オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


UFCの寂しい現実路線

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---

 廃墟とは人が離れていくことから始まるものです。さすがにびっくりしたのは堀口恭司のフリーエージェント宣言。オレがアリ・ヴァガウティノフ戦での完封に感動したのもつかの間、UFCは新体制になっていらない階級を削っていく気か?その他にも多数の選手が離れるかもしれないという。あのフランク・エドガーまでも離れる可能性がでてきたとか…

 一方でコナー・マクレガーがなんとフロイド・メイウェザーと対戦するなんて常軌を逸してるニュースが駆け巡っている。オレ個人はマクレガーはもう競技能力以上の鉄火場にチップを置き続ける姿勢が今日まで続いているとは思いもしなかった(しかも、ネイト戦でチップを全額失いかけるようなそぶりから、突如引退宣言とかやりだすブラフも込みで、うまくやるとも)。

 GSPとアンデウソンがトップにいて、競技の拡大のために尽力していた数年前には美しい一人勝ちをしていたUFCが、ほころびをみせはじめているのではないか。というか、市場価値が決まってしまった中堅選手にとってはつらい団体になってしまったことが新体制以降からぽつぽつと語られるようになった。ついにGSPが復帰するかもしれないというニュースも駆け巡っているが、この時勢からは確実に数を取れる選手を戻したがってる感じはあるなと。

 フライ級が先細っていくのは個人的には虚しい。MMAでもっとも身体能力や技術の差だけで見れる階級とも言え、フィジカル差やリーチの差による影響の少ない階級だからだ。軽量級が整備されていったことはMMAのジャンルの前進を示しているし、MMAのテクニカルな側面はこの階級から還元されているのではないかと思う。

 それが縮小するということは、UFCはジャンルの本質を拡張する余裕がどうやらなくなってきており、運営を続ける現実路線に切り替えつつあるということだ。それは寂しいというか、先行して格闘技をプロスポーツとして広めたボクシングの歴史を演繹するなら、WBAからWBC、WBOと分裂してきた経緯なんかに近付いているのかもわからない。ボクシングとMMAでは構造が違うから一概には言えないけど、ここいらでトップアスリートが分散して各地に王者が散らばり、誰がその階級で一番なのか判断のつかない世界に突入していくのではと思う。いまのところUFC以外のベラトール、WSOFなどはUFCからの格落ちが向かう団体という印象は強いけれども、これからはわからなくなるのかもしれない。

スポンサーサイト

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR