オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曙VSボブ・サップは思ったより面白くなるよきっと

Category: MMA   Tags: ---
1213802185.jpg

 廃墟からの書き散らしです…

 廃墟といえばRIZENはそのまんまPRIDEとDREAMはじめメジャー格闘技というものの廃墟にスポットライトがあたったようなものだ。引退したはずのヒョードルから高坂剛(こっちは自発的なんだけど)などなど、往年の人気選手の復帰など、ネームバリューに頼り競技的な見どころは少ない。

 その中でも曙VSボブ・サップには、もはやあきれかえっている意見があふれた。かつてライバル側にあったはずの切り札のマッチメイクが、時を経て当時批判していたはずの榊原信行が使い出すってのもふくめて重層になっているというか。

 とはいえ、オレとしてはこのマッチメイクは思ったよりも面白いのではないかと思っている。もちろん、競技的にということではないけれど。


 かつて2002年にボブ・サップがK-1から芸能まで含めてバブルみたいになっていたところを、翌2003年のKー1にてミルコに完敗。膨大な体格差を武器にホーストまで破ってしまいうほどだったが、だんだん格闘技の実力に疑問が生じ始めてきて大ブレイクの終わりの影が差し始めていた。
 
 しかしまだ前年からの話題性が残っている頃に、更に話題性のある選手をもっとも世間の注目が集まる大晦日にぶつけるえげつないことが起きるのだった。それが横綱・曙の格闘技界への転向だった。

 この2003年はK-1も大きな変革が起きていた。石井館長の脱税事件によって谷川貞治がイベントプロデューサーを務めることになって以降、K-1はモンスター路線と呼ばれる、話題性を先行しようとしたクオリティの低い興行の方向になった。その方向の代表的な試合こそ、曙をサップにぶつけたこの試合だった。

 この試合は視聴率で紅白を超えたと言うテレビ番組の伝説が残った。だがその内情は話題性のみが先行し立ち技の競技能力がないふたりの対戦は、曙の前のめりの失神の映像への失笑で終わっただけだった。



 それから歴が一周した現在。曙もサップも格闘技ビジネスの特にえげつない谷川政権時代のK-1の只中にて紆余曲折あったせいなのか、大ブレイクが去って以降の彼らの道のりには哀愁や失笑がつきまとうことになった。一発屋の芸人でもなんでも注目が維持できなくなったひとのその後にはそれはつきまとうものだが、格闘技になればそのまま勝敗やパフォーマンスの結果が目の前
に現れる。

 ボブ・サップはそのネームバリューをまったく別の形で使うことになった。世界各地のMMA興行に出場し、おそらくはわざと負けることで金銭を得るようになっていた。いっぽう曙はある時点から格闘技から離れ、プロレスの方に行った。 

 サップも曙もメジャー格闘技興行のビジネスの中で使い潰された形で、ある時点から格闘技ビジネス事態に関して何らかの距離をとったスタンスにあると思う。2003年の時のような膨大に膨れ上がった見返りが今回あるわけではない。格闘技ビジネスによって有名になり、うんざりしながら小賢しくつきあっていき、いままたRIZENで遭いまみえるのだ。

 ということでオレのこの試合の予想は高田延彦VSアレクサンダー大塚のような、しみじみとお互いの立場をわかりあっているというブルージーな試合展開になればいいなと思っている。勝敗は問わない。廃墟からでした・・・
スポンサーサイト

Comments

おお、廃墟なはずなのに普通に更新されてる。まるで大仁田みたい(誉め言葉)
今の青木さんについて書いてほしいものですね
私は新旧日本人エース対決なんて煽りの時点でゲンナリですが
「桜庭さんは時代に乗ったから売れた」発言に更にゲンナリですが

秋山にしろ青木にしろ格闘技のナチュラルヒール的な選手がそういったキャラクターを自覚してセルフプロモーションしない現象ってのは不思議です

末期dreamの廣田~自演戦を経た青木に対しての「彼は弱い人間である」って擁護の仕方は相当無理があったと思うんだよなあ
それで通すならまだしも「シンガポール最強戦士シンヤ・アオキ」で終わったわけで
だったらそういうキャラで最後まで売ればいいのに



あ、あと高田アレク戦はプロレスとしてみれば上質な試合だと思います
少なくとも私は好きです
というか高田は戦績を見てたら基本的にしんどい相手としかやってないですね・・・
例の三試合を除けば完全に擁護出来ない試合ってベルナルド戦しかないような気がします

廃墟からのコメントです。
元気な廃墟・大仁田に例えられるのはなぜかうれしこそばゆいですね。

メジャー格闘技の軍艦島RIZENのハイライトマッチメイクたる
桜庭vs青木戦。
青木に関してはあんま書くことなくて、ONE FCで安藤晃司と対戦するって構図のほうが
おもしろかったかな…ということですみません。
青木はTwitter見てたらちきりんとかイケダハヤト、あとなんか若き老害どうたらとか
あの競技能力に反するかのように萎えるメンツの言及が多いのがすごいですよ。

ただでさえ次に繋がるか疑問な打ち上げ花火ななか、
曙VSボブ・サップはどこかしら象徴的なかんじありますね。
象徴的って。廃墟からでした。
今まで私はアンチ青木でして、だいたいまあ EAbase887さんが書かれている内容とその「性格の悪さ」が「プロの色気」に昇華できないでいる所がキライだったのです。

でもまあこれから青木さんはまかりまちがって桜庭ポジションでプッシュされてしまった高瀬さんの様なモノだと思う事にします。そんなのが曲がりなりにも日本人の中では跳びぬけてる(でも競技の最前線には行かない/行けない)のが今のプロ格界の悲喜劇と捻れを象徴しているような。IGFでバラモン兄弟とやればいいのに。そして墨汁と一緒に2対1でセメント仕掛けられてしまえばいいのに。

桜庭信者である私は9割9部イヤなモノを見るだろうとわかっているので会場観戦はしないつもりでしたが、そう思えばなんだか楽になってきました。行きます。
奇跡が起きて「川尻が泣いてるぞー!」とのヤジが聞こえたらそれは私です。

いやでも真面目な話きちんと準備期間を与えた桜庭対クロンで桜庭MMA引退試合
青木対自演乙2(シュートボクシング)にしてくれてたらこんな捻くれずに済むのになあ…

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。