オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


オリンピック開幕!あるいは競技格闘技の最大の大会

Category: 欧州構造体系   Tags: ロンドン五輪  競技格闘技  柔道  ボクシング  レスリング  テコンドー  フェンシング  
 


 さあロンドンオリンピック開幕!!ってことで、普段いろいろな興行格闘技を見てる中で、よく競技性とか競技理念がどうのとか目にするわけだけれど、そんなガチガチの格闘技頭でのオリンピックというのはこれこそが世界最大の「競技格闘技」を実現し、そして大勢の人々に披露している最大の大会であるように見える。その視点でさて柔道は、レスリングは、ボクシングは、テコンドーは、フェンシングは果たしてどう見えるのかなーと思いつつ、格闘技にとっての競技性の振り切ったものとしてオリンピックを見る、みたいな。もちろん各競技によるけれど。


 普段からUFCからボクシングまで、様々なプロの「興行格闘技」を見ていて共通するのは「格闘技には極めて厳密な勝敗を決定するポイント制度などの判定基準は本質的なところで決闘でどちらが強いのかを見せ物にする興行性との矛盾を起こしたり、また競技性や選手の正当性を非営利で監査していくFIFAみたいな機構・団体が無い」ということで、興行格闘技での他スポーツ的な、普遍的な判定のある競技性への言及は、ジャンルの本質論に関わるものになるので、本当にどんな人にでも伝わるような普遍的なレベルでの実現や批評というのはとても難しい。


 にもかかわらず困難なこの問題は、見る側の人間の生理的な趣味嗜好によって「競技」という説得力あふれる言葉を錦の旗にして、ちょっとスターやショーなどの興行的なフックに寄りすぎたものを否定することを正当化することで参入していくことが多く(PRIDEファンがモンスター路線に行ったK-1を叩いてたような。PRIDEは競技であいつらがショー。みたいなレベル。もっと遡ってUWFが格闘技で本物でプロレスがウソみたいな) 今まで見てきた中でのほとんどの興行格闘技に「競技性」を求める言説は、基本ここ止まりで本質論に行けない。もう本当にこの問題の本質論に切り込み、普遍的な真理を探ろうとしたのは「ジャッジを考えれば競技が見える」くらいしか今のところ知らない。

 ここまで書いててもう既に始まって数日経過しちゃってたんだがまあともかく、MMA視点からならば今でもオリンピックのトップアスリートは転向後もすぐさま実績とネーム共に期待できる選手と言う側面もある。まあ今の時代では取り巻く構図から言ってもアメリカ人限定の話になっているけど、シャードッグのオリンピックとMMAを取り扱った記事(英語)なんか見てても、もう柔道銅メダルで現ストライクフォースチャンピオンのロンダ・ラウジーに次ぐ選手になるんじゃなかとか女子柔道家・ケーラ・ハリスン選手が評価されてることに期待を抱かされ、またMMAのジムとも交流している選手も多々居るという。しかしここで取り上げられている有望選手ってレスリング選手が多いわけで、改めてUFCを生みはしても形作っていったのはグレイシー以上にそれが遥かに強いとか思ってしまう。

 ということでしばらくはオリンピック関連の記事になるかと思う。「競技となった格闘技とは~」とか書きながらもういきなり柔道で海老沼選手が出くわしたとんでもない判定の混乱などなど、やっぱ競技によって違ってくるものあるけど、この辺をいじりつつ見ていく予定。大会の日程の中でUFCもあるしでこのあたりを比較したりしながら眺めていく。 

  

スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR