オウシュウ・ベイコク・ベース廃墟


スポンサーサイト

Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支配者の帰還(もしくは、かっこいい塩漬け) クルーズvsディラショー

Category: 見立てのMMA観戦記録   Tags: ---


 廃墟からパルクールをしています。

TJディラショーVSドミニク・クルーズ

 ドミニク・クルーズのニックネームがそのまま名前を捩った「ドミネーター(支配者)」というのはあのファイトスタイルからするとそれが称賛なのか皮肉なのか、はたまたダジャレでいいのか迷う。ニックネームってのはそんなもんだろうけど。

 レスリングベースに高速のステップやスイッチを多用することで相手を攪乱。打撃を撃たれても確実に相手の制空権から脱出し、一切の距離を掴ませない。そして相手がまったく手出しできない距離から踏み込んで打撃を撃ち、そしてすぐ離れる。WEC時代から猛威を振るったこのスタイルは、いまや処理能力が軽量級のトップ選手の多くが採用しているスタイルとなった。

 細かく検証すれば、重量級の選手にさえも影響を与えたかもしれない。ややもすれば「DJ.taikiがダンスダンスレボリューションでフットワークの練習」の奇行の元ネタもドミニクだったりするのかもしれない。関係ないかな?

 しかしドミネーターというニックネームの称賛と皮肉を特に感じるのは、やはりここ数年の経歴だ。2010年~2011年に軽量級のトップコンテンダーであるユライア・フェイバーとデメトリアス・ジョンソンの二人を完封。このあたりは試合内容やこれからの軽量級シーンに置いて支配者のあだ名にふさわしい活躍を予感させた。

 だがあの過剰なフットワークを使うスタイルゆえなのか膝を故障。長期間の離脱を余儀なくされる。こうして支配者というあだ名のまま、突然不在になってしまうという皮肉なことになった。その間にフライ級が新設、選手の適正に合わせた階級別の移動が進む頃に軽量級シーンにてTJディラショーが台頭した。



 ディラショーとドミニクの最大の違いは、使っている武器はほとんど同じでもフィニッシュの意識がまるで違うことなのだと思う。ディラショーが鮮烈なバラオンへの勝利を決めたのはやはり最初からノックアウトを目指していたことゆえであるし、対してドミニクは相手の制空権に一切のらず、試合全体を自分のゲームにしてしまうことである。


 実際に相対した二人は、やはりリーチ差が気になる。ドミニクが恵まれているのはそのフットワークとスイッチを多用するすたいるだけではなく、同階級の中で豊富なリーチを持っていることも大きく起因しているはずだ。デメトリアスもフェイバーも撃破した内容を考えてみても、トップコンテンダーでドミニクほどのリーチを持ちながら、あのスタイルを採用している選手と言うのはなかなか見当たりにくい。フランク・エドガーを思い出しても、やはりあのスタイルに至るのは体格やリーチにハンデが出来てしまうから、それを埋めるために発達させた技術であることが多いからではないか。


 リーチに劣るディラショーが、このスタイルを使いながら堅牢なバラオンを2度下すまでに相手の顎を狙いに行くような戦い方になっているのも無関係な感じはしない。よくある構図でリーチや体格に劣ちがちなほうがドミネートする試合なんてできないから、必然的にフィニッシュを目指した意識で勝ち上がっていく形で、恵まれた体格のドミニクに相対する構図。





 素晴らしい試合の一方、非常にリテラシーの低い発言をしてしまえば「リーチが豊富にあって相手の制空権にまったく乗らないまま全局面を支配してしまう…それってクリチコ兄弟やK-1でのセーム・シュルト的な支配なのでは」などとここまで奇跡的な活躍をしている選手に対して最悪の発想に繋がったりした。

 もしクリチコが、シュルトが王者になった後に、これからの展開を期待された後に長期の欠場をしてしまったならばボクシングファンはむしろコアな部分から評価したのだろうか?クリチコ政権はおわっちゃったけど…アレクサンダー・ウスティノフはどうなった?

 軽量級戦線で最重要になっているスタイルであろうフットワーク&スイッチによる攪乱、これはドミニクとエドガーの二人が印象深いのだが、この二人を比較して語ると言うのはどっかであるのかな?階級違うし関係ないかなちなみにディラショーにはとくにあだ名ないっぽいです。以上、廃墟にて残像を残しながらでした。
スポンサーサイト

Comments

Leave a Comment

プロフィール

EAbase887

Author:EAbase887
人気ブログランキングへ

ビデオゲームというフィルターから俯瞰する、現代エンターテインメント総合批評
「GAME・SCOPE・SIZE」もやっております。ゲームの他に映画・アニメ・小説なども取り扱っており、興味があればこちらにも。

人気ブログランキングへ


ひっそりとド偏見アニメネタレビュー「14ー21歳のセックスか戦争を知ったガキのモード」「もスタートしましたので、妙に少なくない格闘技ファンとアニメファン兼用の方はこちらもよろしくお願いします。

TweetCasting

ツイキャス・LIVE放送中はこちらからでも視聴できます



 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。