オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


ダナ・ホワイト、ブルースリーを「総合格闘技の父だ」と語る・現代MMAによるブルース・リー再評価ドキュメンタリー「アイ・アム・ブルースリー」

Category: EAbaseRadio   Tags: MMA  ブルース・リー  ドキュメンタリー  
 今でこそ発展したMMAを楽しんでいるわけだけど、いまだにこのジャンルをはっきりと定義した起源に関してはバラバラなままだ。それこそミックスと競技名にあるように様々な起源が混ざりあってのそれとして見るのでもいいのかもしれない。

 とはいえ、今のMMAの歴史をリアルタイムで作っているUFCのその代表ダナ・ホワイトから、「総合格闘技の父」としてブルースリーを語ると言うのはスリリングなものがある。格闘技史を振り返っての今回ドキュメンタリーでの発言にはかなり「言っちゃっていいのかよ」という感じはあるのだけど、こう完成された現代の目から再評価されるという意味で、ブルースリーがMMAの歴史に与えた新たな側面の見える、ガチガチのMMA派でも大変面白いだろうドキュメンタリーに関して。



 ツイキャス中に触れた2011年に書いた「ブルース・リーが生きていた場合の世界を格闘技史を演繹して想像してみる」はこちらから。この記事補足していくと生き延びたならMMAの流れにも乗って行ったとは思うが本人は闘わずに弟子が上がるというのも予想される。猪木も前田も佐山も結局そうだったから。


 やっぱり現代MMAのまっとうな歴史のフラッグシップを持っているダナホワイトはじめとするジョーンズらなどが、しっかりジャンルを完成させて振り返るゆえに「総合格闘技の父」というのも説得力はある。これがMMA近代史解釈メチャメチャなままの「HERO's」あたりの頃のTBS&谷川貞治が「総合格闘技の父はブルース・リー」って言っちゃったりするのを想像するとこれは冷や汗が止まらなくなるのと比べると、これはトップに立った団体が「殿堂入り」と言う形で過去の歴史やジャンルを変えた人間を評価していくことで「正史」を作るWWEなどの立場にあると思わされるのだった。


 最後に。放送中に「ブルースリーのえいしょうけんが~」といってますが、正しくは「詠春拳(えいしゅんけん)」という読みです・・・



WOWOW取っているなら再放送が8月18日・31日にあるのでお勧めです。

 
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR