オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の(ある)格闘技の10月

Category: 格闘周辺時評   Tags: リングス  プロレス  MMA  
P1010540.jpg

 そういえばこのブログのタイトル&コンセプトを書いてるオレがすっかり忘れてた!えーっと「オウシュウ・ベイコク・ベース」は北米UFCの価値に覆われる中で日本はどうなっていくのか― ってコンセプトで、欧州(グローリー・K-1)と米国(UFCなど)にイニシアチブを取られた形の日本はどう変動していくのか?を見取るものだったんだが、ここのところの日本のMMAは完全に無視してた!

 ということで日本の興行格闘技のここのところを簡単に眺めてみたが、面白いことに北米MMAの価値と別個の部分を求めている興行というのが見つかり、「MMAは一つのスポーツ」みたいなレベルで捉えたくない心象というが、やはりあるのだと思う。

<<リングスはやっぱり日本最後のプロレス・格闘技団体>>
<<早い段階で魅力的な選手だったらもっと話題になってるグラバカ菊田興行>>

<<リングスはやっぱり日本最後のプロレス・格闘技団体>>

 ヴォルグ・ハンの引退試合がなんと船木誠勝というのを聞いて、かつて紙プロだったかで「リングスは最後のプロレス団体。日本のプロレスの歴史を10年間に凝縮させた」というのを思い出した。

 リングスはこれでかつての時代を決算させるかのようなマッチメイクに加えて、アウトサイダー上がりの不良から、すでに大山峻護を撃破する選手(また絶妙な実力判定のラインだが)も出した中東やロシアのレスリングの強豪などをMMAに挙げていくなんていう形になっており、実にこのカオスを生み出している点で過去のリングスの印象を再生させつつあるのか否か?は、かつてをリアルタイムには見ていないオレにはわからない。
 
 それにしても日本のMMAの魅力とは何か?っていうのは現行の北米MMAに価値が集約されている現在、DREAMなどメジャー団体が活動停止に陥っている中でいよいよ誰も問わなくなっていけれど、しかし北米MMAの価値を別なものとして成立させているリングスは、まさしく日本独特の最後のプロレス・格闘技団体だと思わせる。賞賛も揶揄も合わせた意味で、それは日本でしか成立していない一つ、という感じ。

 今格闘技を取り巻く言説(つまりは、どういう視点や欲求でジャンルを捉えているかだ)を眺めているに、MMAはもう完全に一つのスポーツであって最前線であるUFCで勝てるようにすべき、みたいな視点ならばリングスの内容というのはその競技性の意識から以上のマッチメイクなど前田日明の盆栽みたいなレベルでしかない、と思うだろうし、オレみたいにMMAのスポーツ化というのは数ある解の一つにしか過ぎない(無論その解が圧倒的なのだが)くらいに捉えてる側で、こうしたカオスこそ魅力と考えている側なら、これこそが最後のジャパニーズMMAという風に映る。

 
<<早い段階で魅力的な選手だったらもっと話題になってるグラバカ菊田興行>>

菊田早苗、グローブ無しルールで桜木裕司と対戦:10.27 有明

 そして日本の格闘技で早い段階で勝利第一でリスクを取らない闘いを編み出し、高い勝率を上げていた集団グラバカなのだが、上のリンク先の菊田の発言など見る限り、実際のところもっとも影響を受けたのはやはりまだ「MMA」と呼ばれる以前の魑魅魍魎の世界の頃の血なまぐさい時代のもので、「やりたいことをやる」というのがその時代のものというのも意外と言えば意外。

 菊田興行は前回もUインター時代に何かこじれた関係のあった山本喧一との試合をメインにしていたりと、単なる試合以上の価値を求めた個人の箱庭を作り上げようとしていて、本人も言ってることだがキャリア終盤に入って時間が無くなってきたことから予想外に魅力ある興行をやろうとしているかに見える。

 これでPRIDEやパンクラス、遅くても戦極・SRC時代の早い段階で魅力ある発言や試合内容を残せていたらもう少し注目されていたかもなと思う一方、この大会に出ている選手を見るにこれもまた皮肉めいている。なんせ旧Uインター、リングス勢である金原、松井、ヤマヨシなどが名を連ねており、とっくに化石となった時代の構図を持ちだすならばそれがパンクラス系統でUインターから一度脱落した菊田の興行に出場しているのである。


 「日本のプロレス・格闘技」という括りがあった時代、長く観た期間や思い入れが後になって醸成されるというのがあるが、この二つの興行はそれを感じさせるという部分において、UFCの価値に回収されない極めて日本特有の格闘技の光景なのだと思う。そして格闘技の解は決して圧倒的な一つの解だけではないとも思わせるのだった。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

こんにちは、かすみと申します☆
ttp://kasumin3333.blog.fc2.com/でブログ書いてます♪

ブログ、楽しく読ませてもらいました―♪
格闘技は父の影響で小さいころから大好きです(^O^)
読んでてかなり勉強になりますっ。
こういったコアなブログ好きなのでまた遊びに来させてくださいね♪

私のブログにもよかったら遊びに来てください☆

あっ…男性依存症の病気なので((+_+))
そういうものに御理解があれば、
私のブログにも遊びに来て下さい★
これからも更新楽しみにしてます♪
Re: かすみ様
男性依存症ですか。ぜひ日本のプロレス格闘技に興味をもって長州依存症に転向してみてください。

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。