オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


須藤元気は大丈夫?

Category: 格闘周辺時評   Tags: ---

 dadada.jpg

 
 そういやどうなったんでしょうか・・・中国発のプロモーションで日本でクロン・グレイシーのMMA転向の興行の続報をまったく聞かないままなんだけど、あれは一体どうなった?

 その代わりなのかどうか、須藤元気の柔術イベント「一騎討」が開催。足立区の善立寺で行われたちょっと宗玄なイメージでの興行だったみたいなんだけど、主催の言葉なんぞを後で見るに「場外アウトなども今後は検討」みたいなのをみるともう神事っぽい意匠からの格闘技や、既存スポーツって価値観からカウンターで新ルール導入を考えるみたいなこの流れ、どっかで見たような・・・あっ、佐山聡じゃねえか!




 須藤元気は大丈夫?これもかねてから見てみたいプロデュースワークではあったのだけど、なんというかもう今格闘技イベントの解釈ってガチガチの競技方向で闘うのが今の問題で、カウンターやるともう全て骨法からIGF佐山にしかなりようなくて、カウンターで一番まだ何か意味あるのは前田アウトサイダーぐらいな気がする(ってこれもな)。

 興行格闘技シーンの断絶はデカく、いま本当に先端でやるべき部分と、競技は格闘技の可能性や自由、というかもともとの決闘や武道という意味を抑え込むとか何とか言ってカウンターしちゃうってのの離れようってはすごい。

 須藤元気はこう先端でやるべき部分、つまり今の長南亮や勝村修一郎がやってる現代MMAの流れに繋げるためのアプローチっての分かったうえで競技カウンターで興行をやる、みたいな期待はちょっとあったんだけど、しかしヤバいのかもしれないね。佐山っぽいっていうオレの直観だけど、これまでのスピリチュアル発言というのも含めるとなんだかシャレにならない。


 

スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR