オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


プロレスラーの悲劇が見る者に転写する、亀裂と悲しみ

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---
 ここのところ全日本・新日本続いた、プロレス界の事件や事故、については、ここで詳しくこの業界にまつわる医療面の問題や、待遇の問題、ライセンスを適応することが単純に興行的な問題一つとっても構造的に無理が出てくる、などの話よりも、自分の心に冷たく刺すのはどんな格闘技よりも、このプロレスから起こった悲劇に関してどうしてこんなに自分は落ち込んでいるのだろうとか、こんなにダメージを受けているなんて、という感情が湧きあがるという事実だ。



 ある意味ではプロレスは、通常のスポーツの世界ではその瞬間瞬間のパフォーマンスが真剣勝負の試合の緊張感の中で、いつ終わるかもわからない煌めきを点で見せるのに対し、全く逆にその選手や人間性の煌めきを永遠の連続性を線にしてるジャンルのようにも思える。もうこれは真剣勝負とかエンターテインメントだからとかじゃなく、あれだけ橋本真也や永田祐志などが格闘技に翻弄された時期があったにも関わらず、ある意味ではその時期さえ込みでプロレス側が格闘技の閃光に対して永遠であることの強さを証明したように映り、それゆえなのかこうしたニュースに触れる時には、そういう純スポーツではほぼ実現し得ない永遠の連続に亀裂が入ることの悲しさを強く感じるのだ。

 スーパーへイト選手、中西学選手、二人とも無事でいて欲しい。

人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR