オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


須藤元気はクロングレイシーをどう演出するの?というか元気は演出されてる側なの?

Category: 格闘周辺時評   Tags: MMA  


まったくの唐突に日本に格闘技イベントが登場してきた。そこでなんとクロン・グレイシーがmmaデビュー戦を行うだとか、オレが待ち望んでいた須藤元気の格闘技プロデュースが実現するなどなどちょっと前だったならすぐに欲情できるようなニュースが揃っているんだけど、今この時点だとなにかヒヤヒヤしてしょうがない。

いささか唐突に日本でこうした興行が登場してきてそれがどう見ても現代トレンドに合わせたもの、という印象よりか過去の思い出を濃厚に思い出させるあたりがまた、日本のメジャー興行候補らしい。

日本で今グレイシー名義の人間が新日本からこうしてクロンがMMAデビューというところまで活動しているのを見て感じることは、哀愁ともつかない何かだ。

良かれ悪しかれ、伝説となったヒクソンの息子であり、数々の実績を残すクロン。万を実施てのMMAデビュー戦その相手が、長島自演という噂。そこには新日本で中邑真輔が赤い柔術着に身を包み、誰に授かったかもしれない黒帯を締めてダニエルとホーレスと向かい合っていたあの偽悪的ともキッチュとも知れない気配に近い。

でもプロレスはもともとが格闘技のある種のパロディがあるからそれでいいにしても、マジもんの格闘技がそのマッチメイクの可能性あるのは実にどうかしていて、単純に階級が違うだとか一体何をやってるんだという気配を感じてならない。

須藤元気プロデュースというちょっと前なら待望だったそれも「一体どこまで権限あるの?」とか「一体どこまで視野にしてるの?」とか引っかかる。

水面下で修斗VTJからパンクラスが現代MMAの趨勢に調整し直そうとしていて、桜井マッハから長南、勝村と言った選手も自主興行を行ってる昨今、久方ぶりのメジャー興行となりそうなものが与える印象は結局というかやっぱりというかここ1年くらい封印していたはずのFEG的記憶の数々が何故だか蘇ってくる。

それはメジャーに格闘技を売り物にするってなんだろうな、なんて遠くを見つめる気持ちだ。別にこれは日本だけでなくヨーロッパの立ち技シーンMMAシーンでもバダハリやらミルコやエメリヤエンコアレキサンダーがメインを張ってるような興行を目にしたりしていて競技力もスターとしての興行的価値も合わせたグレードの選手を産むのはどこもむずそうだなと。

蓋が開くまでわからないながら、そこにキッチュも哀愁もどうしてなのか感じてしまい、もう何を言っていいのやらとなったのだった。
スポンサーサイト

Comments

今のMMAのメインストリームにいないグレイシーをメインに持ってくるあたりがまだ過去の格闘ブームの栄光にしがみついてる感があってちょっと野暮ったく感じますね。

それこそ日本で無名でもちゃんと世界でガンガンやってる選手使ってヒクソンjrは前座スタートで大事に育てて欲しいもんです。

メインは岡見選手とか適任かと思うけどなー。
日本でメジャーMMAやろうとすると
いま水面下で進んでるMMAの再インストールの流れと
すっげえ誤差がでてきちゃって難しいすね

岡見はWOSFと契約しちゃてるので
難しいですが、参加はみたいとこです

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR