オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


桜庭和志を見るのは常に評価と現実の誤差が大きすぎるから苦しい

Category: MMA   Tags: ---
20151229-00000531-sanspo-000-3-view[2]


 廃墟から腹筋をしています。

桜庭和志vs青木真也

 
 レジェンドなんて称される選手には、どうしても今現在だって恵まれた環境の中にあるのではイメージがある。だがしかしそんなことはなく、歴史的な評価の一方で現在の環境はそれに及ばないなんていうのはよくある話だ。青木は当然トップの練習環境を揃えてるし、セコンドも北岡悟らが揃ってる。しかしいっぽうで桜庭は、とてもレジェンドと呼ばれる選手とは思えない練習環境なのではないかと思うのだった。


 桜庭を見ていると常に評価と現実の誤差に苦しめられる。グレイシーハンターだなんだってあんな評価されてじゃあいまジムは儲かり弟子はMMAにて活躍しているのかっていったら全くの逆だ。立ち上げたジムのLaughter7は畳んでしまい、MMAの試合は2011年のDREAMのヤン・カブラル戦を最後に4年のブランクを開ける。その次なるキャリアは新日本プロレスに参戦。同じく戻った柴田勝頼がそこでの文脈に乗りいきいきとしているのと対照的に、その存在をいまだに適切な文脈に乗せきれないでいる。

 では桜庭を本当に評価できる文脈に乗せたところが旧PRIDE陣営のRIZENなのかというと、青木戦を眺めてみてここですらそうではない気がする。

 桜庭・青木、そして高田延彦はまるでPRIDEを自分のホームだ、死に場所だよみたいに表向き演じているけれど、全員に共通しているのは実際にはほぼ一切としてそこに思い入れなどなく(たしか高田の発言でPRIDEに関してもう特に思い入れないという発言あった気がする。)、平然と切ってきたということだ。佐藤大輔はじめPRIDE制作陣営はさも桜庭も青木もPRIDEの顔、彼らはここがホームなんだと言う風に描くけど、実際は真っ先に出ていったのも彼らだしな。しかし、高田延彦は全く本人には文脈が無いけど、往年の宮戸から安生、そして榊原信行からハッスル時の山口日昇まで他人に演出されることでさも何か物語や文脈があるかのように感じさせるのが凄いね。(ついでに小川直也もね。)

 桜庭のキックをかわした青木はタックルからロープに追い詰め、すぐさまにサイドポジションに繋げるテイクダウンを成功させる。リングを舞台に実行されたそれは、かつてDREAMでロブ・マックローを下してきたときのような必勝のムーブだ。完璧に決まった。しかしそれをレスリング出身の桜庭がやすやすと許している時点で勝負にならなさも痛感させられたのだった。


 BJペンとフランク・エドガーの最後の闘いを遥かに超える、もはや競技力に話が及ばない覇気の差を感じる。しかしエドガーとペンの場合はお互いがまだまっとうな環境が揃っている者同士だ。桜庭の敗北があまりにも悲しいのは、競技能力以上に現在の環境があまりに悲惨な現実が垣間見えることだ。とてもレジェンドという評価に見合うものではない。

 それはフィニッシュに現れた。青木陣営が強固なセコンドを揃えており、「自分が格闘技ゾンビ(たしかKO負け癖がついて競技能力もガラガラなのにいるのに試合に出続けるような状態のことだったと思う)になったら辞めるようにいってくれ」というようなことを言い合っている北岡悟らが揃っているのに対し、桜庭のセコンドがまるで選手を守る動きを出来ていない差だ。

 動きををマウントからパウンドを打ち続ける青木が、桜庭のセコンド勢に向かってタオルを投げるように吠える。桜庭自身がセコンドに「止めるなよ」と言っているのかもしれない。なんにせよ、そして「青木に桜庭からバトンが渡ったね!」と発言した高田延彦はおそらくMMAは今日まで一切観ていないと思う。


 桜庭に(くそみたいなファンが難得できるような)適切な舞台はプロレスなのかMMAなのか?時間が経ち、プロレスはプロレスでMMAはMMAと明確なジャンル化がまとまった今、納得できる舞台はもうどこにもない。ならUWFとかIGFみたいなスタイルかというと、そこですらホームではない。もともとの桜庭自体がやれプロレス最強がどうたら、グレイシーがどうのみたいな先入観を現実的な技術で打ち破り評価を挙げたからだ。ではどこにもホームはないではないか…やはり桜庭は評価と現実の悲惨な誤差を観客に見せ続けることになるのか…

 それにしても佐藤大輔煽りで「新日本プロレスは~」って嫌味言わせるくらいには新日本は本当に蘇ったんだなと思ったよ。以上、廃墟から気功をしながらでした・・・
スポンサーサイト

Comments

胸が痛くなる、というか榊原も高田も(裏にいるヤのつく人も)桜庭を単なる生け贄にしか思ってないのだろうな、
と思うとキツいものがありました

恐らく誰も日本人エースのバトンなんて渡って居ない事なんてわかっているのにさもそういう風にする
そして試合後の五味戦アピールする青木の空虚さに非常に寒いものを感じてしまった…

桜庭はどこにいくのだろうか…
現役を続けるのであれば
藤原嘉明みたいに様々なプロレス団体を越境しつつ間接決めて帰る職人さん、みたいな立場になって欲しいのですが…
むかしから桜庭のいけにえ感は言われてましたけど、
本人がタオル投入もストップも嫌がってるからとかも
あるのかもしれません。


ただ選手を守る気はメジャー興行はないのかとも
昔から言われていて、無茶な体重差だとかストップの遅さだとか
これも変わりませんね。

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887(葛西 祝)

Author:EAbase887(葛西 祝)
mail: kyukakukaizoudo@gmail.com

人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR