オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


UFC JAPAN みんなギリギリのマッチアップばかりで素晴らしい興行

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: MMA  UFC  
金網の向こう 判決定 8

 大会としては五味や秋山といったスターファイターに加えて、いよいよUFC参戦した金原(ほんとに旧戦極トップ勢の日沖や小見川、チャンソンが続々と契約していった中、初代チャンピオンがここまでにたどり着くまで長かった…)、堀口や田中といった新鋭、さらに女子から中井りんが揃うなど、これまでになく国内~北米トップの構図が結集してる形となった。




 ヴァンダレイ・シウバが突如引退を発表した日に日本大会があるという、去年に興行で一番の喝采を浴びてたこの選手の進退について発表されるなんていろいろ因果を感じる分、時代も進んだなと感じたりしていた。

 数多くの日本人選手がフィーチャーされた今大会で注目したのは、やっぱり選手の実績と期待値の差のマッチメイクだ。メイン以下なんかは特にジリジリとしたそうした差のひりつきがある。現在のこの日本人選手が勝てるかどうかの相手であり
田中vsギョンホのような、地味にリーチやフィジカルで勝る韓国ファイターというじわじわ効いてくる選手とのマッチアップなんて、本当に日韓でおおよそおなじような立ち位置でスイングした試合に見えたし、佐藤豪則vsヒュンギュもまたフィジカルとリーチに劣ってる中での闘いを強いられてたと言う。

 菊野のフェザー級、秋山の復帰戦 あんまりにも日本人選手が対戦相手との実績と期待値の差がギリギリなマッチアップによる緊張が続くせいで、かえって堀口のスカ勝ちが凄すぎて大会全体の印象からかえって浮くくらいだったりする。

 秋山の2年数か月ぶりの復帰っていっても、その相手のアミール・サダローも同様に2年ブランク開いてて前回ダン・ハーディに敗戦してるし、UFC内でも負けが込んでいた。なのでこれ実質負けたほうがカットマッチだったんじゃねえかってギリギリの中、タイトな仕上がりでよく勝ったなと思う。




 でもそのなかで特に選手同士の実績と期待値の差がとてつもなく大きかったのが五味vsジュリーと中井vsミーシャの二つだった。マイルス・ジュリーってのはライト級におけるローリー・マクドナルドと言って差し支えない、10代の段階で現代MMAの流れを理解してる類のタイプだ。ディエゴ・サンチェスに圧倒したこの選手に対して戦前より五味には不利が囁かれたが、その予想をはるかに上回る結末になった。わずか1分足らずの時間で五味が完全にノックアウト負けしたからだ。

 かなり以前のケニー・フロリアン戦の時点からタイトな制空権&キープの強さのあるスタンドの打撃展開になると後塵を喫しており、五味のフィニッシュを常に見越したスタイルは見切られ始めていた。だけどケニーやネイトは遂に五味をノックアウトするまでには至らなかった。

 ところがそれだけではなく、かつての日本大会で光岡にさえよろめかされるシーンさえあったわけで、スタンドって庭では絶対負けないみたいななにか五味最後の砦みたいな部分がギリギリのところで踏ん張ってたそれが遂に崩された感じ。特に今回は仕上がりもよかったかに見えただけに。今大会マッチアップ全体を見ても五味ばかりは相当に差のあるキツい相手とやったと見ている。BJvsローリー・マクドナルドのようにはいかなかったか…

 中井vsティトもかなりあれは選手間の実績と期待の差っての激しかったはずの試合なんだけど、これはまた評価し辛くリーチ差のあった中井りんが想像以上に組みでジェネラルシップ取ろうとしてる試合だったというか。しかしこっちの方の予想外はそこではなく、試合後に中井陣営が判定を不服として提訴してること。

 あれは組みでのアドバンテージはあれど、決定的なテイクダウンやそこからパウンドでポイントを取るまでに至っておらず、スタンドでの不利を覆すまでに至らなかったと見るので過剰な反応過ぎる。たびたび囁かれてきたが中井りん陣営の違和感がまた噴出したかのよう。


 
 しかしここまで時間はかかったな…PRIDEもようやくアーカイブ的な取扱いになってきたかに思うし、国内から北米トップまでの流れのヒエラルヒーの確立してるように見える加減などなどがようやく形になってるかに見えた後で、ハントvsネルソンがすげえ切れた動きで圧倒してるというまとめ方が本当に良く出来てたなと思った。来年もUFCは日本で開催するらしいけど、その当日に今度はハントが突然引退!とかなりませんように。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR