オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


「引退試合」にて「バレる」・<吉田秀彦編>

Category: プロ格闘技   Tags: ---
吉田選手
 先日引退した吉田秀彦選手は、柔道界より初の「プロ格闘家」としてホイス・グレイシー戦よりデビューしてからずっと、プロの場にて「柔道家としてプロのリングに立つ」という価値と自己像を国保氏と共に構成してきたわけで、後に続く中村和裕や瀧本誠、そして泉浩らのような柔道からの(ここでは石井慧はあえて含まない)、または「オリンピックメダリスト」のような欧州圏の設定する国際的な権威を元に日本でも地位を獲得している転向組のファイター像の基調となっており、また今現在「メダリスト柔道家」という地位と権威をベースに敷いた格闘家の在り方として最大の成功例であると思う。 

 「MMA」という言葉の格闘技ファンへのほぼ完全な浸透と同じくして競技的な見方が普通である今から振り返ればプロのキャリア初期のホイス戦や田村戦など階級差などはどうだったんだとか、MMA初戦がアントニオ猪木の引退試合を務めたこともあるプロレス・MMAの仕事人・ドン・フライという絶妙な人選であったり、当時K-1をはぐれPRIDEの食い物にされ「さたやん」にまで身を落とした悲劇の佐竹雅昭など、やはり「異種格闘技の完全なる実現」が重視されたその当時からなら十分に納得できる代物であるが、今振り返れば吉田秀彦の強さに加えてメダリストの地位と価値を元にしたマネージメントを行った国保尊弘氏によるJ-ROCKラインによる「プロ柔道家」像の構成力というものも非常に大きかったとように見える。こうした実際に闘う選手と売り込み方によるイメージを形成するプロデューサーの強固なラインによるファイター像の構成は猪木-新間ライン、高田-宮戸ライン、ホイス-ホリオンラインだとか、初期K-1におけるアンディフグ(または佐竹雅昭)-石井館長ライン、はたまた「ドラゴンボール」における鳥山明-鳥嶋編集長ラインだとか、「ミスターチルドレン」における桜井和寿-小林武史ラインのような一線級のクラスのものであったとも吉田-国保ラインは評価でき、こうして考えればアクシデントなく世間的に強固な印象を形成している人間というのは本人の強い資質に加えて概ね能力ある仕掛け人が控えているということが調べてみれば多い。(こういうのは一般論だろうが)

 とはいえ「吉田-国保ラインは猪木-新間クラス」みたいな評価には「ちょっと待てよコラ」と疑問符が付く方もここまで読んで多かろうし、打ち込んでるオレからしても「それは・・・」と思っているくらいで、やっぱすでにPRIDE時代の吉田秀彦の時点で「プロの勘違い(しかも矯正されない)」などで乗れてなかった人も多いと思うし、そこんとこに「バレているのだが本人たちが一番バレていないと思っているように見える」という、最後まで「メダリスト柔道家」というイメージを崩(していないと本人たちがおそらく思っている)さずキャリアを重ねてきた人間特有のバレ方が引退試合、引退興行「ASTRA」にて見られたと思う。自分には「ASTRA」という名前でもう、バレていると感じていた。

 一時はヒョードルが引退試合の相手かもと煽りながら、結局中村和裕に落ち着いたというプロセスそのものが「バレているのだが本人たちが一番バレていないと思っているように見える」吉田-国保ラインそのもので、彼らが構成してきた「メダリストプロ柔道家」と言う意味では最後の最後まで完壁だったと言える。
 ASTRAでは藤川ゆりやつんく♂、名倉潤、チャゲアスのASKAという国保氏の人脈から構成された芸能人・著名人によって彩られたあたりに年始の番組の「一流芸能人」を決めるというバラエティの企画のゲームで勝ち残るくらいの芸能人としての格や価値をもそれなりに持つ吉田、というやはり「バレているのだが本人たちが一番バレていないと思っているように見える」演出がなされ、血の匂いすら感じかねないかっただろう高田延彦と田村潔司による運命の精算のごとき、バラしてバラしてそれでもなおバラした高田の「引退試合」とは全く異なる、吉田が試合中に笑顔すら見せるという内容になった。
 
 2009年末のゴタゴタの中で国保氏が戦極代表を解任された中での興行であるから、あるいはもっと引退試合を引き締める相手もいただろうにという感想もあるが、逆に考えてみれば吉田道場勢がほぼ孤立無援になったことによって半ば自主興行となった形のおかげでむしろこれまでの吉田-国保ラインが紡いできたものの全てがさらされた形となったと見え、「メダリストプロ柔道家」というものの真実の光景であるようにも感じた。今後柔道着を着て引退試合を行うという「プロ柔道家」は現れないだろうし、時代状況的にも前エントリでも打ち込んだように競技化が進む現在、「引退試合」を興行とすること自体が少なくなるだろう。これからはもう「バレる」「バレない」という以前の問題として「ファイターとしての実像や印象を構成する」という行為自体がMMAの競技発展化とともに薄れて行くと思う。そういう意味では全ての引退試合というもので「バレる」ものがこぼれ落ちるわけで、吉田秀彦&J-ROCKラインがずっとバレているがバラさないでいたもの、それは一言でいえば「プロを最後まで理解できなかったこと」。これに尽きる。
スポンサーサイト

Comments

バレるバレない論
面白いですね。

吉田の場合は「名倉さ~ん」とか「ガクト~」の時点でバレてた感じもしないでもないですが…

引退記念興行が成り立っているという部分では、プロの格闘技が日本発である象徴のような気もします。
ブログ開設おめでとうございます。
一つ思った事は、本文の字が小さくてツライと感じました。考えながら読む長文だからこそ、大き目のフォントが嬉しいと思いました。

瑣末な話で申し訳ありません。
Re: 紫レガさん バレるバレない論

> 吉田の場合は「名倉さ~ん」とか「ガクト~」の時点でバレてた感じもしないでもないですが…
ほんとに「プロ柔道家」サイドの想定している「プロ」をそういう風に「芸能人の友人がいることをアピールすることで、自身もその格にある」というふうにしたのが吉田選手なのか国保氏なのかわからんですが、ASTRAの別の読み方として、あるいは現役を継続していたら吉田選手のマイクに「美しき市議の藤川さーん!」とか「ハロプロのつんく♂さーん」も、加えられていたのだろう。

Re: はじめまして さん
> ブログ開設おめでとうございます。
うおーありがとうございます!著名なブログ様の所にてなっげーコメント書きがちだったのでスタートさせました。

> 一つ思った事は、本文の字が小さくてツライと感じました。考えながら読む長文だからこそ、大き目のフォントが嬉しいと思いました。
 
オシムジャパン初期コンセプトのごとき「日本人のメンタリティに合わせたトータルフットボールを・・・」のような気分で「デザインと論説の共演」を目指してまず試験的にこのスタイルにしたら、管理者であるオレからして閲覧後に真っ白なOCNの検索画面に移ったらゼブラのような残像がチラついた(笑)見やすく作り替えさせてもらいます。やり過ぎて野合の岡田ジャパンにならん位に。
Re: 887さん
おお、早速フォントが大きくなってるw ありがとうございます。某有名ブログでのご活躍は存じております。僕は見るだけですけど。

しかし、このブログの長文っぷりは凄いかも。新聞記者やライターさんなら首ですよw あっちのコメ欄レベルの平易な文章が好きでした。

勝手ばかり言ってすみませんが、有名ブログのコメンテーターでは別格の切れがあったので期待しています。自己満足風味はいただけませんよぅ。

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR