オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末興行の本当に正しい見方・日本人MMAファイターが一斉に査定されるシビアな年末と言える

Category: 格闘周辺時評   Tags: MMA  大晦日  


一通り年末のカードが出揃ったが、正直dreamは全くと言っていいほど興行的に琴線のかからないマッチメイクで今年の年末にして年始の興行になってしまった情勢らしく、gloryとの野合も唐突だったようにカード内容もまさに唐突。ジャパニーズmmaの特色をすべてかなぐり捨てたなりふり構わない点の興行であることは誰もが気づいていることだろう。

 しかしVTJとIGFのMMAマッチと並べて比較してみるに味気ない日本のボクシング世界戦の主要コードみたいな「日本人VS世界とか権威といった記号としての外国人」のようにしか見えないながら、その相手となる外国人選手の実態はというと押し並べて「非UFCの上位選手」。決して顔見せのような相手ではなく、どうも一斉に日本人選手の競技力の可否が一斉に決められるカード群のように映るのである。


 つまり、今年の年末の格闘技たちの真に正しい見方とは興行ではなく「今現在の日本人選手たちの実力は可か不可か」を見定めるというあまりにも祭りらしくないプリミティブかつシビアな競技力の査定として見るべきものとなっているのである。

<<DREAM>>

さてdream日本人主要選手の北岡・高谷・川尻に加え、gloryとone fcが繋がる形で大晦日出演が実現した青木らの試合が決まったが、正直相手の選手は世界各国のMMA状況に疎いとまったくわからないし、青木に至ってはここのところの印象のせいか相手が金魚のように映りかねないなんてことになっている。

しかし、発表されている高谷の相手ジョルジ・カラカニヤンなどは一体何者なのかというとベラトールのトーナメントで準決勝まで勝ち残り、米国中小興行Tachi Palace Fightsのチャンピオンであるという非UFC系の強豪であり、まさにこれに勝てるかどうかで「UFCに通じる選手かどうか」の査定が決まるという試合と見える。大晦日であるに関わらずのハイリスク・ローリターンの試合であることには違いないのだ(観客にとっても。メジャー興行だけどろくなテーマがなく、大真面目に考えてこの辺のポイントくらいしか見どころがあると思えない。今回ほど佐藤映像(関わるよね?)のセンスが問われる大会は無いよ。興行的な見どころどうしたらいいかわかんないんだから。)



 そして青木・川尻の相手となるアントニオ・マッキーと小見川というのはUFCをリリースされた相手という、これもまた、査定みたいな厳しい気配はある。

 川尻VS小見川はDREAM大晦日で唯一のDREAMらしいカードで、これは日本人対決に加えチーム黒船の同門だった高谷が負けているという背景もあるし、その上でUFCをリリースされた小見川のネオ柔道に、すっかり強力な組み技選手として完成しつつある今の川尻の組み技・寝技技術がどこまで勝るのか?といういっちばん気持ちが乗りやすいカードである。

 がしかしやっぱり青木の相手アントニオ・マッキーばかりは今回エントリのテーマらしくシビアでローリターンな相手のようにしか映らない。さっきから間違って変換キー押すたび「アントニオ・末期-アントニオ・末期-」とかなっちゃってうるせえよこのカードがそんなのはわかってるよとこんなディテールの細かいところにまで見る側の心を萎えさせにかかるあたりはさすがとしか言いようがないが、この選手のスタイルはまたやっかいで、現行の北米的なレスリングベースでほとんどの勝利を判定でもぎ取っている。

 しかしどうもその手の選手になりがちなのがテイクダウンできるもパスガードは出来ず、結果ガードポジションでキープし続けるみたいな試合が多いような気がする、試合動画を検索していたがキャリア初期のハイキックでやられてる映像とかしかなく、そういうタイプほどやられ方が派手なほうが記憶に残ってしまうというもの。相性からいってやっぱ青木は普通に勝利してしまえるように思える。



 それにしてもウィキペディアを探っていたらマッキーはこれまた壮絶な半生だったようで、「ドラッグ中毒の母と共に育ち、児童性的虐待の被害者」という一節を見てしまい、これはこれで見方が変わってしまうのには違いないのであった。

<<IGF>>

 IGFのMMAマッチというのも石井慧にミノワマンと、実績はともかく世間に名前がある選手と興行盛り上げ型の選手の試合が組まれているけどこれもまた、フリークファイトの気配がありつつ査定の意味で見る試合と言う感じがする。

 石井慧はなんでかわからないが(そしてもうその理由さえも言及してくれないくらいになったが)ソクジュとの一戦や、ジミー・アンブリッツとの試合の全てが流れてしまっている。パウロ・フィリォに実質的に勝利して以降、ヒョードルとの完敗を経て現実的な実力がどのあたりにあるのかという試合を、まるで査定されるのを嫌がるかのように試合が流れているのだ。ティム・シルビア戦というのはその石井にとって、イージーに見えつつもこれに負けるようであれば本当に後がない評価をされるだろう一戦。フリーク的な気配がありつつ石井の実力が査定されるシビアさがある。

 驚きなのは海外MMAメディアの言葉を借りるならば「フリークファイトの王」ミノワマンが残りの生涯まともにMMA技術を知らないでかい奴の関節を極めることで終わるのかと思いきや、なんと自身の適正体重という84キロ級にて、スロベニアMMA興行WFCにて活躍するボア・ブラトブズという絶妙な相手との試合を呑んでいるのである。


 もうミノワは勝っても負けてもどちらでもいいような現実的な実力査定の場からほとんど手を引いていたかに見えていたが、これはまだ本人の中にモチベーションがあるということか、はたまたフリークファイトの王というのは本道ではなく、自身のファイター像を掴み直したいという心象によるものなのかは分からないが、シビアな査定されるラインに戻ってきたということになり、正直ここのところミノワはあんまり見てなかったが、どうもUFCとの契約を目指しているゆえにこの路線へと戻ってきたようだ。インドSFLでの敗戦など、やはり難しさばかりが焼きつくが注目に値する。




<<そしてVTJ 1st>>

 さて以上のカードを眺めてみるに、実質的に日本人選手の実力査定という意味ではVTJともさして変わらないと言える、実力査定の趣の強いカードが出そろっていると思われる。ただ違いは、まったくネバダ基準の北米MMA判定やルールを採用していないという、世界のMMAの現実と別のところにあるということくらいだ。なのでカード自体はシビアなマッチアップだろうとも、勝ち負けの結果以上にいかなる試合内容だったか?が問われると思う。

 こうして眺めてみるにMMAの現実にシリアスに構えたVTJが半ば消去法的に最前線の興行となっている。現代の北米MMAの流れに日本人が対抗できる階級としてバンタム・フライ級のこれから期待のかかる選手の堀口恭司、マモルとMMAの現在と闘う査定そのものが興行なのはさすが修斗。弘中邦佳もまたUFCファイターであったカーロ・プラターとの試合など、再びUFCへと向かおうとするための査定として申し分ない。

 今年一年は全くと言っていいほど日本の格闘技は派手に面白がれる流れは無かった。しかし、3月の日本でのUFC開催から今年の年末VTJなどの流れを見たてるに、明確にMMAというジャンルの再インストールは進んでいるのだと言え、その意味ではジャパニーズMMAも下手なアングルだとかといった興行的なフックではなく北米MMAの現実に対応していこうというスタンスになっており、「今年は本当に良い年だった・本当に悪い年だった」とファンによって意見が割れるだろう。

 DREAM大晦日は興行としてまるでフックはなく、かつ3派の野合でキナ臭くメジャー格闘技としての職能も地上波が内定しているIGFに明け渡されることによって存在意義のほとんどが青木真也を頂点とした極めてドメスティックな興行になっているとしか映らないが、カード自体は査定という意味で見れば大変興味深い。

 日本格闘技の興行性は地に伏しMMAの競技力を査定する現実に関しては豊饒というのが年末3つの興行に繋がるものであり、それはとても2012年のMMAの光景らしい。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

はじめまして。記事全体を読んで、とても共感できました。DとGはほんまにあれこそ野合やし、MMAの試合は興行というよりも誰それでありながらリスキーであるという、まさにハイリスクローリターン家と思いますわ。また石井に関しては、おっちゃんはあれでええと思ってます。上昇するのにリスクはつきもので、計算高い田村でも時には勝負するように、石井が上昇するには適当な相手やと思います。それなりに名前売れてて相性もええし、これこそ勝負どころですわ。IGFでやるから競技性が疑われそうやけど(笑点)。
Re: つるじょあのおっちゃん
うおーつるじょあのおっちゃん!ほんまもんですか?なんか狂犬のようなつっこみコメントではなくて疑ってしまいました。ブログ復活したんですね!ブシロード新日本プロレス時代にどう絡むのか楽しみにしてます。


>また石井に関しては、おっちゃんはあれでええと思ってます。上昇するのにリスクはつきもので、計算高い田村でも時には勝負するように

むつかしい所で、石井サイドの進路なりが見えないのが問題です。やUFC頂点の北米MMA最前線ならば実績を上げるためにソクジュやアンブリッツなど倒していくべきだし、日本国内でもう唯一メダリストで名のある選手なんだからもっとテーマのある闘いで耳目を集めることならば、小川直也を引きずり出すとかあるだろうと思われ、結局シルビアというのは進路があやふやな現状そのものですよ。とはいえ頑張ってほしい。

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。