オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


三崎和雄の引退・大晦日のグローリー・今後の立ち技で銭の取れる魅力ある選手になりそうなのはアンディ・リスティくらい

Category: 格闘周辺時評   Tags: 三崎和雄  アンディ・リスティ  立ち技  大晦日  
P1010408.jpg

また大晦日に向けての業界再編みたいなニュースが出たり、選手が身を引いていくニュースが出たりと、興行格闘技の年末が近いですね、というメロウな気分による時評。

Continue »

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

水のように

Category: ウェブ線上の批評   Tags: アンデウソン・シウバ  MMA  UFC  
P1010568.jpg


 アンデウソン・シウバが当然のようにステファン・ボナーを下した結果は当然のようでありながらも、これまでのアンデウソンの勝ち方のようなどうにも奇妙な試合内容での勝ち方で、あの金網際のヘッドスリップのシーンを代表にやはりハズレのなかったブラジル大会の中でもアンデウソンの試合でしか見られない特異なものだった。

 しかしこれはグレッグ・ジャクソンをトップとするような北米MMAの作り方、と完全に別の作り方であるように見え、何か前提というものが違うんだろうなということもまた思わせる。このことのヒントというのはアンデウソンのドキュメンタリーのタイトルになった「Like Water」、”水のように”という、東洋武術が提示する抽象的なスタンスのことだ。

 というわけで現在UFCでのスリリングな対置である北米と南米、そして西欧式の入り方や東洋式の入り方ということのアンデウソンを通したエントリ。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

西岡利晃vsノニト・ドネアを通して見取る、興行格闘技の日本人選手の上がりとは

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ボクシング  UFC  立ち技  西岡利晃  ノニト・ドネア  MMA  
P1010567.jpg


 S・バンタム級トップを決める西岡vsドネアは偉大な、というよりも希少な試合だった。というのも「この階級のトップを決める」という極めて単純で順当でありながらほとんどの選手が達成できなかった目的地に行けた試合ということで、それはMMAにおける「アンデウソンvs岡見」と同じくらいの順当で希少な試合に見えた。こんな単純な道筋も、選手の金銭や環境込みの運が関わってくるキャリアの中でその実起こりにくいのだ。

 西岡はパーソナリティーの印象的にもそうした順当さ通りの実直な選手に思えるが、実際のキャリアの浮き沈み方や日本のボクシング史的に為したこと見るに例外的な部分を数多く持った選手だ。しかしそれを承知の上でもやはりパーソナリティー通りの、実直さによって頂点まで来るが本物に負けるという「極めて順当」という印象ばかりが残ったドネア戦を見つつ、話を広げて興行格闘技のメインストリームが日本にない時代での、日本人の上がりとはなんだろうな、と思った。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

日本の(ある)格闘技の10月

Category: 格闘周辺時評   Tags: リングス  プロレス  MMA  
P1010540.jpg

 そういえばこのブログのタイトル&コンセプトを書いてるオレがすっかり忘れてた!えーっと「オウシュウ・ベイコク・ベース」は北米UFCの価値に覆われる中で日本はどうなっていくのか― ってコンセプトで、欧州(グローリー・K-1)と米国(UFCなど)にイニシアチブを取られた形の日本はどう変動していくのか?を見取るものだったんだが、ここのところの日本のMMAは完全に無視してた!

 ということで日本の興行格闘技のここのところを簡単に眺めてみたが、面白いことに北米MMAの価値と別個の部分を求めている興行というのが見つかり、「MMAは一つのスポーツ」みたいなレベルで捉えたくない心象というが、やはりあるのだと思う。

<<リングスはやっぱり日本最後のプロレス・格闘技団体>>
<<早い段階で魅力的な選手だったらもっと話題になってるグラバカ菊田興行>>

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

MMAは残酷・・・・・だった・・・か?残酷さとはどこに?

Category: ウェブ線上の批評   Tags: MMA  
夜 建造


  

 このツイートの元であるタイでMMA禁止というのはやや古い話題で、エントリにしようと思って書きそびれちゃってたんだけど、ツイッターを見ていて流れてきた続報で情報で「MMAは残酷」の文字を目にした瞬間に言いようのない温度差を感じた。それは「タイ政府は無理解」とか「ムエタイの圧力か?タイファイトあるしな」ということでもなく、単純に「えっ、残酷だったの?」ということに自分が驚いているという話だ。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR