オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


RIZINと神の階級の現在

Category: MMA   Tags: ---


 廃墟は心の奥にもあります。

 RIZINはIZAの舞以降、よい評価は聞かない。案の定カードが開催一月前になっているのにかかわらずロクに出てこないなんて昔からの不満も引き継いだままだし、ようやく一個発表されたと思ってたら桜庭&所英男vsヴァンダレイ・シウバ&TBA、しかもグラップリングマッチという意味不明ぶりである。10キロ前後のウェイト差のある桜庭とシウバのライバル関係なんていまからしたら成り立たないめちゃくちゃなものだが、いまだ引っ張っている。

 RIZINは思ったよりも余裕も手札もないのかもしれないなと総じて期待が低くなっている現状なんだけど、それでも唯一RIZINのやりたいことを見つめると、案外面白いところはある。それはやっぱり、トップの榊原氏が常々言ってる「興行には神の階級ヘビー級の成功が必要」というやつだ。

 ヘビー級は競技環境が整備されていくとともに味気なくなる…かどうかははっきりとは言えないのだが、すくなくともUFCではなかなか新鋭が出てこない状況になっているのは確かだし、ボクシングでは長らくクリチコ兄弟が支配的になっていたりする。競技環境が整っている興行格闘技のトップがボクシング(といってもこれも領域によるけど)とMMAくらいしかないから、はっきりとはいえないけれど。大相撲なんかはきりきりのところでスポーツ的な価値基準をずらし続け(あの八百長の有無すら含めてね)、神事とか伝統そのほかなんとやらで神の階級が味気なくなるのを防いでるんだと思う。

 RIZINはヒョードルや桜庭、ヴァンダレイとPRIDE時代の顔をまずフックにしているけれど、当然そんなのは早晩終わってしまうことはわかってるのだろう。で、本当のところはおそらくヘビー級トーナメントから新たに独自の顔役となる選手を立ち上げていきたいんだと思う。

 それで今の手札で一番可能性があると運営側は考えてるんだとおもうのが、石井慧を秒殺したイリー・プロハースカなのだと思う。すでに名のあるキング・モーにトーナメントを優勝されちゃったけど、決勝まで勝ち残ったし一番可能性ある無名という手札になってるんだと思う。今回藤田を当ててメインにしたというのにうんざりしている意見も少なくないのだが、これはたぶん往年の桜庭vsシウバ理論に基づく立ち上げかたなんだろうなあと思ったのだった。

 なんだ桜庭vsシウバ理論ってって話だけど、用は名のあるスターを無名だが強い選手が圧勝することで名声をかっさらっていくみたいなことだ。興行格闘技を普通にやっていて、外国人選手がきっちりキャラとして認識されることはまずない。日本の地上波で放映されるボクシングの世界戦で、相手選手が誰なのかを認識して観れるのはハードなボクシングファンくらいであり、たとえ日本人チャンプが敗戦しことで相手選手が強く認識されるなんてこともなかなかないくらいだしな。

 まあボクシングとMMAでは興行の形態が違うので詮無いことなんだけど、プロハ-スカが今石井と藤田を倒した(あっもう勝つこと前提で話進めちまった!)ことでネームバリューがどれだけ上がるのかなんてのもやっぱり期待できないとはいえ、RIZIN榊原氏が信じていることはうっすら見える気がする。

 神の階級は格闘技全体の現実からしたら、もしかしたら前時代的なのかもしれないが唯一RIZINに可能性があるんだとしたらそこにかかってるんだと思われ、プロハ-スカには思った以上に期待がかけられているのである。廃墟はベーグル製に変わっていくのです…

スポンサーサイト

マクレガーの”fairy tale is over.”がこのでたらめ気味な試合でよかった、のかもしれないね

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ---



 廃墟、それが美しいのはその場所から一切の意味が失われているからです…

コナー・マクレガーvsネイト・ディアズ

 大博打に次ぐ大博打でハファエル・ドス・アンジョスとライト級タイトルマッチが組まれ、UFC運営サイドも含めた興行論への際限なきベットがいよいよ限界を突破しようかと言う時に、ドスアンジョスが怪我で欠場。急遽代役に上がったのはネイト・ディアズだった。しかし階級差はもちろんだがマクレガーがおそらくそこまで経験のないであろう長いリーチの相手であり、現在必殺の打撃を打ち込めるタイミングを保持している全盛期にあると言っていい状態だろうと極めて厳しい相手だ。


 もともとの試合もお互いが12月に試合をしたばかりなのにわずか3カ月でこんな特異なタイトルマッチを組んでること自体が、UFC自体がマクレガーというPEDでおかしくなっているんだと思うが、ある意味で突飛だったタイトルマッチがちょっとしたネタというか余興というかな方向に転じているようでもあった。競技性のみで言えば掛け金は以前つり上がってるけれども、興行に関してはややリミッター破っちゃう瞬間から奇しくも引き返した感じ。

 全盛期に入っている人間は恐れを知らない。さっきも書いたようにリーチも階級も上回る相手に、普通スタンドでまず正されるだろう顎が上がり気味のスタンス(当然顎に喰らえば即刻KO負けである。しかも打撃寄りに相手に対し)で、やや脱力したままクロスレンジに入ってボコボコに血達磨に変えてしまうマクレガーは正直おかしい。いよいよリミッターが際限なくなるか?と思ったところで、ネイトがなんとか階級上の打撃屋の利を生かして止めたので「やっぱり階級が違う闘いで勝つのはこんなんだよ」という凡庸な予測で、でもマクレガー健闘したよねとかいう評価もあって意外にトントンでチップが場に戻ってきた感じ…

 ここで気になってしまうのは、やはり前回、前々回の記事に続いてこの奇跡的な全盛期のターニングポイントになったか否か?ってことだけど、マクレガーがここで下手に慎重になるとかあったら一挙に凡庸になっちゃうし、わからないところだ。(あと今更ながら、ボクシングでずっとマクレガーvsネイト、実現しなかったマクレガーvsドスアンジョスをやったたとも言えるパッキャオは異常だよ。メイウェザーとも真向に闘い判定まで行き着いてるからな。)

 UFCが競技性の最高峰なのに変わりはないんだけども、奇跡的な全盛期に入った人間に運営側までも際限なくベットし続け破綻するまでやっちゃうのはなんというか、PRIDEで桜庭がグレイシー撃破で際限なくなってるときに階級が10キロ差もある(上におそらく当時ならさらにステロイドもやり放題であろう)状態のヴァンダレイ・シウバを当てるみたいなそれをちょっと思い出す。

 日本のメジャー格闘技が基本、スターへの博打のみで成立せざるを得ない現状にうんざりしてきたからこそ、選手層も厚く競技環境もはるかに整っているUFCに感情移入している面があるのだが、ここに来てのマクレガーへの博打はやはり興行を継続させるための現実というか、クレバーなはずのUFC陣営すらも奇跡的な実態にチップを大量に積んでしまう魔力に抗えないというか。アルドはマクレガーの敗戦にすぐさま”your fairy tale is over."(お前のおとぎ話はおしまいだ)と反応したのだが、”fairy tale"という言い回しは気に入った。複数の意味がかかっているかに見えるから。

 エドガーがマクレガー推しの運営に対して「UFCのCはConor McGregorのCかよ」とか言ってたと思うけど、ちょっと前までガチガチの競技的な張り合いをやっていたのにこうした展開におそらくトップファイターの多くもおとぎ話で悪酔いしてる運営に疑問を呈しているのと思う。観客がそれに抗えないのはともかく運営ももやっぱ抗えないよな~という恍惚とげんなりが共存してる興行の現実は選手からしたらまいるなというのはあるのだろうね。


 それにしてもディアズ兄弟はアンデウソンと言いマクレガーと言い、存在値がリミッターを超えて破綻をきたしかねない時にちょっとリセットしてくれるような試合をやってくれるね。スラム育ちのワルが金持ちたちの増長を諫めるって、社会じゃただの犯罪だけど見立てなんでもありな興行格闘技ならいい話だよ。うそだよ。まだ事後のドーピング検査が待ってる。廃墟、それが美しいのはそこに住むこと無く、わずかな時間訪れるからなのです…

それから全盛期を失う時

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ---

 廃墟から山中伸介のモノマネをしています。

アンデウソン・シウバvsマイケル・ビスピン

 全盛期に関して前回から続く話題になる。圧倒的な勝利を重ねるその時期の評価だが、相手の攻め手を潰し制空権を取っていき試合全体を支配するユナニマス・デシジョンよりも特にその発生と終わりがわかりやすいのは、やはり神がかりのようなタイミングで決めてしまう一撃がなくなるときだ。ある時を境にわずかにタイミングがずれ、放たれた一撃は相手を地に沈めることなく試合は継続していく。

  アンデウソンはまさにそうした全盛期が終わった瞬間を観てるかのようだ。ワイドマン戦での骨折を経て、ニック・ディアズ戦で復帰した時点では、比較的制空権を取っていく安全なスタイルを取って調整していたと思う。ところがそこからPED問題が挟まれ、これまでのアンデウソンの業績すら「あれはドーピングが混ざってるんだよな」みたいな目線がしばし入ることになった。

 今まさに全盛期に入り、大穴への博打から博打を続けるコナー・マクレガーの影に隠れるような形で開催された今回のビスピン戦は現在のアンデウソンがどれだけ復調しているのかばかりが気にかかってしまっていた。いま、オレがこうして”復調”という言葉を使った時点で、もう外野側からも何か失われていることをうすうす感じていたのかもしれない。

 過去の勝利体験をどうしても人は繰り返すという。もしかしたら順調に進んでいたときに大きな挫折に遭遇したときにこそ、コンディションの良かったころの感覚を取り戻すようにそれをやってしまうのかもしれない。アンデウソンはあの両手を奇妙に動かす攪乱や、ビクトーを沈めた前蹴りなどなど、全盛期の頃ならフィニッシュのKOに導くムーブ、予想外の一撃として機能していたものが、まさに過去の体験を取り戻そうとあがいているようにしか見えなかった。(実際、試合中にアンデウソンは骨折を思い出して動きが鈍っていたとの発言もあったとか)

 タイミングが失われた代わりにどんどん露骨になっていくのは元来のダーティさである。マウスピースを落としたビスピンがレフェリーにちょっとしたタイムストップを求めている最中に飛び膝、その瞬間ラウンドが終了したのにケージに上って勝利パフォーマンスをしているのを前に「アンデウソンはMMAのメイウェザーだ」という人のことを思い出したりもした。あのビスピンが逆にクリーンに見えていくくらい、今度全盛期を失った人間にどうしても訪れるのは老醜だ。あの輝かしいP4Pの時代が終わり、これからのアンデウソンをはその醜さにどう対処していくのだろうか。人はいずれ廃墟になるのです…

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR