オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じた時代の虚像と実像を切り分けられるのは、きっとしんどい『1984年のUWF』

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ---
「オープンフィンガーグローブ 修斗」の画像検索結果
 
 総合格闘技という現実が国内にもたらしたものは何が最強かを明らかにすることだけではなかった。そこにいきつくまでに培われたプロレスの虚像がかき消され、実像が明らかにされていくことでもあった。プロレスと格闘技の観点を決定的に変えたイベント・PRIDEがUFCに売却され、格闘技バブルも弾けていく2007年に出版された『1976年のアントニオ猪木』はあらためてなぜプロレスと格闘技は地続きになったのかを明らかにする中で、あの時代の実像がいったいなんだったのかを明らかにしようとした。

 格闘技バブルがはじけようとも、プロレスと格闘技を観るリアリティラインが書き換わったことは変わらない。もうIGFのプロレスに闘いとやらを見出すことは難しい。プロレスが最強をうたって他の格闘技のチャンプを自分のリングに挙げて仕留めることに興行的な熱狂を見出すということもない。ジャンルの区分けが明らかになった現在のリアリティラインから、過去はなんだったのかを新たにする優れたノンフィクションが続々と出てきている。『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』には本当に感銘を受けた

 しかしプロレスと格闘技の虚実を明らかにしていく作業の中でも、UWFの虚実を明らかにしていく作業は遅れてきて知った自分からしてもしんどい作業になることは分かる。「プロレスを本当に格闘技に見せる」という虚像を実像に変える試みを整理することだから。 『1984年のUWF』はMMAが当たり前に存在している現実から振り返って、虚像と実像を切り分けていく。

Continue »

スポンサーサイト

テーマ : プロレス    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。