オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


とても日本のプロレス・格闘技観らしい中村大介vs北岡悟・日本MMAメジャーイベントの空白を埋めるDEEP

Category: 「見立て」の格闘観戦記録   Tags: MMA  DEEP  
image_20130208035812.jpg

 UFCがMMAのジャンル定義を統一しつつあり、興行でも競技能力でも太刀打ちできなくなった日本のMMAメジャーイベントが沈黙している今に今回のDEEP62を見るとこれがなんというか、懐かしい触感だった。

 DEEPがケージで何でもありやってる時はMMA史の再インストールをしているように見えるなんて昔に書いていたけど、通常のリングでの大会で、しかもルールが試合ごとに選手側の希望で肘ありだったり四点ポジでの膝がありだったりとバラけながら停止しているDREAM・戦極で名を挙げたタレント勢が試合をしている光景は、本当に久しぶりに見る日本のMMAイベントらしいMMAイベントの姿だった。

中村大介vs北岡悟ライト級タイトルマッチ
DEEP62 見立ての観戦記録

 解説席に青木真也がおり後味の悪い皮肉を交えた解説を行っていた。OneFCに行くためにDREAMから出ることからDEEPには絡まないんじゃなかったけ?その声は日本人のP4Pトップクラスでありながら、常に屈辱や嫉妬と言った感情に汚染されているかのようなのが不思議だ。声質が悪いこととかそんな話じゃないぞ。オプセッションの問題だ。

 しかし語る内容は現在のMMAの視点に根差して日本のMMAというものをリアルタイムで批評しているかのようで痛快だった。ほとんどの発言に納得。後味が悪く最高という相変わらずのDREAMの大黒柱ぶりは三浦大輔の演劇を見た時を思い出させた(野球選手と同名だが演劇人にそういう方がいる)。

 青木の指摘はもうそのまんま、目の前で展開されているDEEPでのMMAのリングとケージという舞台の違いによる広さから壁際へ追い詰めての組み技への行きやすさという戦法などから、ラウンドマストである北米MMAと試合全体のマストシステムの差によるスコアリングへの入り方の違いという、つまりMMAの競技環境の世界と日本の差だ。ここで「DEEPでは強いが外で闘うと負ける」という発言も響いてくるし、いまのDEEPが日本メジャーイベント停止後のホットスポットになっているその現実はどうなのかも浮き彫りにしている。


 



 それにしてもダンホン・郷野・奥野・金原などなどDREAM・戦極で鳴らした選手のオールスターみたいな様相を示していた。全員メジャー興行内では川尻・高谷・青木・日沖らと一枚格が落ちるのだがそういう選手がDEEPへと溜まってきている。

 前田吉郎vsDJの一戦なんてファイトオブナイトの試合をこんなところでやっちゃっていいのかよなんて思った。そうかDJは田村ゆかりのファンか・・・ももいろクローバーに精神汚染されてる人たちをたくさん目にしただけに声優でのヲタ芸をやってる姿は何かの抵抗のように見えつつ、1R前田にテイクダウンを取られ、グラウンドでバックをキープされ優勢に立たれたが、2Rにはタックルを切っていくことでスタンドで優位になったのちに自身の打撃の制空権を取ってから一気に仕留めた逆転劇は素晴らしかった。そしてセコンドと集まって田村ゆかり煽りがスベってチャラになるのもよかった。

 そして実写版K-1心中氏としか思えない入江秀忠の謎のミノワマンへの挑戦とストーンコールドの物まねぶりなどからMAD映像としか思えない今成正和のハードロックバンド映像などなどに様々な黄昏を感じた。佐竹正昭も登場して政界進出を匂わせる発言をして去っていったが宣伝の効果がどれくれいあるのかも分からない。投票なんてしねぇよ!絶対!


 さて2009年になし崩し的なDREAMと戦極の大晦日に合同開催というのがあったが、そこでマッチメークがまだどうなるのか分からなかった時には「このカードが実現しないかな」と心の内で思っていたカードだった北岡悟vs中村大介がなんと4年越しでしかもタイトルマッチで実現したことに関しては非常に喜ばしい。その一方で現代MMAからすればこれほどまでに日本文脈なMMAも無い試合だった。





 中村大介は最良つうか最高な選手として挙げる格闘技ファンは多いと思うけど、今の北米MMAの作り上げた技術のディシプリンの固さ無しで、田村潔司経由のUインター・リングス流れの典型的な日本のプロレス格闘技史の選手像から上体を脱力させたデトロイトスタイルので追い詰めての飛びつき腕ひしぎ十字固めなどなどのフィニッシュの分かりやすさなどが好まれると思う。

 しかし上位の選手との試合になるとレスリングの技術や柔術の技術、そしてフィジカルの基盤から差がどうしても出てくるわけで、俗にU系というのはこの辺の地力にあたる部分がごっそり抜けているのが多い。桜庭のようにレスリングの技術の基盤があるわけでもない中村のファイトスタイルのスタンドと極めの完成のさせ方を見るに、立ち技で制する時は前田日明的で、極めにかかる時は高田延彦的と良く思っていた。そして例に挙げた二人もはっきりとした格闘技の技術基盤は無いのだ。(現在のUファイルの有力選手はどうなっているのだろうか)

 やはりというか、北岡悟が圧倒してしまうのもそういうことだったのだが、結果としてその試合内容はと言うとなんとこれが煽りの「パンクラス経由vsUインター経由」の試合通りのプロレスをもっともMMAで実現したものと言う風に見えた。

 レスリング&柔術の技術に達者である北岡があっという間にテイクダウンし、がぶり、圧倒させていく内容はかつてのプロレスはきっとこうだったのだろうと思わせる、どちらが格上かを示すマウンティングを見せる試合であり、フィニッシュに至らずとも全局面で圧倒する絵図は「昔のプロレスはヘッドロックで長い時間締めあげ続けて凄みを示した」という話のそれを思い出した。試合時間残り30秒での突然の尻もち&ドロップキックかけ逃げは大昔のプロレスラーでどんな手を使ってもチャンプになるというダーティチャンピオンのそれで、ブーイングをする観客たちはそんなヒールのアングルに乗せられたプロレスの見せるものをなんでも本物と思いこむマークのようにしか見えなかった。





 DREAM停止中で日本のMMAを久しく見ていなかった自分には久しぶりに美味しい日本のMMAを味わえた大会であったが、しかし今大会で最後に印象に残るのは結局、青木の解説の視点だ。今大会全体に溢れる現代MMAから離れた日本のMMAらしい意匠の数々に苦々しい意見や表情を隠せないのを見ていて大会全体がちょっとしたメタフィクションのような興行を見ているようだった。その日本のMMAと世界の現実との断絶を青木の言葉から感じていた。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

青木の解説は無茶苦茶おもしろいので、
またレギュラーで解説をやってほしいんですけどね。
最近はシンガポールにいることが多いので、なかなか会場に来てくれない。
しかし、あの、ある意味厳しすぎる解説を許容する佐伯さんには感謝しかないですね。
>OKさん

ほんとにあの内容の解説よく通りましたよね。
そのおかげで日本のMMAの断絶っぷりというのを浮かび上がらせる内容となったってのも含めて面白くなってしまってました。

まあそういう部分も含め総じてドメスティックな興行でした。

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR