オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


ベイコク・ベースの河豚が嫌いなら北岡が嫌いならサイババが嫌いなら勝手にしやがれ

Category: 格闘周辺時評   Tags: UFC  MMA  ストライクフォース    
P1010275.jpg 

ここ最近あったことのトリロジー的エントトリロジー的エントリ リUFCついに日本上陸ストライクフォースあれこれ泣ける試合ここここ最近あったことのトリロジー的エントリ 最近あったことのトトリロジー的エントリ リロジー的エントリ




UFCついに日本上陸UFCつUFCついに日本上陸いUFCついに日本上陸に日UFCつUFCついに日本上まな陸いに日UFCついにみ日本上陸本上陸本UFO上陸

 っつーわけで、ここんとこの最大のニュースといえばこれだろう。大会やカードの概要が続報から明らかになってきたらまたそっからひとエントリ立てて見立てていく予定だが、やっぱ思ったのは「これが日本にとってのMMAの認識の再インストールの機会になる(かどうか?)」という、曖昧で申し訳ないがそんな所。

 総合格闘技とMMA(混合格闘技という洗練によってさい)は違う。みたいなことを最近考えていたが、「現在のUFCによる格闘技のフォルムが日本人に通じるかどうか?」みたいなありがちな危惧よりも、個人的にはK-1、PRIDEというイベントではなくほとんど別のスポーツが輸入されてくるという意味の方が強く、大会開催は無論待望していたがこれだけで劇的に状況が変わるとは考えにくいが まずはUFCの日本支部みたいなものが設立され、そこがとりあえずは競技力の意味でも選手の収入的な意味でも頂点に設定される、ということの契機になれば、もう修斗まで混乱しつつあるというサードワールド感漂う現状の日本MMAのせめてもの処方になるのか?というか。
 こういうことは去年から考えていて「UFCが日本に支部を作りそっからアジアに展開してく米国基地式展開っつう仮説」がこのブログタイトルになったりしてんだが(笑)どーも細かく考えてくと市場の関係なんか見ても簡単にそうなるもんじゃねえなあと。UFCがブラジルに支社設立とか鉱脈がある国ってのは限られてそう。

 「日本のMMAの再インストール」みたいな視点で考えてると、噂される「ジョン・ジョーンズVSラシャド・エヴァンス」が日本にて実現か。というカードから漂う、かつての日本で行われた「マイク・タイソンVSジェームス・ダグラス」が含んでいた様々な要素が生まれ変わった形のように思え、まだ公式な発表もないしそうなるかわからないが、ここでもかつてのボクシングが持っていたポテンシャルの再生というか、やっぱ現状のMMAは失われた現代ボクシングの片割れとも言うべき部分をフォローしてると見るべきか。って「再インストール」の話になってねーのでこれはまた後日、日本大会の続報が出た時まで持ち越しで。


ストライクフォースあれこれストライクフォースあれこストラストライクフォースあれこれイクストストライクラストライクウィフォースあれこれクフォースあれチこれライクフォースあれこれフォースあライクウィフォれこライクウラフォースイフォースをクウィフォフォースを信じろィフォれれライチ

 UFCに買収されて以降のストライクフォースは、団体の運命同様に昔までの価値を持っていた選手が暴落していくプロセスを、ヒョードルを看板としPRIDEからの方法を踏襲したと思われるトーナメントによって実現させてしまった、という空気が強い。

 もうコイツが優勝だろうとか思ってたアントニオ・シウバがまさかのKO負けとかどーいうことだよやっぱアリスターから相手変わっちゃってモチベーションに穴空いちゃったのかよー誰だよダニエル・コーミアーってよおホットドック売りがゴリラ倒すとかちょっとしたドリフ的光景にしか見えねーよーやっぱ秋山VSリーベンとか対戦相手変更でやる側としてはキッツイ精神なのかー?

 とか何とか次々と価値が暴落してく感(それもまた真剣勝負の格闘技の醍醐味といえばそりゃそうだが、大元の大会の在り方に被るから尚更っていう)が強いとか思いながらこのコーミアーという選手、 調べ直してみると、なんと数多くの試合をグラウンドに持ち込み、チョークで仕留める能力の高いジェフ・モンソンに勝利しており、しかも現在まで9連勝で判定は先のモンソン戦含め2つのみ。というなんとも優れた結果を出しており、しかもレスリングのオリンピックチームに所属しており、伝説(といっていいか)のアメリカのレスリング団体、本気でアマレスルールのままプロスポーツにするという「RPW(リアル・プロレスリング)」にてチャンピオンになっていた、という経歴の持ち主で、振り返るとグランプリ出場選手中かなり組み技や身体能力の高い選手であり、会場外でホットドックとか売ってるオッサンが罰ゲームでケージに入れられたようにしか見えなかったレベルをはるかに超越してるおっそろしい選手だったのだ!

 これはグランプリ以前に試合間が開いてしまっていたことが危惧されていたジョシュの相手としてはかなり手強い相手であることは確実で、ドリフのコントかと思いきやアントニオシウバ戦は実質、決勝だったかも分からないくらいのものであったようで、特にジョシュの倒してきた相手はロジャース、ハリトーノフと組み技・寝技に難ありの選手らであって、現行のMMAを跋扈している高いレベルで結果を出したレスリング出身の身体能力の高い、一通りの防御技術を習得しているファイター、と闘うのが何と決勝、ということになり、これはコーミアー優勝の可能性、かなり高いぞと思わざるを得なかった。

 ともかく柔術でもキャッチ・レスリングでもなんでも組み技~寝技主体の選手らが見事なまでに攻略され、敗退していくというのを同大会でのホジャーがキング・モーにKO負けを喫することや、ジャカレイが26歳のルーク・ロックホールドに完全にリーチ差を生かされた距離を作られて完封されている結果が出ている現状、コーミアーもそのレスリングのキャリアをはじめモンソン、シウバと撃破していることからも現行のMMAのトレーニングで展開されているだろう組まれ無いようにする・寝技に持ち込まれてもすぐに立つという防御技術を高いレベルで習得していることが想像出来、ジョシュのスタンド能力(ボクシング的にも、ジョジョの奇妙な冒険的勘の良さ的にも)が勝敗を分けそうだ。

 それにしてもジャカレイに勝ってるルーク・ロックホールドという選手、ここはあんまわかってないが組み技主体の選手相手に良くもあれだけ蹴り技出せるなあなんて思ってしまった。一通りの防御技術を習得した上での立ち技の洗練ってのが現行MMAにて見られる光景でジョセ・アルドやドミニク・クルーズあたりが実践してると思うんだけど、防御技術の洗練の中で逆説的に今後のMMAではスタンドの技術がさらなる進化を遂げるのか、はたまた再び柔術系統が現行のMMAに適応した闘いにアジャストできるのか(ブラジルのチャールズ・オリヴェイラ選手などがかなり頑張っているが)、という風に、技術論的なレベルに置いて、他スポーツの技術研鑽のレベルのように、最低限の基礎的な防御技術のメソッドがある中で、時代によって有効戦術のトレンドが変わる。というレベルに来ているかどうか。くらいにまでMMAは来ているのか?なんてことを思うのであった

泣ける試合泣ける試合泣ける試合<泣ける試合泣ける試合泣け泣け泣け泣ける試合る試合る試合る泣ける試合泣ける試合試泣泣ける試合泣ける試泣「ツマブキクン ガ オキタトコロ デ ナミダガ」ける泣ける試合試合合「ハリポタ サイゴダッテ オモウト ナイチャイマシタ」け泣ける試合る試泣ける試合泣ける試合合合泣ける試合

 不覚にも見ていて泣いてしまった試合。それは誰にでもあると思う。

①「アンドレイ・アルロフスキーVS本来ライトヘビー級、あるいはミドルくらいまで落とせそうな小さいスキンヘッド」(ProElite ・判定でアルロフの勝利)

 プロエリートの復活興行ということでこれはアルロフスキーに軽快にKOなりしてもらって興行を締めてもらいましょうという意図が対戦相手を見ても絶対にあっただろうこの試合、1R早々に確かに期待通りになるかのようにアルロフがすぐにマウント取るんだが、そっから先がKOも出来ず一本も取れないままというグダグダの展開で、それどころか中途半端な動きでマウントから逃げられバックを取られるという始末。

 ヒョードル敗戦以降のアルロフが急速に没落していっているというのは何も昨日今日の意見ではないにせよ、全盛期ならば容易に1Rで仕留められるであろう(というか明らかに1階級下ですらある)相手に対してこの有様は、半端ない悲しさ。UFC元ヘビーの王者の没落もティム・シルビアVSレイ・マーサーのようにネタにも出来ないから余計に辛い。オレは夕日の中、軍隊の新軍によって崩れ落ちる遺跡の光景を思い起こして泣いた。

②「桜井隆多VS柴田勝頼」(DEEP・桜井TKO勝利)

 「プロレスラーの総合格闘技での闘い」。それはプロレスファンサイドからすると「プロレス最強の証明」という、どこかでロジックがずれたものへの感情移入(全ての感情移入先には多かれ少なかれのロジックのズレが存在する 感情移入する行為自体がロジックと確実に相対してしまうのだ。全ての感情的な事象は全てのロジックの破綻が存在している。フジへのデモ、最近の失言をマスコミに誘発されての大臣の辞意などなど)か、あるいは格闘家たちのプロ興行として盛り上げる意思の薄いことに対しての当てつけで持ち上げるかという反応が主に見られる。

 しかし、今回の佐伯氏が「噛み合う試合になるだろう」と温めてたという桜井隆多戦での柴田勝頼は、これはもう「プロレスラーなら出せる格闘家では出せない華」も「絶対に負けない意思」も完璧に無くなっており、そもそもの桜井隆多と向かい合った時の両者の対比からして、どう見てもMMAファイターとしてハッキリと生きている桜井隆多の方が一見だったら「プロレスラー」と言われたら即信じられそうで、柴田の裸足に黒パンの身なりが異常なほど半端で、原点回帰なのかなんなのかはっきりせず、DEEPではレガースの着用も認められてるんだしビッグマウスラウド期の気持ちを取り戻す、とかならそれもできただろうとかいらない心配するほどに、カッコ悪かった。

 それにしても桜庭選手はじめ、ラフター7は一体なにを指導しているのだろうか?もう1R終わりで例によってマウント取られた状態で、アームロックを掛けられタップしたところさえ見せてタイムアウトの光景の「プロレスラーとしての意地」みたいのさえ無くなっている悲しさ、いま芸人のヒロシとか見た時以上の気持ちになるが、組みの防御の技術とか倒されてもすぐに立つという防御技術の習得とかどうしているんだろうか?オレは「どーもくんの着ぐるみ試着待ち 8時間待ち」の行列の光景を想像して泣いた。

 この試合に限らず燦々たる試合結果を前に、母性的なプロレスファンのように、冷たい格闘技ファンのよう「プロレス界に戻れ」と言えるほど優しくもなく冷たくもないくらいに柴田に感情移入している(ロジックのズレてる)自分にはここはやっぱ格闘技のリングでやはり勝利出来るようにしてほしい。以前ツイッターでも書いたけど柴田はシュートボクシングのリングに上がってはどうだろうか?とりあえず立ち技主体で、時にスープレックスも繰り出せるみたいな資質的に、キャリアを再生するなら是非ともMMAでもなく、キックでもない非常に良い落とし所として、全盛期と思われるビッグマウスラウド期に回帰したモチベーションを実現する意味でもそっち行ったらなあ、と思う。そんで仮に出場できたのならコスチュームもプロレスラー期のものを確か取り揃えられるはずだし。シュートボクシングも発生した時UWF陣営との関係もあってかレガースありの立ち技格闘技、であるし、前田・船木と関わって強いプロレスラー像に向かうならかなり肌に合うはずだと思うのだがどうだろうか?

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR