オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


藤井恵と般若の面/歴史の背後でファンの欲望を実現していた女子プロレス・格闘技史

Category: もうひとつの格闘技史   Tags: ---
fujimegu_convert_20100911031554.jpg


 藤井恵選手のパブリックイメージとはそのルックスの良さと反比例するかのような、圧倒的な強さを誇るところにある、というところが魅力だとか誰でも言えるとは思うけれど、ベラトールの試合にて現れた試合に集中していっている藤井選手の尋常じゃない鬼気迫った表情は、般若の面が嫉妬や恨みをこめた女性の顔を模したものであるというその由来を想起させてしまうほどのもので、それは先のパブリックイメージの柔らかな印象を遥かに超えた恐ろしいまでのものだった。

<<BGM・Derrick May - Strings Of Life モジヲクリック>>

 振り返ればプロレス・格闘技に掛けられた欲望の歴史に、暫定的ながら「プロレスラーがプライドを賭けてヴァーリトゥードの場で勝っていく」「プロレスから本当の真剣勝負だけの格闘技の時代に」などを代表としてきていたが、1993年のUFC登場などによって「真剣勝負の格闘技の登場」に対して大きくファンの欲望にドライブがかかっている時期ほどにU系からプロレス団体まで態度が硬化していたと思う。

 格闘技界のメインストリームというのは常に一種の膠着状態にあるものとも見え、実際にファンの欲望が実現される段取りというのは団体の破綻などの経済的な問題が用意されることで半ばなし崩し的に実現されることがしばしばだ。「夢の対決」の背景は歴史を振り返れば概ねある種の野合の面がある。

 しかし、そんな野合と離散の歴史によって結果的に「夢の対決」を実現していく格闘技史と別に、女子プロレス・格闘技史というのは調べてみると観客の欲望において代表的な「プロレスラー自身が格闘技戦を行う」というのが早期に実現されていたりするのだが、その歴史的評価というのが鈍いように思えるあたりに女子プロレス・格闘技史というのがプロレス・格闘技史の裏を見事に表している感じがする。

 「プロレスラーがガチでも本当に強い」という観客の欲望とその証明に関して、自分が思うに振り返っていてかなりのところ「裏で実現していた」という感じが強いのが神取忍選手だ。以下の記述は例によってアーカイブから判断したものではあるが、「実は柔道の出身者であった」というバックボーンに見られる日本格闘技界最大の権威からの突然のレスラー転向など後の小川直也選手などが現実的に純プロレスラーとなったらこうした試合をしただろうと思わせる、強さに裏打ちされたファイトスタイル以上に、驚愕するのは神取選手の所属しているLLPWが大別してU系のように「真剣勝負を演出するプロレス」ではなく、基本オーソドックスなプロレスルールを適応している、俗に言う純プロレス団体でありながら、本当に格闘技を組みこんだ興行「L-1」を1995年に行ったことであり、Uインターと新日本プロレスが全面対抗戦を行うこの年から7年も後に、格闘技人気に押される形で新日本が半ばなし崩し的に格闘技を含めた興行「アルティメットクラッシュ」を行ったことを考えれば相当なことをやっており、大会の中で神取選手が優勝するという実績も残しているのだが、この歴史的評価の鈍さに関してはネット上にて「L-1」について検索したりしてもウィキペディアの記載もLLPWの一部としてしか書かれていないし、またL-1自体も当時の興行的にはフックとなりえなかったらしく単発的に行われるもその後にプロレスのみになっていった経緯なども考えると、元々の女子プロレスというジャンル自体が格闘技になることを観客にさほど望まれていなかった、そこにウェイトが置かれていなかった、のにも関わらずプロレス界で行われたという意味の方に今現在でも共通する女子格闘技界特有の捻じれ方があるように想像する。

赤い花

 プロレス・格闘技界の近代史を追う事に関しての資料となるものは雑誌・書籍・ネットを問わず比較的容易に見つけられるし数を見ていくことでそれなりの歴史を見通せるのに対し、女子格闘技の歴史というのは俯瞰し辛く歴史の連続性に身を置くようなカタルシスとはまた別個な意味として存在しているように感じる。

 このエントリ作るに当たっての参照にALLABOUT時代の井田氏のこの記事(クリック)を見つつ書いているが、思うのは女子格闘技に求められる観客の欲望の質についてであり、単なる「最強幻想」とは別個の感情によって見られているのだろうことは確かだ。それよりもさらに振り返ってそもそものスポーツにおいて女性アスリートが世間的に台頭する構図、つまり社会的なレベルでの取り扱われ方にまで考えを及ぼしていくと代表的な所で谷亮子、宮里藍、浅田真央などなどを思い浮かべるとやっぱりこの辺も純スポーツの「五輪⇒権威⇒だからメディアが持ち上げる」みたいな権威性の所在だとかについて思いがいく。今あげた構図はかなり単純で雑なもので五輪の権威だけでフックとなっているわけではなくて、メディアがいかにしていちスポーツ選手を祀り上げるのか?という構図そのもので、特に女性アスリートの台頭の仕方に競技のバックグラウンドの権威性やそれにともなうメディア側の扱い方などなどなどの構図が見通せるように感じる。

 かようにいっさいの権威のバックボーンも無い女子格闘技の世間的な台頭ということの難度の高さは先の井田氏によるALLABOUTの女子格闘技近代史を見ていても感じるし、星野育蒔選手や渡辺久江選手などなどザックリ見てる中でも飛びきりの完成度を誇る選手などを見かけるが、やっぱそれの魅力が公に広まっていくってのがテレビに出たりとギリギリまで行くのだがむつかしかったりで好事家限定的な領域を超えず、ただでさえ格闘技自体がゼロ年代のバブル崩壊によって再びマニア限定の世界になっていっている時にそれは傍目から見ればかなり閉鎖してる印象がある。

 だがしかし自分として注目しているのは格闘技界のメインストリーム自体の閉鎖性が深まる現状で、日本格闘技の存在意義が「北米MMAで勝つこと」に集約されてきてるほどの行き詰った現状での、裏としての反応が、さらに閉塞している女子格闘技界で見られることに期待している。女子プロレスに関しての記事なんだがプロ格批評の破戒僧つるじょあのおっちゃんの風香の新団体スターダムについての記事(文字クリック)を見てもそれはやっぱり新興の弱小団体には見えるけれど、そこに既存の文脈を越えたコンセプトによって膠着するプロレス界の逆転、を見越しているように思うし、表の格闘技界が「北米」に捉われる一方での打開として、「パウンド・フォー・パウンド世界1位の実力を持つ日本人の北米挑戦にて、日本の最強の証明」ということに関しても冒頭の藤井恵選手がベラトールにて実現に向かいつつあるが、その評価が表になるのか裏として知られざる評価となってしまうのか?など関して興味はある。

レーナ

 さてそんな中で、今年のS-Capを見事に優勝したRENA選手が紙プロによってこうして2度にわたって表紙に選ばれたりと大きく取り扱かわれているが、今のところこのメディアの持ち上げ方はPRIDEバブル崩壊後の腐れ縁みたいな形の既得権益の構図まで邪推させられるDREAMと青木選手の「日本をかけた北米決戦」の憂鬱さと違いかなり明快な印象がある。先の「女性アスリート台頭の構図」的なメディアによる持ち上げ方の格闘技界の枠内での出来事とはいえこれは支持できる印象がある。

 単純なものではないのは承知だし、藤井恵選手が北米ベラトールのトーナメントで勝ち上がっていき優勝することも、今ニュースターとして祀り上げられるRENA選手もこれからその活躍によって歴史の表に立つのかどうかは未知数だ。しかし表の格闘技界が縮小し膠着する一方で、今観客が求めている明快さというものへの欲望を、それこそ女子格闘技が逆転的に背負う可能性というのが最近の流れの中でこの二人に見られるように感じた。

 
スポンサーサイト

Comments

いい度胸だ
女子の会場なんて、ろくろく来たことがない井田さんのこの記事を読んで、かつ私が読んでいることを知りつつ、辻結花に触れずに、藤井選手に対する論評で「般若の面」を使用することに、極めて強い反発を感じます。っつーか、いい度胸だ。……もっと、どんどん女子について書いてください!

ちなみに、このオールアバウトの記事の最初のアスキーで紹介されている女子格闘家特集で、カリーナ・ダムがトップに来てるでしょ? あの兄弟を井田さんマネージメントしてたんですよ。それがこの記事を書いた動機だと思います。
メモ8様に
>っつーか、いい度胸だ。……もっと、どんどん女子について書いてください!

実は長尾様のツッコミをお待ちしておりました(笑)。というか、現実にジュエルズに関わっており、女子格闘技界に関してのプロに突っ込まれること前提で書いたような面もあります。読まれて感じられたと思いますが、この記事、歴史の精度の意味ではものすごい雑で、完全にRemixからスマックガール、そしてジュエルズにつらなる女子格闘技史の正史以上に男子の格闘技界の膠着に対しての女子の格闘技界の突破、という現象がたびたびあるんではないか?という逆転の面を重視して今回記事を作成し、藤井選手やRENA選手の最近の活躍(またはメディアの祀り上げ方)の意味というのをモチーフに考察してみました。

女子格闘技の歴史に関しては暫定的な資料が欲しくて当たったのが井田氏の記事であり、他意はありません。

>あの兄弟を井田さんマネージメントしてたんですよ。それがこの記事を書いた動機だと思います。

えっ・・・
ヴァルキリー
ううう。おれは宝石じゃないよ、戦乙女だよ。女子の認知度は未だ低いね(号泣)。
メモ8様
うっわあああ! も、申し訳ありません!「つっこまれること前提で」とはいえヤバすぎるミス!「アメリカの首都はニューヨーク」くらいの次元過ぎました。

とりあえず表の格闘技界に抵触する可能性のある藤井選手とRENA選手を主体に記事を作成しましたが、この記事に対応する形のゼロ年代初頭の「rimix」から現在の「ジュエルズ」「ヴァルキリー」までの女子格闘技史の正史を書く際に、辻選手や石岡選手などをメインに据える予定です。
その時はまず「ゼロ年代初頭にどうして突如として女子格闘技興行が始まったのか?」の意味から考察していこうと思います。

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR