オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


音楽フェスに政治を持ち込むな!なんて話題があるが、格闘技に政治を持ち込むほうがヤバいって

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ---


 廃墟でvaperwaveを聴いています。

 フジロックにSEALD'sの奥田くんが参加したりすることで「音楽に政治をもちこまないでほしい」という反応が出ているようだが、これはたいしたことはない。本質は音楽が政治を持ち込むことよりもポピュラリティがまるで得られていない小物が入り込んでくる違和感だと思う。(それにしても、奥田くんというのは世界的に学生運動や革命が吹き荒れた60年代ならばちゃんとポピュラリティを得て支持されてたのだろうか?2016年のあの手の24歳も、60年代のあの手の24歳もあんまり差は無いと考えているけれど。)

 エンタテイメントに政治が持ち込まれることの悲劇に関しては、むしろ最近では格闘技のほうが危険かもしれない。そう思わされる最近の試合がある。ロシアのEFNで行われた、あのヒョードルとブラジルのベテラン・マルドナドの試合だ。

 この試合結果はヒョードルの能力の衰退という文脈でほとんどが締められているのだが、ところがその背景はそんなもんじゃないようだ。競技能力は衰退していても、積み上げられた名誉は残っている。その名誉が政治目的も絡んだ興行に使われるから、悲惨なことになった、という話がある。

Continue »

スポンサーサイト

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR