オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒョードル復帰が見込めるヘビー級と、五味もペンももう戻ることは難しい中軽量級

Category: MMA   Tags: ---
1.jpg

 一度駄目になってしまった選手が環境が変わった中で劇的に復活したり、または引退していたはずの人間が突如として現役復帰して活躍するなんて、フィクションみたいなプロセス。これがここのところのMMAのヘビー級にて少なくなく起きている。

 ふつう厳しい結果が当たり前である格闘技の世界で、それが起こるのはあまりに珍しいはずだ。もしかしたら奇跡的な物語として語り継いでしまうかもしれない。だが、今MMAのヘビー級で起きているそれにドラマティックな美しさを見取ることは、意外なほどにない。むしろ前回でも思ったみたいに「奇妙だ」という実感ばかりが残る。

 そこにはライトヘビー以下の階級の選手が昨今の競技能力の変化に伴う階級変更が頻繁に行われ、結果ハードな競争にさらされるのに対してヘビー級の選手層が一向に変化しないというのも関係ありそうだ。

 OMASUKI FIGHTさんも書いていたけど、現行のヘビー級トップの高齢化なんて最たるものな気がする。どうあれトップのベラスケスとJDS、ミオシッチはあまり他の階級でも珍しくはないくらいの30代前半ということでいいと思うけど、以下がやっぱおかしい。アルロフスキーやオーフレイム、そしてハントのここ5年来の失墜と復活は素晴らしいことには違いない。そして希少なことも間違いないだろう。

 しかしバンタム級で25歳のアルジャメイン・スターリングが水垣を一掃してしまったくらいの状況に比べれば、まるで新鋭が続かない状況なのは確かだ。むしろ中軽量級で、停滞や下降傾向の印象あったとこから王者挑戦圏内にまで上昇した意味ではドナルド・セラーニがそうかもしれない。全然ドラマチックなくらいのふり幅ではないけど…

 ヒョードルの復帰をオレは劇的だとは思わない。(復帰先がUFCではないけど)ヘビー級の現状がこうして停滞しているため、もしかしたら参入可能になっていること、そしてもしかしたら同時に噂されているPRIDE榊原の興行復活の際の目玉になるだろうことなどの思惑が絡みあっているだろうことが予想される。すでにいくつかのニュースサイトで言われているようにヒョードルがここ数年のオフを経てコンディションが戻り、今のMMAで勝ち抜くためのトレーニングキャンプを経たなら一定の結果は期待できるだろう。

 しかしそこには、選手層と競技能力の加速に伴い復活がより容易くなくなっている中軽量級の現実の持つ苦さに比べればドラマティックどころか、真逆の打算的な印象を見る。現実にヒョードルが復帰するのかPRIDEもまた蘇るのか知らない。だが今の神の階級ヘビー級はドラマティックさが、いかに空虚なものなのかを感じさせる。
スポンサーサイト

テーマ : 格闘技    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。