オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


久々観たK-1にいた異形(の候補)・木村”フィリップ”ミノル

Category: プロ格闘技   Tags: K-1  立ち技  



 さあ完全に立ち技関連は沈黙しきっていたこのブログなんですが、ひっさかたぶりにK-1のネタです!しかも、もう1月もいやいや3、4月も前くらいに終わってる大会をいまさらと言う体たらく。もう石井館長は関わっておらず、前田憲作がプロデューサーとなっている今完全に日本人の中軽量級中心となっており、かつてからの甲子園勢やkrush勢などなどが顔を揃えているのである。

  K-1ってのは今の段階で観ると往年の面倒な部分もいろいろ思い出す。おおよそ日本のキックボクシング土壌とその命題としてのムエタイみたいな部分を引っ張りながら、(いまやTVもないのに)スぺクタキュラーな展開を生もうとするルールを持たせるという、立ち技の中で特に興行価値のサイドに寄っている異形な部分だ。ろくに大きなメディアにもなっていないいまのK-1は、もしかしたら半端な位置かもわからない。

 しかしだ、どうあれK-1がK-1らしい、良くも悪くも異形な性質である場に映える異質なスタイルや経歴の選手がいたのだ。目を奪われたのはいよいよオーソドックスなスタイルに愚直に固まりつつあるHIROYAをまるで周辺の選手のスタイルを思わせない柔らかな全身連動の動作の打撃で打ち抜き、KOしてしまった木村”フィリップ”ミノルだ。


 一瞬「山本”KID”徳郁」とか「長島”自演乙”雄一郎」みたいなリングネームの日本人なのかと思いきやブラジル国籍の選手はインタビューを読む限りMMAの選手への言及も多いなどなど異質。がしかし純キックボクサータイプとは異なる柔らかな動きで純キックボクサーやムエタイに立ち向かっている構図はK-1の求めているそれと言う感じがある。


 ハイライトとなったゲーオとの試合展開はまさに往年のK-1MAX的なものだ。ここにK-1という場特有の立ち技のあらゆる業と面白味みたいなものが集まっているかのようで久方ぶりに見入ったのだった。キックボクシングの永遠の目標であるムエタイ、そこに硬化させたスタイルではなく現代MMA的な全身連動系の動きによる打撃選手、予想外に打撃が打ち抜く、しかし反撃の首相撲が入る、しかし注意が入りゲーオの得意部分が抑えられる…という中での判定勝利という一連の流れには、かつてから解決しないまま興奮するみたいなK-1らしい光景が繰り広げられていたのである。


 魔裟斗の後継者という名目ながらさっぱり似ていない、タイトなキック選手である左右田には逆転KO負けを喫するなど負けっぷりもすげえのだが、現在のK-1であろうとかつてのころのような興奮や問題みたいな部分を引き継いだままの選手がいることがオレにはなにかおかしくてしょうがなかった。

 
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR