オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


ジャクソンMMA加入後に蘇ってゆくアルロフスキー

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: MMA  UFC  
UFN.png
アルロフスキーVSペザォン

 これは正直アルロフスキーが勝つとは思ってはおらず、しかもこんな形になるとも思っていませんでした…

 ジャクソンズMMA加入後でUFCに復帰してからのアルロフスキーは、それは基本的な身体の動きの柔らかさや切れ、ステップによる位置取りなんかの切れが鋭くなっていて、一時期のもう完全に終わったんじゃないかってくらいの落ち込みようが今回払拭されたと見ていい。マークハントもそうだったんだけど、キャンプが変わってから劇的に変貌した。

 シウバを狙う打撃の攻め手や際での詰めや処理速度が異様に高く、タイトに構えるシウバを捉えてしまった。割にタイトで体幹の強さ・リーチの長さなどで制空権取って持って行っちゃうケース多いだけに、ライトヘビークラスのような処理速度や密度のある攻め(アンソニージョンソンやライアンベイダーとか見ても)をアルロフが行ってるのが面白い。スティーブ・ミオシッチみたいな嫌な相手との試合が望まれる。

 一方で、薬物検査厳格化が進んで以降、これまでにフィジカルのアドバンテージを生かしてきた選手がここにきてキャリアが揺らいでいるケースが散見される。ペザォンもかなり臭いと踏まれてたようだが、トータル的にはもーちょいやれると見てるんだけど。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR