オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


QUINTET・解答編

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ---

kv_exlg.jpg

桜庭を顔役とし、ヒールホールド禁止や膠着を誘発するクローズドガードを禁止、サブミッションオンリーで、組技の異種格闘技、集団対抗戦という同じUFCファイトパスで放映されているpolarisやEBIといったグラップリング大会と比較してすごくカジュアルなイメージを押し出した大会QUINTET。

観終えるとコンセプトが寝技のK-1というのを押し出しているのはいろいろ思うとこあるうまい例えだと感じるばかり。K-1ってテレビ向けのカジュアルなイメージを押し出すために、ムエタイみたいな判定基準でなくてパンチがポイントになりやすいこととかキックボクシングにあるヒジや首相撲を禁止にしているとか、コア過ぎる部分をあえて外すことでパッケージとして面白く感じさせている。

一番うまいなあとおもったのがカジュアルからハードコアのコントラストである。これは本当、往年のメジャー興行にあった作用というか。桜庭を中心とするHALEOチームでほんとに「桜庭vsニュートン」「所vs中村」的な往年の総合格闘技に通用するUWFサブミッションの面白さを見せつつ、柔道チームとの異種格闘技戦を演じながら、大会が進行するごとにBJJ・グラップリングのコアが露出していくのがよい。佐竹を立てつつホーストに敗れることで世界広い強いと感じさせるような感じでpolarisチーム・現行でトップと目されるクレイグ・ジョーンズ(すんません最近知りましたよ)が足関節をばりばり極めていくという。

Continue »

スポンサーサイト

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
 
 
検索フォーム