オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


西岡利晃vsノニト・ドネアを通して見取る、興行格闘技の日本人選手の上がりとは

Category: ウェブ線上の批評   Tags: ボクシング  UFC  立ち技  西岡利晃  ノニト・ドネア  MMA  
P1010567.jpg


 S・バンタム級トップを決める西岡vsドネアは偉大な、というよりも希少な試合だった。というのも「この階級のトップを決める」という極めて単純で順当でありながらほとんどの選手が達成できなかった目的地に行けた試合ということで、それはMMAにおける「アンデウソンvs岡見」と同じくらいの順当で希少な試合に見えた。こんな単純な道筋も、選手の金銭や環境込みの運が関わってくるキャリアの中でその実起こりにくいのだ。

 西岡はパーソナリティーの印象的にもそうした順当さ通りの実直な選手に思えるが、実際のキャリアの浮き沈み方や日本のボクシング史的に為したこと見るに例外的な部分を数多く持った選手だ。しかしそれを承知の上でもやはりパーソナリティー通りの、実直さによって頂点まで来るが本物に負けるという「極めて順当」という印象ばかりが残ったドネア戦を見つつ、話を広げて興行格闘技のメインストリームが日本にない時代での、日本人の上がりとはなんだろうな、と思った。




 西岡は踏み込みでの直線での速さという武器に対してドネアはフットワークを武器に円での動きで狙い撃つという、単純な武器と戦術の差の結果通りになってしまった、と思う。武器の差からすると西岡は飛ぶ鳥を大砲で撃ち落とすような試合に見え、無理を承知だが無茶なバクチを打つ戦いがもっと必要になったのかもなと思うが、実直なパーソナリティーを見るにそれが後半になってようやく、というあたりもそのままだった。オレはアンデウソンvs岡見の時にソネンが「作戦と違うじゃないか!」とTVの前で叫んだ気持ちが分かる気がした。




  今やすっかり格闘技興行のメインストリームは日本から無くなってしまい、おおよそアメリカに集約されてしまっているなかで、気がつけばボクシングのみならずMMAや立ち技の方面でも「日本人がトップ団体で頂点を取る」という競技の記録の面のみが上がり、という言説が多数になってるよなと。

 ボクシングは早い段階でそれが上がりであるジャンルのように見えながら、実際は4団体に分裂したベルトのその中でさらに細かい階級のトップを取るという、日本のテレビ興行などを取るための興行の手形としての世界のベルトってことで、現実的な実力はどれくらいなのかというと、(とりあえず興行的に意味の強い日本人対決は別として)他団体とのベルト統一戦を行ったときに露わになる、というのが多々見られた。階級最強を決める統一戦を行っているのが長谷川穂積ではないのが未だ不思議なくらいだが、団体を統一する本当の意味での頂点の闘いでの実力は結局そういうことだったのかもしれない。

 西岡vsドネアが希少というのは現行のベルトは手形でそこからスターとしてどう名を挙げていくかのボクシングを見るにそうした意味も含んでのものだが、しかしこの結末のつまらなさまで「西岡はよくやったよ」とやはり順当な観客の意見通りのことを吐く気はない。




 この西岡vsドネアの環境を演繹して他のMMAや立ち技に当てはめるに、現行の日本のメジャー興行は新興格闘技たるイベントが消滅した中でボクシングとプロレス(一緒にしちゃ悪いか?)が復帰しつつあるかに見える、という構図で、日本人にとっての興行格闘技の上がりとは何か?を見ると実にMMAや立ち技は二重の意味で厳しい。

 第一に日本にてメジャー興行が停止して北米にメインストリームがって言うのはもう飽きるほど書いたことだからいいとして、オレがどうにも息苦しいのはそれからの残された日本人の上がりというのはこうした西岡の順当さのような方向以外に選択肢が少ないということにある。

 日本人にとってのMMAはその意味で、現行はUFCがトップで階級もまだ細分化されていないことで岡見勇信を代表にそんな順当さを追ってる意味でやはりボクシングに近いんだと思うが、立ち技に関しては頂点や名誉の問題が複雑化している。というのも現在グローリーやK-1などに分かれ、イニシアチブを取る興行団体が未だ決まっていないから。おそらく選手として競技的な頂点を目指すならばムエタイのランカーとの戦いに臨むだろうし、実際にその順当な上がりの目指し方というのは梅野や石井が行っている。

 そんな順当なキャリアに進んでいた梅野が新K-1に行ったというのもやっぱ上がりというのをもう少しメジャー興行の場に求めたと見えるがしかし、西岡vsドネアと同日に行われた新K-1にてルールの違いに対応しきれなかったか敗戦を喫してしまっていたが、これはよく言われる「キックボクサーが名誉と報酬求めて興行イベントに出るけどルール違いで敗戦」というケースの一つってことになるのか、と思った。


 


 最終的に何を頂点や上がりとするのかというのは、ほとんど一般論に集約されるそれになってしまうが結局のところ選手個々人によって違う。選手のパーソナリティーによって何を頂点とするのかは異なってくる。というつまらない結論になってしまい、なので西岡利晃はそのパーソナリティから導き出した頂点は、実に日本人にとってのボクシングのイメージ通りのものになったと思う。その実直さ。挫折と復帰。頂点での決定的な敗戦。そして、引退の発表。なにもかもがあまりにも日本人好みのストイシズムの果ての重たい敗北という物語で、希少だ。

 だがしかしその周りの日本人の興行格闘技がそうした物語性しか残されていないのがオレは辛い。

 
 
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR