オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


トニー・ファーガソン、王手へ

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---
「トニー・ファーガソン」の画像検索結果

 廃墟らしくなってきたブログからのお便りです。

 トニー・ファーガソンが前王者のドスアンジョスを下し、かなり長い時間をかけて遂にチャンピオンシップにたどり着こうとしている。当初からボクシングを軸にしたタイトなスタンドの展開を行いながら、唐突に飛び道具のようにサブミッションを繰り出すと言ったファイトスタイルに加え、フィニッシュの多さなどなど十分な試合内容を残しながらもここまで時間がかかったのはどういうことか?ライト級には多彩なファイトスタイルを持ったスター選手が揃っているという優れたバランスの格闘ゲームのキャラクター配置みたいなことになっているなかであぶれてたせいなのか。

 加えてUFCならではのMMAファイターの登竜門プラス、選手としてのパーソナリティを伝えていく意味もあった企画、TUFの優勝者であるにもかかわらず、全然推されていないというのも考えてみれば……フォレスト・グリフィンの優勝以来、ある時期からのTUFのトップってそんなに推されないよね、TJディラショー(優勝ではないけど)くらいじゃない?最近だったら立ち上がりはじめだった軽量級くらいじゃない?ってくらいだし。ファーガソンが優勝したシーズンのTUFもラムジーとかそれなりにキャラの立っている出場選手を、地味に圧倒していったのがずっと尾を引いていたのだろうか。なんにせよランク外でかなりしんどいマッチメイクを組まれながらも、鮮烈な結果を残し続けてきた。

 さすがに今回のファーガソンはより制空権に気を付けた戦いをやってるように思えた。リーチ差やサイズ差で大分押しているかにも思えるが、ドスアンジョスはセラーニとの試合でまったくリーチ差をものともせず、お互いの距離が確定してしまうまえに1RでKOした相手だ。ミドルも多用しながらタイトに距離を測りつつ、突然サブミッションのムーブをぶちかまして均衡をブラしていくあたりのファーガソン印の試合展開も爆発させるくらいには、試合のムードをものにしているのが見えたりした。

 ライト級戦線ではアルバレスにマクレガーが挑むという構図をハイライトにしてる一方で、よくよく考えたらUFCサイドが競技性と興行的価値を両立させようとして始めたTUF出身選手の中でもかなりの優秀株だったはずの選手なのに、なかなかスポットライトが当たらぬままメインで推したいラインの裏街道を進むかのようなマッチメイクをクリアしてきたファーガソン。よもやマクレガーと闘うなんてことになりはしないかな、と思うばかりであった。廃墟のお便りはだいたいサクラが書いているものです…

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR