オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪われた地WSOFでの岡見勇信

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---

teers.png

デヴィット・ブランチvs岡見勇信
 WSOFはUFC、ベラトールに続く北米メジャー(※定義がどうなんだだけど)とされているけど実際は選手の契約体重超過の報が頻繁に流れるように、暗に察せられるのは資金関係やら選手へのギャラの問題が影を差している。前も思ったように北米内部でのMMAのジャンル人気に問題が出始めており、当のUFCも世界各地に市場を根付かせる路線へと転換しているとされている中、北米での興行を中心とするベラトールやWSOFといった団体は先行きに一抹の不安があるなか、特にWSOFは危うい。

 WSOFは呪われた地のようだ。UFCトップだったはずの選手が半ば不可解にリリースされ、経営も不安視されるうえに、ただでさえ傷つき始めたキャリアの傷をさらに深くえぐる。




 フィッチもそうだったし、ミゲール・トーレスなんてもう変なトラブルが起きていたりもするし本当に傷を深める。中でも単純にして非常に苦しい側面はというと、やはりマッチアップだ。対戦相手それ自体が絶対的な格下ばかりというわけでは全くなく、実際にはほとんどUFCランキングトップ5以下との対戦の質とさほど差はない程だ。

 非UFCだからと言って選手のレベル的に格段に差があるわけでもなく、正直ほとんどUFCとも差はない。しかも待遇に問題があるという状況は想像に難くなく、ここにモチベーションの問題のうえにさらにキャリアさえも揺らぎやすい実力の拮抗という問題、などなどが重なり

 さて岡見勇信だけど、まずミドル級王者戦まで即刻たどり着いた手前、いきなりキャリアダウン的な危うさというのは無いかに見える方だと思うのだが、しかしブランチはかなり嫌な相手には違いなかった。

 岡見の武器では当然のようにスタンドから組み、グラウンドなど徹底して制空権を取り、そして上をとってキープすることでアドバンテージを取っていく正確さ、地力の強さがポイントなのだが、それよりもやはり長身であるゆえのリーチを有効に生かしていたことが特に大きいだろう。

 しかしここでWSOFならではというか、もの凄くブランチというのは嫌な相手で岡見のそうした特徴を潰す部分が数多い。まず身長こそ岡見が上回るのだが、なんとリーチはブランチが上回る。そして相対した際のフィジカルもブランチが上だ。そう岡見の先天的なアドバンテージというのが殺す部分を持っているのだ。

 酷過ぎる、フィッチやトーレスと違い、岡見は早くも王座戦という厚遇(違うか?)とはいえWSOF特有の受難に出くわすことになる。岡見がまさかの負けなのか?と思いきやフィジカルや1発のある相手に敗戦したというかつてのティム・ボゥシュ戦であったり、そしてリリースの契機となったジャカレイ戦での打撃の敗戦など、いよいよ戦法はばれているのだろうか否かと、4Rに打ち倒されレフェリーストップがかかる姿を見ながら思ったのだった・・・
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。