オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


兄弟みたいな二人 ワイドマンvsロックホールドは3回くらいやってくれ

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---
E38386E382A3E38386E382A3E382A2E383B3E382ABE382A4E383B3E382A2E38399E383AB.jpg



  廃墟からの妄想です。人生には大切なことがあります。一か月前に書きかけの記事をいまさら上げるのも廃墟ならではです。

ワイドマンvsロックホールド

 この二人はなんだか兄弟みたいに似ている。辿ってきた経歴もいくばくか重なる。

 アンデウソンのほかにライトヘビーから階級を落とした空手家LYOTOが揃うミドル級の魔境を制したのは、アメリカの堅牢なバックグラウンドを持つクリス・ワイドマンだった。MMAの最適解を軽々と破ってしまう決着を幾度も生み出し、長らくこの階級を支配していたアンデウソンの魔術的なオーラを打ち破ったことで、キャリア全勝のままミドル級の王者に辿り付いた。

 ロックホールドはそれよりも早く、一度ストライクフォースにて王者を手にした。そのリーチを生かした、足技を駆使したスタンドでの制空権の取り方でジャカレイの攻め手を封じて勝利し、UFCに移って以降もビクトーにまさかのKO負けを喫するもLYOTOからの鮮烈なサブミッション勝利など印象深い。

 
 ブラジルからの魔術的な部分をほとんど打ち破ってきた、オーソドックスなファイトスタイルの強度の高い二人。おおざっぱに比べるとレスリングとキックのスタイルの対立があれど、根本の意識は近いように思える。アンデウソンもビクトーも競技性の変貌とPEDスキャンダルと共に過ぎ去っていき、ミドル級新時代のトップ戦線に二人が揃ったのを単なる偶然だと捉えるのはつまらない。

 とはいえ、期待していたような内容ではなかったのも確かだ。ワイドマンのパフォーマンスや戦術が混乱していて、3ラウンドに入る頃には口で息をするようになっていた。


 ロンダやアルドの衝撃的な敗戦の前に、ダイレクトリマッチの話がよく上がるのだが、やはりナンセンスだ。だけどオレはワイドマンとロックホールドという年齢も経歴も近しい二人に関してだけは別だ。初回こそ物足りないパフォーマンスというのはJDSとヴェラスケスの初戦を見たってそうだ。もう1度、この二人ばかりはなにかあるのではないかと感じてはいる。



 また廃墟の掃除に戻ります…人生はどうでもよいことばかりなのです。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR