オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RIZINでの木村ミノルの緊張

Category: MMA   Tags: ---
「木村ミノル ベネット」の画像検索結果


 複数の場所で異なるジャンルで書き散らしやってますが、多分ここの認識が廃墟レベルになってる気もしています。

 RIZINの地上波を観た。放映された試合では無差別級トーナメントは全部カットされてたんだけども、あらためてやっぱほんとうに旧DSEチームの「他のジャンルで実績を上げて名前が売れてる選手のキャラをもっと立てていく煽り」のパワーって半端じゃない。パッケージとして見てる分には「RENAvs山本美憂」の煽りVから入場、それから試合内容までの一連の面白さはすごいから。こればっかりは旧DSE必勝パターン。

 一方で自前でミルコやヒョードルを生もうと無差別トーナメントを頑張っているとも思われる。が、そこでミルコやシウバをニューカマーに当てるんじゃなくてミルコvsシウバでレジェンド潰し合いになるのはなんとも…

 そんなRIZINだったんだが変に印象が残ってるのは、あの木村ミノルがこれほどまでに緊張していたことだ。セコンドにはシウバがおり、入場も「サンドストーム」。佐々木憂流迦らもついている。しかしコールを受ける時点で目線は揺らぎ、口が開いてるおりびっくりした。試合始まったら固さはほぐれていくのかなーと思ったらゴングとともに飛び膝!そしてカウンターを受けてしまい、そのまま終わってしまった。

 戦略の無策や、アクシデントからの速攻の対応が出来なかったあたりに思うところがあった。ダメージを見るに、あの一撃で身体は伸びておらずフラッシュダウンにあたるダメージと思われ、あれは慣れた選手なら即立ち上がって仕切り直していたはず。単にダウンからすぐ立ち上がるという動作をやったことないから?とかいろいろしょうもないことを思うけれど、いずれにせよそれが出来ないくらい緊張してしまっていたのだと思う。緊張による疲労ってほんとバカにならないから。

 しかし精神状態がいきなり疲労に持っていかれるというのに、陣営がどうなっていたのかもわりと関係はある気もする。セコンド陣を眺めてて木村が普段から信頼をおいてるコーチやトレーナーぽい人物が見られなかったのが気にかかった(しかも尊敬してるというシウバなんて呼んだり。あれは緊張をより深めはしなかったか)。MMA初出場だから専門の人材のみを脇に置いててセコンドになるとも考え難いんだけども。精神状態をニュートラルに置くというのは想像以上に重要なはず。メンタルのコンディションうんぬんの話を突っ込み過ぎると安定を求めすぎてヤバい整体師が暗躍しているとかおっかない話が意外にあるのでこの辺までにしておくけれども。

 RIZIN は他競技で実績挙げた選手がキャラを立たせるイベントだが、木村ミノルがおそらく一番アウェー感でやられているというのが引っかかったのだった。廃墟では過去の亡霊が見える物なのです…そういやチームドラゴンの選手大量離脱と前田憲作K-1プロデューサー辞任はあれは何が起きてるんだ?新日本プロレスを成功のラインに導きつつあるブシロードがキックボクシングにも関わることに関係あるのか。国内総合格闘技イベントはキャラ立たせでキックは分裂するというのは今後も変わらないのか。

 

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。