オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


8月の光

Category: 格闘周辺時評   Tags: ボクシング  MMA  

廃墟は蒸しております。昔のプロレスや新興の格闘技イベントはボクシングやら柔道やらの社会的に評価の決まっている・ジャンルの確立されている格闘技のチャンピオンやメダリストをなんとか交渉してリングに上げ、そして負かしていくことで食い物にしてきた。その流れはRIZINが山本美憂をMMAに転向させることにみられるように、今も続いている。

国内ではついにプロレスの大興行みたいな価値以上のことにはならなかった。しかし、すくなくとも興行と競技環境のバランスが整ったUFCの土壌からはどうなんだろうか。競技環境が最大の格闘技イベントとはいえ、定期的にジェームストニーだとかをオクタゴンに呼び寄せたりしていたり、それひとつをとって「UFCは競技じゃない」みたいに言うのも一部にはいたようだったが。(ものすごく卑屈で頭のわるいヴィルなんとかってのはまだ生きてるのか 少なくともネットの言説中で絶命していればもんくはなにもない)

コナー・マクレガーとメイウェザーがボクシングでの試合が決定した。これは結局異種格闘技戦イベントの亜種なのだけどその味わいがいくぶんとねじれてる感じをうける。引退を発表したメイウェザーをひっぱりだし、現役のMMAのレインメーカーたるマクレガーが相まみえるというのはこれまでの異種格闘技イベントの構図そのままだ。基本ボクシングやら柔道のトップが一線を退いた段階で、現役の新興格闘技のトップが迎えるというやつ。

しかしここで相手の土壌であるボクシングのルールで向かうということが、なんだか今年最大の異種格闘技戦という意匠をややこしくしてる。マクレガーが類まれな打撃技術にて適正階級よりも上の選手を撃破してきたことを根拠にして、今回のような無茶なマッチメイクにまでたどり着いたあたりがポイントにある。これまでの異種格闘技興行は柔道やボクシングの本物を、本物の技術が使えないルールに挙げて負かすというのが基本なのだけれど、本物の舞台のルールで本物の技術を持つやつと相まみえるのである。歴史を振り返るとプロレス側MMA側のひとがちゃんと相手側の正式なルールで対戦なんてけっこうあるけど、そんな正統な試みは興行的にそれほど評価されたりしてなかったかもな、とも。

ことは格闘技のメインカルチャー(ここでは柔道レスリングボクシング まあプロアマの境界でいうと雑なくくりだけど)をサブカルチャーが食らいにいく構図のねじれ方の話だ。ほとんどの団体はサブカルをなんとか意味づけようとメインの価値をかっぱらって貶めることで興行にするんだけど、UFCはサブをメインにしようとなんとかしているほとんど唯一の団体であり、すでに競技能力的にもトップのそれは、もともとの競技のそれと遜色ないギリギリのところにまで来ている。マクレガーの挑発と競技能力がもたらした現実は、完全にサブからスタートしたMMAがメインカルチャーと闘う構図の新しい形である。




スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR