつつある、あらゆる格闘技の差異を技術的な融合・混合という洗練によって無くしていくMMAの光景は、興行格闘技史上もっとも「スポーツ」という、人種・民族・思想・宗教からジャンル自体がもつ効用にまで近似していくことによって確実にグレードを上げていると思う。コアなファンが願う「新興格闘技のスポーツ化」ということの、一つのある答えに辿りつきつつあるというか。。(そして、世界の立ち技は上位コンテンダーの試合の質がかなり美的な構造になろうと、スポーツ化という点で競技人口や興行力などなどMMAに3馬身差つけられているかに見える。)

 しかし、極北に行こうとするそんなMMAを見る一方にて、格闘技の性質として、様々な武道の目的である「異なるものを制する」ことだとか、少し昔の「異種格闘技戦」「ヴァーリトゥード」みたいな様々な格闘技や人間の差異との闘いによるドラマの喚起能力ということがあると思われ、それこそが格闘技が「スポーツ」の盲点を突く点であり、「スポーツ」を越える点で、「スポーツ」になり切れないボンクラなB級ジャンルに甘んじる点であった、とも考える。

 そういうことを思いながら見たIGFは、もうビックリするくらいのあらゆる差異の乱立ぶり。かつて「プロレスは総合格闘技の要素がある」という、混合格闘技(MMA)ではないタペストリーによる、もうひとつの興行格闘技の極北から、このジャンルのひとつの真実をみた思いになったのだった・・・ということで<<IGF 見立ての格闘観戦記録>>

Continue »

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAB/葛西 祝

Author:EAB/葛西 祝
ジャンル複合ライティング業者

mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

公式サイト:http://site-1400789-9271-5372.strikingly.com/

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。