オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


支配者の帰還(もしくは、かっこいい塩漬け) クルーズvsディラショー

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---


 廃墟からパルクールをしています。

TJディラショーVSドミニク・クルーズ

 ドミニク・クルーズのニックネームがそのまま名前を捩った「ドミネーター(支配者)」というのはあのファイトスタイルからするとそれが称賛なのか皮肉なのか、はたまたダジャレでいいのか迷う。ニックネームってのはそんなもんだろうけど。

 レスリングベースに高速のステップやスイッチを多用することで相手を攪乱。打撃を撃たれても確実に相手の制空権から脱出し、一切の距離を掴ませない。そして相手がまったく手出しできない距離から踏み込んで打撃を撃ち、そしてすぐ離れる。WEC時代から猛威を振るったこのスタイルは、いまや処理能力が軽量級のトップ選手の多くが採用しているスタイルとなった。

 細かく検証すれば、重量級の選手にさえも影響を与えたかもしれない。ややもすれば「DJ.taikiがダンスダンスレボリューションでフットワークの練習」の奇行の元ネタもドミニクだったりするのかもしれない。関係ないかな?

 しかしドミネーターというニックネームの称賛と皮肉を特に感じるのは、やはりここ数年の経歴だ。2010年~2011年に軽量級のトップコンテンダーであるユライア・フェイバーとデメトリアス・ジョンソンの二人を完封。このあたりは試合内容やこれからの軽量級シーンに置いて支配者のあだ名にふさわしい活躍を予感させた。

 だがあの過剰なフットワークを使うスタイルゆえなのか膝を故障。長期間の離脱を余儀なくされる。こうして支配者というあだ名のまま、突然不在になってしまうという皮肉なことになった。その間にフライ級が新設、選手の適正に合わせた階級別の移動が進む頃に軽量級シーンにてTJディラショーが台頭した。



 ディラショーとドミニクの最大の違いは、使っている武器はほとんど同じでもフィニッシュの意識がまるで違うことなのだと思う。ディラショーが鮮烈なバラオンへの勝利を決めたのはやはり最初からノックアウトを目指していたことゆえであるし、対してドミニクは相手の制空権に一切のらず、試合全体を自分のゲームにしてしまうことである。


 実際に相対した二人は、やはりリーチ差が気になる。ドミニクが恵まれているのはそのフットワークとスイッチを多用するすたいるだけではなく、同階級の中で豊富なリーチを持っていることも大きく起因しているはずだ。デメトリアスもフェイバーも撃破した内容を考えてみても、トップコンテンダーでドミニクほどのリーチを持ちながら、あのスタイルを採用している選手と言うのはなかなか見当たりにくい。フランク・エドガーを思い出しても、やはりあのスタイルに至るのは体格やリーチにハンデが出来てしまうから、それを埋めるために発達させた技術であることが多いからではないか。


 リーチに劣るディラショーが、このスタイルを使いながら堅牢なバラオンを2度下すまでに相手の顎を狙いに行くような戦い方になっているのも無関係な感じはしない。よくある構図でリーチや体格に劣ちがちなほうがドミネートする試合なんてできないから、必然的にフィニッシュを目指した意識で勝ち上がっていく形で、恵まれた体格のドミニクに相対する構図。





 素晴らしい試合の一方、非常にリテラシーの低い発言をしてしまえば「リーチが豊富にあって相手の制空権にまったく乗らないまま全局面を支配してしまう…それってクリチコ兄弟やK-1でのセーム・シュルト的な支配なのでは」などとここまで奇跡的な活躍をしている選手に対して最悪の発想に繋がったりした。

 もしクリチコが、シュルトが王者になった後に、これからの展開を期待された後に長期の欠場をしてしまったならばボクシングファンはむしろコアな部分から評価したのだろうか?クリチコ政権はおわっちゃったけど…アレクサンダー・ウスティノフはどうなった?

 軽量級戦線で最重要になっているスタイルであろうフットワーク&スイッチによる攪乱、これはドミニクとエドガーの二人が印象深いのだが、この二人を比較して語ると言うのはどっかであるのかな?階級違うし関係ないかなちなみにディラショーにはとくにあだ名ないっぽいです。以上、廃墟にて残像を残しながらでした。

スポンサーサイト

兄弟みたいな二人 ワイドマンvsロックホールドは3回くらいやってくれ

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---
E38386E382A3E38386E382A3E382A2E383B3E382ABE382A4E383B3E382A2E38399E383AB.jpg



  廃墟からの妄想です。人生には大切なことがあります。一か月前に書きかけの記事をいまさら上げるのも廃墟ならではです。

ワイドマンvsロックホールド

 この二人はなんだか兄弟みたいに似ている。辿ってきた経歴もいくばくか重なる。

 アンデウソンのほかにライトヘビーから階級を落とした空手家LYOTOが揃うミドル級の魔境を制したのは、アメリカの堅牢なバックグラウンドを持つクリス・ワイドマンだった。MMAの最適解を軽々と破ってしまう決着を幾度も生み出し、長らくこの階級を支配していたアンデウソンの魔術的なオーラを打ち破ったことで、キャリア全勝のままミドル級の王者に辿り付いた。

 ロックホールドはそれよりも早く、一度ストライクフォースにて王者を手にした。そのリーチを生かした、足技を駆使したスタンドでの制空権の取り方でジャカレイの攻め手を封じて勝利し、UFCに移って以降もビクトーにまさかのKO負けを喫するもLYOTOからの鮮烈なサブミッション勝利など印象深い。

 
 ブラジルからの魔術的な部分をほとんど打ち破ってきた、オーソドックスなファイトスタイルの強度の高い二人。おおざっぱに比べるとレスリングとキックのスタイルの対立があれど、根本の意識は近いように思える。アンデウソンもビクトーも競技性の変貌とPEDスキャンダルと共に過ぎ去っていき、ミドル級新時代のトップ戦線に二人が揃ったのを単なる偶然だと捉えるのはつまらない。

 とはいえ、期待していたような内容ではなかったのも確かだ。ワイドマンのパフォーマンスや戦術が混乱していて、3ラウンドに入る頃には口で息をするようになっていた。


 ロンダやアルドの衝撃的な敗戦の前に、ダイレクトリマッチの話がよく上がるのだが、やはりナンセンスだ。だけどオレはワイドマンとロックホールドという年齢も経歴も近しい二人に関してだけは別だ。初回こそ物足りないパフォーマンスというのはJDSとヴェラスケスの初戦を見たってそうだ。もう1度、この二人ばかりはなにかあるのではないかと感じてはいる。



 また廃墟の掃除に戻ります…人生はどうでもよいことばかりなのです。

ドスアンジョスvsマクレガーって奇跡に賭けすぎだよ だが賭ける気持ちはあるよ

Category: 未分類   Tags: ---
201501041820410d0.jpg

 廃墟から予測をしています…

 マクレガーによる、大穴にチップを全てベットするようなふるまいは無謀としか思えなかった。
 
 ところが、単なる勝利どころか誰も想像しなかったロイヤルストレートフラッシュまで引き当てるかのようなアルドからの一撃での勝利によって、マクレガーの価値は瞬間的にけた外れにまで跳ね上がることになった。アルドが語った「俺がキングなら奴はジョーカーだ」という言葉は、今振り返れば予言のように聞こえる。

 結果、数々のネームバリューを挙げたい選手たちが食らいつくかのようにマクレガーの名前を出すようになった。ネイト・ディアズ、フランク・エドガー、そしてキャラの立つ選手が多い中で没個性的な印象だったはずのハファエル・ドス・アンジョスまでもがマクレガーの価値を奪いに来た。

 なぜライト級のトップコンテンダーが彼のネームバリューをぶん捕りに来るのかというのも、減量苦が語られるマクレガーが今後はライト級に変更するのでは…と噂されるのに乗った形かもしれない。また以前にドスアンジョスこうした挑発を残しているのも関係あるのだろう。

 オーディエンス(とか言って日本のオレのTwitter観測範囲というバイアスまみれ)からは体格や競技能力からはエドガーとの試合を臨まれていた。これはオレも断然観たいカードだし、BJペンやメイナードはじめ数々の対照的なライバルと闘ってきたエドガーの現在対照的な相手として、マクレガーはこれ以上ないからだ。

 ところがそんな期待は外れ、もっとも危険な相手ドスアンジョスとの試合がUFC197にて決まった。




 こんなもん無理だ…胴元は何を考えているんだと言うレベルの大穴に賭けたのちにさらに大穴に賭けるレッドゾーンを振り切った博打の連発にクラクラする。しかも試合巧者で階級上のドスアンジョスばかりは、どう考えても勝ち目は見出しにくい。興行的にはキャラの立たないドスアンジョスの名がこれで上がるし、万が一マクレガーが勝てばもう際限がなくなるという博打なのか。

 かつてネームバリューを喰らい合わせようとする階級を超えた試合はあった。アンデウソンvsグリフィンがそうだった。しかしその時はラシャド・エヴァンスにKO負けを喫し、弱点が見えはじめキャリアに影が差し始めた時期のグリフィンが相手だった。アンデウソンは見事にKOを奪い、グリフィンからネームバリューを奪い、P4Pの伝説になっていった。

 ところがドスアンジョスはコンディションが良いかに見えたセローニをなんと瞬く間にKO勝利するほどに、こちらも全盛期に来てる相手だ。こんなの今度こそ無理だ…だがしかし現在のマクレガーにそれでもまだ何かありうるコンディションにあるのも確かだ。

 ガチガチにリスクヘッジしたフォームではなく、身体に力をこめすぎず、相手を釣り出そうとするフォーム。正確な打撃、完全なタイミングに合わせて相手を打ち抜く一撃。それは少しでも何かがズレてしまい、時間が経ち年老いてしまったり、長期に渡り戦線から遠のいてしまったならば生まれないものだ。

 普通に考えればドスアンジョス圧勝で終わりだ。しかし、それでもマクレガー勝利に期待はある。平凡な予想はこれから何百試合とできるけれど、時代状況と競技能力が全盛期に入った選手がここまで立て続けに不利な博打を続けるのはまれだし、この全盛期が終わった時、マクレガーが信じがたいほどに年老いるのは目に見えているからだ。



 こういうときは山本KIDのことを思い出す。K-1やHERO'esで階級上の選手と平然と戦っていた頃、そんな不利だと思われる条件をも覆す勝利を数多く手にした。しかしやはり長期欠場後にはMMAの水準の変化に加え、本人のあのタイミングや正確さは失われ、代わりにタイミングで一撃ムエタイをベースにしたりと制空権を制する意識になったりあたりから、あの奇跡のような一撃は遠のき、それどころか返り討ちで失神させられることさえ見せてしまった。


 大晦日の魔裟斗とのエキシビションでは、正式な試合ではないとはいえただの一発もあの12年前のタイミングを合わせての踏み込んでの打撃が見られなかった。代わりにムエタイ的な制空権での攻め方になっていた。体格もリーチも劣るKIDがそれをやっても追いつめられてしまうだけなのに…奇跡的な全盛期のタイミングを失ったあとというのは、かように残酷だ。

 だからマクレガーが完全に時代のタイミングをつかみ、本人も外野も膨大な掛け金をベットしていく様というのはやっぱ乗っかって観てしまう。どのみち残酷なことになるならこの全盛がどこまでいけんのかって話で。

 以上、廃墟から厚切りジェイソン風でした…

コンディットとローラーによって、ゆるやかに年末の酔いから戻る

Category: MMA   Tags: ---


 廃墟から残影拳を放っています。

 年末年始のお休みが終わりに近づく中、田中路教選手がジョー・ソトに勝利した試合を観て、ようやく心地よい悪夢みたいな年末のRIZINから日常に戻ってきた思いになりましたよ。それにしても有力な日本人選手である田中と石原夜叉坊が並んでいるシーンを観て、なんだかんだで有力な20代の日本人選手はUFCに行ってる事実に思うところあるのでした。パンクラスを主戦場にしてるISAO選手もベラトール行ってましたしね。
 
 対照的に30代を過ぎたDJ.taikiや高谷(もう40近い!)、ウィッキーなど中堅選手や、トップどころのはずの青木などが実力や進退の問題でUFC(またはベラトールでもいい)におらず、RIZINにいるというのはまあなんというか。ものごとというのはよく出来てますね。

ロビー・ローラーvsカーロス・コンディット

 さて新年一発目のチャンピオンシップです。両者とも疑問の判定が尾を引きながらも、実際のところは数々の名勝負や劇的なKO勝利を生んできた選手同士なのです。

 想像を絶する激戦の後半に至るまでには、やはり序盤の制空権の握りあいが大きく関係あったと思います。試合開始当初こそローラーがプレッシャーをかけていたのですがコンディットのカウンターがヒットしたあたりから一転、試合のイニシアチブは逆転します。

 コンディットはローキックとハイキックを多用します。これは多分、KO狙いというよりも動きを抑えることや、意識を散らすことによってローラーの攻め手を潰していると思われます。真にKOを狙ってるのはこうして出足が無くなったローラーが追いつめられる、または無理に出たところにパンチを打ち込むことではないでしょうか。

 実際後半に行くにつれ、かなり追いつめていく。コンディットのラッシュが入ったときにはこれは王座が動くか?と思いました。しかしそれを、前回のマクドナルド戦の時と似たシーンでもあったことを観てるこっちは忘れていたのです。ラウンド終わりまでラッシュをしのぎ、インターバルを経たあとには、ポイントも含め追いつめられたと感じたローラーは前に踏み込むのでした。すでにフィニッシュ直前までの手ごたえを得たコンディットは、もはや制空権を握る意識から変わっています。結果、カーディオを振り絞る壮絶な打撃戦が最後に展開されたのでした。

 ローリーマクドナルド戦に続いて、ローラーの試合が魅力的になってしまうのはなぜでしょう。最初追いつめる、しかし隙を突かれて劣勢、もしかしたらこれKOになるのでは?と後が無いかもというところまで追いつめられます。相手も「これはいける」と制空権を打つ打撃から一転、フィニッシュに意識を変えます。ところがそこでローラーが出てくるので、後半に激戦になる。…のでしょうか。 ローラーがもっと賢くやれれば、と思うのは野暮ですね。結局その人となりがパフォーマンスでもあるのでしょう。

 以上、廃墟からサニーパンチを打ちながらでした… 後は新日本の1.4を観ればいい感じに日常に戻れます。

RIZIN・IZAの舞のMVPは彼女だよ

Category: MMA   Tags: ---
 あけましておめでとうございます。廃墟から日の出を待つ間に軽い書き散らしをしています。

Continue »

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR