オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


村田諒太のプロ転向&IBF・WBO認可時代・すごく上手く転べば日本にボクシングブームをもたらせる可能性

Category: P・M・BOXING   Tags: ボクシング  村田諒太  4団体時代  
image_20130130002012.jpg


村田諒太のプロ転向に加えて、IBFとWBOが遂に認可されることによって日本も4団体時代に突入、ということで実に日本ボクシングにかなりの契機がなだれ込んでるかのような状況で、これがちゃんと興行と競技ともに結果を出せればジャンルのグレードがかなり上昇させていけると見え、結論を先走っちゃえばものすごく上手く行くならボクシングブーム起こせるぞこれは!で、外せばヤバいのかな~と色々な展望が考えられる。

 地上波からK-1やらDREAMやら無くなっちゃったことでやっぱりでかいのは興行の感情移入の導線が無くなっちゃったことだとか、単純に勝敗いかんでホントに興行の道行きも変わってしまうという莫大な賭け金が積まれた賭場の緊張感のようなものが無くなっちゃって、それでも格闘技を見続けるときの視点は記録競技的なそれか先端科学的なそれに嫌でも寄っちゃうところがある。


 さて久方ぶりに莫大な賭け金が積まれた興行が成功するか否かの緊張感を持ってくるのかって思うのはやっぱ村田のプロ転向だ。かつてのボクシング金を取った桜井孝雄氏も所属していた三迫ジムに所属したとのことで歴史的な流れに乗せたものと感じられるが、その実態は三迫ジムルートでフジテレビが放映権握ってるなどの理由による、視聴率の悪化が叫ばれる同局のコンテンツの肩入れという面がでかいのだと思う。


 なので五輪メダリストのプロ化というフジのコンテンツ強化に村田が使われることに関してやはりボクシングファンが懸念しているのだが、しかしオレがその背景からどうしても想像してしまうのは様々なサイドが大量のチップをベットしていく姿だ。格闘技が他スポーツと絶対に異なるのは構造上興行にどうしても寄ることであり、興行・試合内容・選手像などなどプロであろうとすればするほど先の見えない博打を見る高揚感と緊張感に近づく。日本の興行は物語性うんぬんが良く語られるが最近の気分はむしろこうだ。


 公開プロテストの放映も終わり、いよいよ本格的なデビュー戦へ向けて海外へ練習へ向かったとのことだが、何より期待感を持って見てしまうのはそういう興行の緊張に村田が立ち向かえるかどうか?といった博打の部分だ。




 そして日本の4団体化ってことで期待するのも結局のところ興行としての勝ちが生まれるチャンスが増えればいいということで、井岡vs八重樫のような統一戦という形で日本人対決の興行の成功が望ましい。(といってもWBO・IBFの日本人が挑戦できる階級であろうとどこまで勝負できるのかはまだわかってないが)

 もう他団体時代・複数の王者の時代でのボクシングでの勝ちは単なる世界王者を取ることだけでは足りず、真に名を上げていくには米国PPV時代に見られるスターがスターを破っていくという構図、が興行になる形を上手く日本もならないだろうか?ってことで、内山高志もガンボアとの試合を望むよりも粟生との試合によって興行的な流れを生む方向を望みたい。(ってとこだけど、書きながらうまくいくか?勝てる博打か?なんて思いつつ)

 気がつけば2000年代日本ボクシング最大のギャンブラー亀田がローリスクでの防衛戦記録興行でしかもランダエダ戦の悪化リメイクみたいな複数の理由で、旧来の日本のボクシングのような身の無い記録路線みたいになってたりする。衰退が否めないのを包囲するかのように日本のボクシングは感情移入できる賭場としての「地上波の格闘技」に寄りつつある。というのがここのところのボクシングを見ている時の気分であり、興行格闘技らしい血と事件の可能性のど真ん中にある試合が見られる可能性は今ここにあるんじゃないだろうか?
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR