オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


「魁皇」以前/以後の土俵・シリアスの側に急激に目盛りが振れる大相撲

Category: プロ格闘技   Tags: 大相撲  魁皇    
P1010255.jpg

 例の八百長発覚の騒動から、ニコニコ動画での放映になった技量審査場所を過ぎて、再びNHKでの本放送に戻った大相撲名古屋場所は、何日か見てみたのだが、やはりというか観客は閑散とした状態になっていた。

 が、そんなスキャンダルの余波によって苦境にあろうが、(あんまりハードに見てこなかった側からすると)むしろそっからが面白い瞬間や意味というのが取り組みの中に含まれる。とも見ている。ということで今回は「魁皇以後の大相撲」のエントリ。ぶっちゃけ朝青龍引退よりもある部分においてそれは遥かに象徴的な出来事と感じた。




 2011年度というのは表層的なインパクト以上に、この国の歴史というか、構造的な部分にアプローチしてくる出来事がじわじわ効いてくるっていうのがいくつも見られるというのが、今の気分ではある。

 それで、日本のプロレスからK-1・PRIDEに至るまであらゆる格闘技興行のコアのところにあると思われる大相撲の凋落というのは正直かなりのトピックスであり、単純な近年の大相撲協会の不備が目立つ中での発覚とはいえ格闘技のタブーの王道(なんだそれ・笑)たる八百長論がそこかしこでなされたが、結局そのあたりの構造的な問題に関しては八百長が携帯メールにて発覚した力士の大量解雇や技量審査場所なんかを挟んで再びNHKに戻ってきている現在、雑な禊によってないがしろにされたかのように、表面上では見える。

 しかし、このあたりの、韓国の相撲・シルムのように近代スポーツ化という選択を取らなかった、文化であり格闘技である国技たる大相撲というジャンルならでは今回の問題のすれすれのグレーゾーンを、魁皇が丸ごと抱えて土俵から去って行った、みたいに見えた。



 魁皇はこの大相撲八百長問題において槍玉に上げられがちではあったが、今場所、千代の富士の大記録を塗り替えてからの引退劇、という流れから感じるのは、「やっぱ黒ではないのか?」みたいな判断のつまらなさではなく、もう少し細かい大相撲の単なる勝負論だとか興行論だとかに留まらない、特有の気配みたいなもんがあったと思う。

 そもそもの「真剣勝負」「八百長」みたいな判断の良し悪しの判断基準は近代が成立するにおいての西洋のスポーツの視点が入ってのものというのはよく言われてきているが、遥かに「真剣勝負」「ガチ」「世界最強」とかなんとか言ってスポーツに振ろうとしている新興格闘技群にしても今だ決着のついていない問題ながら、大相撲というのは「国技」という言葉に代表される多数の庇護によってこのあたりの判定から逃れ続けている凄まじいジャンルとも言える。というのは、繰り返し語られてきた話だ。

 自分はこの「大相撲」にとってのスポーツ化という意味で歴史を比較したいのが韓国のシルムであって、何故一方は近代スポーツに振り切り一方は文化の領域を保つに至っているのか?の差というのが、日韓の文化の意識の比較も込みで気にかかるし、アジア圏にとっての近代化のモデルとしての欧州ということでのスポーツ、という意味を逆説的に理解するポイントがあるとも思う。


↑チェ・ホンマンを生み出した韓国の相撲、シルム(WIKI)。日本の大相撲が近代スポーツ化した姿の仮説。


 話が脱線ギリギリになってきたんで戻すと、魁皇の歴代最高の通算1047勝を取っての引退というのは、もう少し緩やかな気配の相撲、たびたび噴出する八百長論への反論としての、「人情相撲」の逸話の直系みたいに自分なんかは捉えもしたんだが、もうとっくにイラついている世間側からすると「魁皇のこの成績もどこまでが本当なのやら」みたいな近代スポーツ側の視点に疑いも無く皮肉に見つめているのであった。

 しかしこうした気配もあった相撲というのも魁皇が引退することによって、ただでさえ「場」としてのパワーが崩れてる中でさらにシリアスの側に振り切ることになるなと思い、近年にない切実さっていうのが今後の大相撲には現れていくんじゃねえのかな、というのが、技量審査場所を越えて再びNHKに帰還した相撲中継にて、なにやら喉輪や張り手による立ち合いが増加しているかに見える中で思い(これは例の骨法・堀部正史さんの「相撲はガチなら打撃格闘技になる」の説の影響あるかも・笑)、魁皇引退というのはここまでの事態になるまで緩まってしまった大相撲がもう一度切実に失地回復を狙う一つの区切りのように感じ、実はここからの大相撲は例の「闘い」って意味では面白くなる可能性を孕んでいると思っている。

 もちろん、大相撲の持っているそもそもの構造や成立によって近代スポーツ的な裁定による、厳密な真剣勝負と八百長の判断というのはほぼ無い以上、現代の価値観からすれば根本的な部分に変化は無いと思われ、そうした価値観の中で近代以前の価値観を基盤にしている大相撲が大相撲であろうとする以上、現代社会との摩擦によって今後も何らかの形で八百長問題は噴出すると思われる。

 ただ、各時代によってそれが起きた時に提示される問題は「八百長」をフックにしているがそこに至るまでの問題こそが真に重要だと思われ、この2011年という時代に起きた「八百長問題」は相撲というジャンルが完全に形骸化した末にジャンルを守る機関が緩み切った末に陥ったゆえに起きた問題である、なんてまるで大相撲の私生児としての日本プロレスの凋落と似通った構図とも思えるが、プロレスはもうエンタメ(新日本)&キッチュ(DDT)&ビザールに振り切っちゃった感があるが、曾祖父の大相撲はこうして崩れた状況に対してもっともっとシリアスになっていると思う。それが魁皇以後の大相撲の世界というか。



 そして名古屋場所、このエントリが書かれた時点で無敗を守っている大関・日馬富士は自分が見立てるに今最もそうした大相撲というジャンルが陥ってるシリアスさに反応しているかに見え、単純にあんま大相撲見てない側でも断トツで「取り組みが面白い!」という一点においてお勧めできる気迫と内容を持っているのであった。(なんかDREAMでいうところの所英男・中村大介というかK-1でいうとこのマヌーフのようなハズレなさというか。優勝ガンバレ超ガンバレ)


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR