オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


ロンダWWE転向・プロレスはより残酷に心を折りに来る

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---

d06510f7.jpg

廃墟はいつもまさかあの栄光の場所がこうなるなんてと思わされます。ロンダ・ラウジーがホルムとアマンダと打撃戦で完敗して以降、沈黙したが、なんと次のキャリアがプロレス。自分は正直北尾光司を思い出してしまい大変によくない方向に行っているのではないかと思ってしまった。

Continue »

スポンサーサイト

桜庭の新イベント「QUINTET」と適切に評価される場

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---

20180201-00114303-nksports-000-2-view.jpg

廃墟とは明日迫ってきているものです。桜庭が中心となったグラップリングの興行イベントQUINTET。既存のBJJやエディ・ブラボーのグラップリング大会などと比較してすでにルール設定の違和感が指摘されてるけど、どんどんやったらいいと思う。メジャー興行がぶっ壊れたあとで巌流島であったり、世界的な競技の潮流をあえて無視した別の価値を探るイベントもありだ。いいじゃないですか。(昔競技的なボクシングの潮流を無視したBOX FIGHTなんてイベントもあったのを思い出した。わずか2年で崩壊。)

それよりもここ10年来の桜庭のキャリアを考えるとようやく腑に落ちる場に収まっているのでは。未だに現役や復活を要求されしんどい闘いで耳を切り落としてしまったり、現行のプロレスとは馴染み切れなかったりとどう考えても名声に見合わない仕事をしている違和感は、正直ずっとあった。 

さすがに旧DSE勢もまずいと踏んだか近年ではグラップリングマッチで起用しているが、名勝負と観られたものはまずない。因縁の田村潔司やシウバとのマッチアップを組むが喜んだ観客はあまりいない。かつて「フランクさんとやりたいです」が「船木とやりたいです」と活舌の悪さから聞き間違えられほんとに船木戦が実現したさらにあとに、昨年ついにフランクシャムロック戦が実現したときさすがにもう少し名勝負になるのではとおもっていた。が、なんとスタンドで終始するという想像しがたいひどい内容に終わってしまった。とはいえ無駄ではなく、それも現在の桜庭に適切な立ち位置を用意する意味ではよかったではと思う。

Continue »

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
 
 
検索フォーム