オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


立ち技の価値が見えるグーカン・サキ問題

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: バダ・ハリ  グーカン・サキ  立ち技  K-1  
P1010412.jpg

 先日のショウタイム、バダハリのキック引退試合とその鮮やかな結果にほとんどの話題が持っていかれていることだろうと思うが、オレが見るに同大会は後発的な形ではあるが悲惨な印象を残すものだった。

 というのも、実のところバダ・ハリ以外でもかなりの立ち技の選手からボクシングやMMAなどジャンルの転向の話を伝え聞くことで、同大会出場のタイロン・スポーンから当のバダの引退試合を務めたグーカン・サキなどからそういうニュースや可能性があったし、気がつけばIGFに行ったバンナやアーツ、ボクシングに行った京太郎などK-1にギリギリまで参戦していた主要選手のほとんどが今後の進路があやふやになっているのである。

 こうした現在の立ち技の悲惨さを一挙に引き受けてしまっている、と感じさせるのがグーカン・サキの目を覆うまでの負け方だった。


 今更ながら、バダとの凄まじいリーチ差、体格差を見るに、サキは本当によく無差別級のクラスで闘ってきたなと思う。あれで制空権を握るジャブやミドルを打たれれば攻め込むのは容易ではないし、またフットワークやボディワークなどの動きの多彩さや柔らかさ、踏みこみの早さで闘っていくような戦型も洗練されておらず、完敗と言っていいと思う。

 しかしオレが今回のエントリの表題みたいなことを思うのも、階級差問題はもうずっと言われてきたことではあるにしても、サキもボクシング転向がささやかれたりMMAの練習をしているとか去年からしばしば噂されていたの、序盤に綺麗に両脇指してクリンチして、小内刈りみたいな形でバダを倒したあたりで思い出したからで、実のところバダvsサキというのもよく見ると完全に立ち技を捨てる人間とこれからどうするのかあやふや印象がある人間の闘いでもあったように見えた。

 そういう意味であのリーチ・体格差で綺麗にガードの下からのアッパーを受けて敗退した結果と言うのはそう言えばボクシングの防御技術としてあれはどうなんだろう、などと思ってしまい、サキもボクシング転向の話とかあったというが実際のところそれもどうなったのだろう、などと続く。

 
 まあ当たり前で切ない話なんだけどプロ格闘技の選手もどうやって食っていくのかで大体進路が決まっているというのは見えるわけで、青木やエディ・アルバレスがUFCに行かないのも実際のところ実力の問題の前にそういう生活や評価の面で大体理解は出来るが、しかし立ち技関連でこうも転向の話が相次ぐのも、名誉と報酬とそれを得るための技術の進化によって回るだろうジャンルの成長率がかなり悪い状態になっているには違いなく、同大会で一切立ち技のポジションからぶれていないのはダニエル・ギタくらいしかいないのではないか。大体サキの進退から競技能力に至るその背景の中に、現在の立ち技の名誉や報酬と言った問題が集約されているように感じさせられるきつい試合だった。


 数々の不祥事を実生活でもリングの上でも起こしたあのバダが、善良な選手がよくやる敗者のサキの腕を掲げるパフォーマンスを行っているのを見て、もうキックボクシングに、K-1に後腐れはないのだと見えた。あれは別れ相手に手切れ金を渡すかみたいな空気を思い起こさせ、それがバダが下した現在の立ち技の価値のように映った。


格闘技 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

テスト
(。・ω・)ノ゙ コンチャ
Re: Samurai様
(。EωA)ノ゙ ハイ コメント トオリマシタ!
あーやっぱスタイルシートは最新式に変えていかないとひっかかってしまうのでしょうか
偉そうに。。。
お前何様だよ。。。
Re: ぴのコノヤロー
コメントありがとうございますだよコノヤロー!
せっかくムカついたならこういう立ち技の存在意義問うエントリだし
「これこれこういうとこに反論したい」と具体的なことも書けよバカヤロー!
虚しくならないのかタココラー!

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR