オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


堀口・村田

Category: 格闘周辺時評   Tags: ボクシング  
20140517201055b18.jpg

ちょっと時間空いちゃったところからそのままつい昨日の試合などを眺めての雑記。来るべき大エントリを導くための斥候。それは捨て駒?いや悲劇なのか?真の先人の評価は歴史の影に隠れるのか?真夜中に書いてるのでこんなテンションです。

「堀口vsモンタギュー」


UFC二戦目にしてスタンドからレスリング、グラウンドに至るまでの各セクションの流れや繋ぎの途切れが少なく、ストライクによるフィニッシュに向かう試合展開を形成しているのがすごい。まどろっこしい言い方してるけど、すごく伸びやかに闘っているように見える。

これはオレのステップ主体選手贔屓なんだけど、やっぱボクシングにおいてパッキャオからナジームハメドに至る選手のあのスタイルは魅力である。井岡も階級変更の際にあのスタイルだったらルエンロン戦も面白く観れたんだけど無茶があるか?

旧PRIDE世代の中量級勢などを見ても、あの時はまだ狭いリングで階級制度も細かくはなくて、五味、川尻、青木とステップ主体とは遠かった。今でこそ五味は現代のUFCに適応しようとしたスタイルになっていて、前回の試合は精度に不安があってもスタンスの変貌はよく見られた。

ステップ主体ってのはやっぱ堀口の師匠格のkidが日本の代表で、当時からリーチと体格差の問題があったのをそれで埋める試合やってたのが印象深い。あのときにたとえFEG的フォローが試合にあったとしても(ストップが早いのではないか?とか)その功績は高い。なんかhero's再評価とかやりたくなってきた。(ほとんどナジームハメド経由で須藤元気あたりの話に集約しちゃいそうだけど)

軽量級&早い段階で金網が舞台&もともとステップ主体というのがどんどん生きてきていてそこがかつてなく落ち着くと言うか

「村田諒太プロ第4戦」


プロへの転向当初、恵まれたフィジカルに加え正確なブロッキングから接近、そこから打撃を撃つというどこかしらチャベスジュニアのような塩漬け打撃スタイルだったので、そこにはKO勝利という結果こそあれどうしても鮮やかさが薄い、鈍重な印象は少なくなかったし、そんな印象論のレベルだけではなくまだプロのルールや立ち回り、戦略の範囲までも決して広くはなさそうに感じられた点で、決して全ての人が大絶賛によって評価したわけではなかった。

だがそうしたアマチュアの戦型が身体に染みついていたところが、プロのルールやテンポ、戦型へと試合を重ねるごとへ綺麗に変貌していく過程が非常によく現れているかに見える。第4戦の今回に至ってはいよいよボクシングの距離からジャブを打ち、制空権を取っていったところからボディを撃つほか、右ストレートを撃ち落とすように放つ。それは伸びやかな動きに近づきつつあるかのようだ。もちろん、相手とのリーチ差もあったことがそれを実現しやすくしていたというのもあるためスタイルの変更に合わせやすかったと言う面もあるだろう。

勝手なこと言えばそれはアマチュアボクシングの規律の固さに対して、プロのある種の伸びやかさ・(ある種の自由さ)へと転向していっているのがそのまま見えるかのようであり、日本でそんなの綺麗に見れるケースは考えてみれば希少な気もしてきた。ジャンル違いだけどMMAで未だ石井慧が柔道からMMAのへ移行するにおいて、MMAが持つ一つの自由さとか伸びやかさを手にし切れていなかったりするケースの苦さを感じており、それは石井だけじゃなくメダリストの威光をもった選手のプロ転向でけっしてプロという(やはりある種の自由を得る)感じを手に入れた選手は本当に少ない。

そのあたりの転向に関してもアメリカ(の、その中でもトップの環境どころ)はうまくやってるんだろうか?村田に関しては特にその環境に関しても筋通ってるおかげで、おそらくはかなり早い段階でプロ用のスタイルに移行しつつあると思われるけどここんところのアマ⇒プロ以降に関してはそこまでわかってないのでやや勝手な話すね。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR