オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


オウシュウベイコクベースオブジイヤー2014

Category: 年別ベスト   Tags: ---
KVG.jpg
ウェルター級にて去年最も印象深かった一人 ケルヴィン・ガステラム

 ここ何年もおんなじこと言ってるとはいえ、今年は例年以上にUFCばかり観ていた。世界各地の選手をホームとした興行を起こすことによる、北米本土にとどまらない展開によって興行数が増加。選手層が厚く切磋琢磨の激しい階級たる中軽量級が中心となって現代MMAを牽引していた年だった。

MVP

1・TJディラショー
2・アンソニー・ペティス
2・ハファエル・ドス・アンジョス
2・エジソン・バルボーザ
2・ボビー・グリーン
2・ドナルド・セローニ
2・ウィル・ブルックス
2・ジョシュ・トムソン
2・ベンソン・ヘンダーソン
10・ケルヴィン・ガステラム


ベストバウト

1・ドミニク・クルーズvs水垣偉弥
2・TJディラショーvsヘナン・バラオン
3・クリス・ワイドマンvsLYOTO
4・ジョセ・アルドvsチャド・メンデスⅡ
5・ウィル・ブルックスvsマイケル・チャンドラーⅡ(ベラトール)
6・エディ・アルバレスvsドナルド・セローニ
7・川尻達也vsクレイ・グイダ
8・ファブリシオ・ヴェウドゥムvsマークハント
9・ジョシュ・トムソンvsボビー・グリーン
10・ジョシュ・バーネットvsディーンリスター(メタモリスのグラップリング)


 ランキングがちょっと例年以上に広がりない感じになっちゃったのは例年以上に他ジャンルを観れてないてのもあるけど、それ以上に軽量級シーンがバラエティ豊かなゆえな気もする。

 ネタのように2位ばっか挙げたUFCライト級戦線は特に今年一年すげえ面白くて、変な例えなんだけどすごくバランスのいい格ゲーを観てるかのようたった。各選手にある意味莫大な競技能力の差はないにも関わらず、選手個々の戦略や戦法は個性的で名勝負の比率が多い、みたいなあたりが。

 ベストバウトも色々あった。ドミニクの復帰は本当に鮮烈で、水垣の地道な努力が報われることなくあっという間に崩れ去るマゾヒステリックギリギリのカタルシス、ワイドマンとLYOTOの北米vs南米最後の神話、非UFC最強の一角だったろうアルバレスの意外な敗退、そしてセローニの飛躍、旧PRIDEからキャリアを続けるファブリシオとハントがヘビー級の面白さまみれの試合をやる感じなどなど…

 ウェルターはどうにもローラーもヘンドリックスも気に入らねえみたいな状態で期待のローリーマクドナルドがやや詰まってるという現状、今年に最も期待あるのはリック・ストーリーとジェイク・エレンバーガーを撃破し無敗を続ける若手ケルヴィン・ガステラムである。ってことで今年もよろしく。

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

クロンとヒクソン REAL01の総合格闘技黎明期感

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: グレイシー  
mnknk.jpg


 なにか懐かしくないか?なんてこの言葉は全く褒めていないんだけど、番組での放映を観る限りそういう思いを抱いたのだった。

 ヒクソンの息子クロンのMMAデビュー戦、須藤元気プロデューサーというコンセプト・・・当初は日本のメジャー格闘技イベント復活かだなんて思われた。が、「クロンの相手は長島自演」だとか噂される中、蓋を開けてみればまた実体の知れない韓国選手が相手。

 BSとはいえフジが放映し、グレイシーがいて、その他それぞれを総合した結果番組から匂うのは中学の頃のジャージの匂いのような、いや懐かしくどうしようもない匂いだ。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

現代MMAのグラップラーは鮮やかかそれともキチガイか?

Category: MMA   Tags: ---
lllllll.jpg

 ”現代MMA”って言葉はあれなんだけども、その言葉の意味する平均的な戦術はというと北米最前線なんかを観てれば分かるように、タイトなボクシングやムエタイによる制空権の確保、ケージ際での脇の差し合いからのテイクダウンを巡る攻防、そしてグラウンドになれば、タイトに立たせないようにして抑え込み、的確にパスガードしたりパウンドで削ったりする。無駄を削いだスタンスだ。 最適化が進んだ現在ではいまやスタンドでもグラウンドでも一発賭けのようなリスクある攻撃を撃つようなことは数少ない。

 当初ブラジリアン柔術の魔術的な完封が大きな拡大の原動力となったこのジャンルであるが、現代に進むにつれてボクシング&レスリングの技術や土壌というのがMMAの試合にて大きなアドバンテージを取っていくようになった時代の中で柔術家をはじめとしたグラップラーがそのままの技術で立ち向かうことも数少ない。その数少ない中で、なんとやなしにオレが引っかかる現代MMA内でのグラップラーについて。

Continue »

ドスサントスは壊れているのか・・・?

Category: MMA   Tags: ---
UFCONFOX.png

 去年のヴェラスケスとの驚異的な死闘に感服させられた一方、だれが見てもストップが遅れた試合であったがためにヘビー級のあまりに重たい打撃を頭部に受け続けたことでその後の享受に不安を残す形となったドスサントス。その復帰戦。 

 ヘビー級は毎度解釈に困るのだけど、前には「上位にしか魅力なし。スカスカの印象」だとかひどいこと書いてたし、今回に至っては「あまりにもキャリアが揺れすぎるのではないか」というやはりひどい話だ。

Continue »

UFC181 JDS対ヴェラスケス3の幻影を感じつつ眺めるペティスとローラー

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: UFC  MMA  
kkkkkk.png

アンソニー・ペティスvsギルバート・メレンデス

 そうUFCのライト級以下の階級は、ここ2年くらいの階級変更による振り分けも終わった今意外にレスリング&フィジカルのヘゲモニーは薄れてきてる。今ではそのタイプのトップクラスではベラトールのウィル・ブルックスくらいになっており、UFCで可能性あるのはハビブ・ヌルマゴメドフかギルバート・メレンデスくらいかって状況であるかに見える。

 とか書いていてもレスリング発のMMA選手というのもすでにフィジカル圧殺による勝ちケースでは中・重量級でもそんなに上位で多くなくなっていたりするし、確実に戦型のトレンドってのは変貌してる。その辺の象徴がTJディラショーvsバラオンやドミニク・クルーズあたりのスタイルではないか?と観てる。

Continue »

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR