オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


八重樫が、俗に名勝負を生み出しやすいのは何故か?

Category: P・M・BOXING   Tags: ---
20140906100629046.jpg

フジ放映のボクシング。村田の帝拳移籍後の試合、井上尚弥の飛躍と見所多いけど、やっぱ八重樫と軽量級の化物ローマン・ゴンザレスとの試合に尽きる。

八重樫とゴンザレスの闘いは、表明的に観ていれば膨大な打ち合いが展開されたタフな闘いであるかのように見える。でも実際にはあれはお互いの持ってる武器の結果がそう見せているっていうのが本当のところだ。

まるで"根性をみせたため"とか"勝負にいった"ことの感動だとかを暗に誘導するかのように「八重樫はアウトボクシングの戦法を取らなかった」なんて感想が一部あるけどこれの解釈も正しい気がしない。

八重樫のスタイルはフットワークやステップワークの比重こそ高いし、ボクシングの攻防の取捨選択を行なう距離での闘いもデタラメに強いゴンザレス相手にローリスクで勝つ、という絵図を考えるにそういう戦法の発想になったとしてもおかしくはないんだけど、しかし八重樫のスタイルはどう観ても的確なジャブや相手を踏み込ませない強力な打撃を織り交ぜることにより制空権を制圧するアウトボクシングならではのスタイルではないはずだ。リーチに恵まれているわけでもないし。

八重樫のスタイルはもう的確なジャブや強打によって距離の制圧や、相手の攻め手を潰していくような詰将棋のような精確さや狡猾さとは別だ。(階級が違うので比較に意味は弱いとはいえ)村田や井上尚弥のようなフィジカルに恵まれているわけでも、技術的なエリートとも違う。実際二人は制圧する形で勝利した。

八重樫はフットワーク&ステップを駆使して、打ったら離れるで攻め手を潰し自分の展開を作る、というそれじゃなく、高速でステップして相手がそこまで強打できないだろう至近距離に入り、そこで一気呵成に有効打のコンボを放つ。そして相手に制空権を掴ませないよう離れる。

基本そうしたサイクルで闘うために、制空権を取る打撃や豊富なフィジカルによる圧力によって試合を制圧していくスタイルじゃない。しかも相手に制空権を掴ませ、攻め手潰されて詰将棋的なならないようにステップとフットワークで距離を作る。そこが基盤にある。

八重樫の試合が勝敗を超えて俗に名勝負と呼ばれる試合を生むのもおそらくはそうしたキープや制圧の部分が薄いことであり、悪く言えばサウル"カネロ"アルバレスであるとかミゲール・ガルシアのような中間距離、ボクシングの距離での攻防というのが重視されていないゆえだ。なのでMMAにおける所英男がキープや制圧の意識が抜けたままフィニッシュへ向かうことによって生まれる試合の面白さにも似ていて、それは簡潔で分かり易い。八重樫の試合の面白さは、見る側にある程度知識が要求され、時に退屈になりかねない制圧や詰将棋の意識がほとんど無いことから生まれていると見ている。

ゴンザレス相手にこそ制空権取りアウトボクシングのような急造のスタイルによる逃げ切りなんてことは通じるはずもなかっただろうし、スタイルの変更も間に合うはずもない。培われたスタイルのまま試合に突入した。

軽量級世界トップであるゴンザレスには井岡一翔の挑戦が長らく望まれていたが、八重樫に試合が決まりこうして試合を眺めると思う所がある。井岡は当然ボクシングの距離での制圧やキープを得意とするエリートだが、それを上回るフィジカルやスピードによる攻防になると危うい試合になる可能性をルエンロン戦で見せてしまった。多分オーディエンスは井岡の勝ち負け以上にボクサーとしてのスタンスを世界トップとの闘いに向けて欲しいのが本音だろうが、ゴンザレスとの試合が実現したとして、試合の制圧を巡る中間距離での闘いという本当に言い逃れのできない部分での勝負というのがあっただろう。

八重樫は距離や詰将棋のような闘いが(おそらくは)得意としないために、ゴンザレス戦はグルーヴしたんだと思われる。八重樫の戦略も打撃の筋も途中からほぼ見切っていたと思うが、フィニッシュのラウンドに至るまで攻め手が休まることのない物量作戦にゴンザレスはこれまでに無い苦しい表情を見せた。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR