オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


パックマン敗退延期

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: ボクシング  パッキャオ  ブラッドリー  
green_Rubik_phantom.jpg

<<マニー・パッキャオvsティモシー・ブラッドリー 見立ての格闘観戦記録>>




 ともかく現代の興行格闘技の中・軽量級の先端にいる選手というのはジャンルに関わらず基礎技術の上に多彩なフットワーク・ボディワークに優れた選手ばかりであるのを見ていて、両者ともにそのレベルの選手の試合ならば凄まじい処理速度で試合が起動しているのにびっくりする一方で、同時にフルラウンドでその戦略とスタイルを完遂させるために使われる集中力とスタミナというのが局面において左右するのだろうななんて思う。

 そしてそれは選手本人の名誉と報酬によるモチベーションうんぬんから加齢による体力の低下、キャリアを重ねることによる肉体的な疲労度などによって変動するのだと想像される。


 俗に絶対王者というのを見ていく面白さというのは、大抵の人間ならば安手の名誉と報酬を得た段階で(それは地方大会で優勝する程度からUFC王者になるのに至るまで)簡単に生命線であろう、勝つために戦略を実行していく集中力とスタミナといった地力の部分みたいなものを向上させていくためのモチベーションというのが一気に無くなっていっちゃうことで、これは格闘技に関わらずどんなジャンルでもそうかもしれないが上に行くために駆け上がってる所までは面白かったのに、トップを一時取ったあたりから迷走しはじめちゃったというもの。皆様でも数限りないほど思い当たるだろう。

 トップへの名誉と報酬を目指すまでに支払う莫大なパワーとモチベーションを保ち、勝ち抜ける選手さえ珍しいなかで、いまさらなんだけど長らくトップに居続けるアンデウソンなどのクラスは異様だ。(これ格闘技のジャンルごとに色々異なるとは思うが)トップを取るという誰もが目指すの勝利を手にしてさらに勝ち続ける彼らの精神は如何に。




 まず以上のような感じを、後半ラウンドに明らかに動きが落ちていったパッキャオから思った一方、興行で言ったらボクシング界最大のカードたるパッキャオをそう簡単に手放したくはないだろうし、これはブラッドリーとの再戦を年内のビッグマッチに持っていく予定があるのだろうと見える。ちょっとブログの拳論さんとこのコメント見てたら「パッキャオでもっと儲けようとするためにリマッチで繋ぐよう仕組んだ判定だろう」なんて根も葉もない相当な邪推もあったりするんだけど。賛同しないけど心象的にはわからなくもない。

 しかしパッキャオ以降のボクシング界にて技術面や実績をベースに、PPVを売り上げるほどの次代のスターになりえる選手が今のところ誰になるのか見当もつかない。リマッチが決定したとして、ブラッドリーがもう一度勝ったら名前上がんのかなあとか思ってたら塩試合研究界という魔境にハマりこんだ地獄のブログ認定の選手扱いだったり、なんかこの視点での話を続けてくと「ワンピースが終わった後のジャンプはどうなるのか」といった議論に近い気がしてきた。そりゃあ連載も長期化させますよ!


 まあオレはシェーン・モズリーを破ったサウル・アルバレスがこれから市場価値を高めていくかなあと見ているんだけど、ともかく興行的にも試合内容的にも、そしてパッキャオの経歴的にもこれはまだはっきりと敗退というにはどうにもアメリカPPVボクシングの次のヒット選手を模索する意味でも過渡期に入り始めた感じを受け、どうにも盛り上がり辛かったろうこのマッチメイクで、真の決着の興行をおそらく行うんだと思う。ゆえに、この試合結果は様々なレベルでの結末を延期させた印象が強い。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

<<マニー・パッキャオvsティモシー・ブラッドリー 見立ての格闘観戦記録>>

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR